INFOINFO
MAILMAIL

2017年 1月28日(土)

* 上地結衣 全豪OP初優勝 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、車いすの女子シングルス決勝戦が行われ、第2シードの上地結衣が第1シードのJ・グリフォン(オランダ)を6-7 (2-7), 6-3, 6-3の逆転で破り、悲願の大会初優勝を果たした。

一方、車いす部門の女子シングルスでは、第2シードの上地選手が、第1シードのグリフォン選手と対戦。第1セットはタイブレークの末に落としたものの、第2、第3セットをともに6-3で取って逆転勝ちし、全豪初制覇を成し遂げたんだね。女子ダブルスでは残念な結果だっただけに、喜びもひとしおかもしれんねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/29 03:16:15

* 【速報】セリーナ優勝 偉業達成 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、女子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が姉である第13シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで下して2年ぶり7度目の優勝を果たした。さらに、S・グラフ(ドイツ)を抜く四大大会史上最多23勝目の偉業を成し遂げると同時に、世界ランク1位返り咲きが確定した。

姉妹対決となった全豪オープンの女子シングルス決勝戦は、第2シードの妹セリーナ・ウィリアムズが第13シードの姉ヴィーナス・ウィリアムズ選手をストレートで下して優勝を飾ったんだね。優勝したセリーナはこれで世界ランク1位への返り咲きが決まったんだそうで二重の喜びだろうなぁ。いやぁ、おめでとうございます。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/29 03:12:14

2017年 1月27日(金)

* ナダル勝利 フェデラー戦実現 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子シングルス準決勝が行われ、第9シードのR・ナダル(スペイン)が第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)との死闘を6-3, 5-7, 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-4のフルセットで制し、3年ぶり3度目の決勝進出を果たした。決勝では第17シードのR・フェデラー(スイス)との黄金カードが実現する。両者が四大大会の決勝で対戦するのは、2011年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来 約6年ぶり。

全豪オープン男子シングルス準決勝、第9シードのナダル選手が第15シードのディミトロフ選手と対戦。第1セットはナダル選手が6-3、第2セットはディミトロフ選手が7-5で取り、さらに第3、第4セットはともにタイブレークとなって分け合ってファイナルセットへ。ファイナルセットでは先にディミトロフ選手がブレークチャンスを得たもののナダル選手がしのぎ、次のゲームで逆にブレークしてリードし、そのまま逃げ切って6-4で取って決勝進出。これで、決勝戦はナダル選手とフェデラー選手の戦いということに。うわー、これは全体見なきゃダメだな。楽しみだなぁ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/27 23:38:02

* 稀勢の里、土俵入りお披露目 史上2番目の人出:朝日新聞デジタル

大相撲の72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が27日、東京・明治神宮で奉納土俵入りをお披露目した。横綱が四股を踏むのに合わせ、大観衆から「よいしょー」とかけ声が上がった。

初場所で初優勝を決め、第72代横綱となった稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露したんだね。久しぶりの日本人横綱ということで1万8千人もの人が詰めかけたんだそうで。来場所はぜひ頑張って声援に答えてもらいたいもんだね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/27 21:36:03

* 上地結衣 全豪複4連覇ならず - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、車いすの女子ダブルス決勝戦が行われ、第2シードの上地結衣/ D・グルート(オランダ)組は第1シードのJ・グリフォン(オランダ)/ A・ファン=クート(オランダ)組に3-6, 2-6のストレートで敗れ、4連覇とはならなかった。

全豪オープンの車いす部門の女子ダブルスで、4連覇を狙っていた上地選手は、決勝で敗れて準優勝に終わり、4連覇はならなかったんだね。これまでペアを組んでいたイギリスのホワイリー選手が昨年末に骨折して、急造ペアでの出場だったそうで、さすがに甘くはなかったということらしい。残念。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/27 21:31:41

* 選抜高校野球、出場32校決まる 早実・履正社など - 高校野球:朝日新聞デジタル

第89回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場校が27日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた選考委員会で決まり、昨秋の明治神宮大会優勝の履正社(大阪)、同準優勝の早稲田実(東京)など32校に、ひと足早い春の便りが届いた。

春の甲子園、選抜高校野球の出場校が発表になったけど、近畿では大阪2校、兵庫2校、奈良2校、滋賀1校と偏って、地元京都からは出場なし(T_T)。残念。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/27 21:29:07

2017年 1月26日(木)

* フェデラー 全豪7年ぶりV王手 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、男子シングルス準決勝が行われ、第17シードのR・フェデラー(スイス)が第4シードのS・ワウリンカ(スイス)を7-5, 6-3, 1-6, 4-6, 6-3のフルセットで下して決勝進出を果たし、2010年以来7年ぶり5度目の優勝に王手をかけた。

全豪オープン男子シングルス準決勝でフェデラー選手が、第3シードのワウリンカ選手にフルセットの末に勝って決勝に進んだねぇ。いやぁ、2セットを連取したときにはこのまますんなり決まるのかと思ったんだけど、ワウリンカ選手もここから粘りを発揮して2-2でファイナルセットにもつれる接戦に。でも、最後は熟練の技でフェデラー選手が勝ったというところか。さぁ、決勝戦の相手は誰になるか。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/26 23:57:02

* 上地結衣、全豪初V王手 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、車いすの女子シングルス準決勝が行われ、第2シードの上地結衣がL・シューカー(ドイツ)を6-3, 6-2のストレートで下して2年ぶり3度目の決勝進出を果たし、初優勝に王手をかけた。

一方、車いす部門の女子シングルスでは、第2シードの上地選手が、ドイツのジューカー選手に勝って決勝に進出。また、女子ダブルスでも決勝戦に進出したんだそうで、一気に二冠達成を目指すことに。ぜひ頑張って優勝してほしいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/26 20:54:13

* ビーナス&セリーナ姉妹で決勝 4大大会09年以来 - テニス : 日刊スポーツ

再びウィリアムズ姉妹が世界のひのき舞台に躍り出た。姉で世界17位のビーナス(36=米国)が4大大会としては09年ウィンブルドン以来、全豪では03年以来の決勝に進むと、妹で同2位のセリーナ(34)も3年連続の決勝進出。2人が4大大会の決勝で戦うのは09年ウィンブルドン以来で、2人の対戦はセリーナから16勝11敗。4大大会の決勝でも6勝2敗でセリーナがリードしている。

全豪オープン女子シングルスは準決勝2試合が行われ、第2シードのセリーナ・ウィリアムズ選手がクロアチアのバーロニ選手に、第13シードのヴィーナス・ウィリアムズ選手がアメリカのバンデウェイ選手にそれぞれ勝ち、決勝戦で姉妹対決することに。ちなみに、2人が四代大会の決勝で戦うのは2008年のウィンブルドン以来で、今回が9度目。さて、どちらが勝つかねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/26 20:51:23

2017年 1月25日(水)

* ナダル 8年ぶりVまであと2勝 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、男子シングルス準々決勝が行われ、第9シードのR・ナダル(スペイン)が第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)を6-4, 7-6 (9-7), 6-4のストレートで下し、3年ぶり5度目のベスト4進出を果たした。ナダルが四大大会でベスト4に進出するのは、2014年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来。

全豪オープン男子シングルスの準々決勝で、第9シードのナダル選手が、第3シードのラオニッチ選手を破ってベスト4に進出したね。しかも、3-0のストレート勝ちとはすごい。これで昨日のフェデラー選手に次いでベテランの勝ち残りで、さすがはビッグ4の一角だなぁ。で、もう一試合では、第15シードのディミトロフ選手が11シードのゴフィン選手を破り、これでベスト4は第3シードのワウリンカ選手、第9シードのナダル選手、第15シードのディミトロフ選手、第17シードのフェデラー選手の4人に。できればフェデラー選手とナダル選手の決勝戦が観てみたいもんだねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/26 00:16:27

* 日本ペア 史上初の決勝ならず - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、女子ダブルス準決勝が行われ、穂積絵莉/ 加藤未唯組は第2シードのB・マテック=サンズ(アメリカ)/ L・サファロバ(チェコ共和国)組に2-6, 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、日本人ペアで史上初の四大大会決勝進出とはならなかった。

全豪オープンの女子ダブルスで、ベスト4に進出していた日本の穂積・加藤ペアが、準決勝で第2シードのサンズ・サファロバペアに挑んだ試合、第1セットは第3ゲームを先にブレークしたもの、第4ゲームですぐにブレークバックされ、さらに第6、第8ゲームもブレークされて2-6で落とす。第2セットは第7ゲームで先にブレークし、そのまま逃げ切って6-4で奪う。1-1で迎えた第3セットは第1ゲームをブレークするも、第2ゲームでブレークバックされ、逆に第6ゲームをブレークされるも第7ゲームでブレークバックと互角の戦い。4-4で迎えた第9ゲームでは先にブレークチャンスを迎えるも落としきれず、4度目のジュースでキープされ、逆に続く第10ゲームをブレークされて4-6で落とし、セットカウント1-2で惜敗。勝てるチャンスがあっただけに惜しかったけど、ベスト4は立派な成績だし、これからも頑張ってほしいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/25 21:00:16

* 72代横綱・稀勢の里が誕生 相撲協会理事会で承認:朝日新聞デジタル

日本相撲協会は25日朝、東京・国技館で臨時理事会を開き、満場一致で、初場所で初優勝を果たした大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=の横綱昇進を決めた。72代横綱稀勢の里が誕生した。日本出身力士の横綱は、1998年夏場所で昇進した3代目若乃花以来、19年ぶり。

初場所で初優勝を決め、千秋楽で横綱・白鵬を破った大関・稀勢の里の横綱昇進が、今日の日本相撲協会の理事会で決定されたね。ここ最近は外国人横綱が続いていて、日本人での横綱はなんと19年ぶりだとか。30歳での昇進は遅めだけども、ぜひこれから頑張って欲しいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/25 20:53:16

2017年 1月24日(火)

* フェデラー 快進撃50位に快勝 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルス準々決勝が行われ、第17シードのR・フェデラー(スイス)が4回戦で第1シードのA・マレー(英国)を破る大金星をあげた世界ランク50位のM・ズベレフ(ドイツ)に6-1, 7-5, 6-2のストレートで勝利し、2年連続13度目のベスト4進出を果たした。

全豪オープン男子シングルスは準々決勝で、日曜日に錦織選手を破ったフェデラー選手が、同じく日曜日にマレー選手を破ったズベレフ選手と対戦したものの、格の違いを見せつけてストレートでベスト4進出を決めたね。また、もう一方の試合では、ワウリンカ選手がツォンガ選手を下して4強入りしたんだそうだ。明日はボトムハーフの試合があるけども、さて誰が勝ち上がってくるかな。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/24 21:00:07

2017年 1月22日(日)

* 【速報】錦織 フェデラーに惜敗 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、男子シングルス4回戦が行われ、第5シードの錦織圭は第17シードのR・フェデラー(スイス)に7-6 (7-4), 4-6, 1-6, 6-4, 3-6のフルセットで敗れ、3年連続4度目のベスト8進出とはならなかった。

全豪オープンの男子シングルス、錦織選手は4回戦でビッグ4の一角のフェデラー選手と対戦。第1セットの第1ゲームをいきなりブレークし、さらに第3ゲームもブレークして、第8ゲームで5-2としてリードしてサービング・フォー・セットを迎えるもブレークバックされ、さらに第10ゲームでもブレークされて5-5のタイとなり、そのままタイブレークへ。タイブレークではなんとか先手を取り、7-4で勝って第1セットを取る。ただ、復調したフェデラーに押され、第2セットは4-6、第3セットは1-6で落とす。第4セットは第5ゲームをブレークし、そのまま逃げ切って6-4でファイナルセットへ。ファイナルセットは第2ゲームでブレークされ、第3ゲーム終了後にメディカルタイムアウトを取る展開。その後はお互いのゲームをキープし、第9ゲームでフェデラーがラブゲームでキープして残念ながら4回戦敗退。3時間24分の激闘だったけど、さすがはビッグ4の一角、この大会では第17シードだったけど、やはリ実力は一枚上手だったんねぇ。錦織選手はフィジカルでもメンタルでももう一段上げないとビッグ4を脅かすまでには至らないかもなぁ。残念。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/23 00:19:15

* 稀勢の里、千秋楽で白鵬破る 14勝1敗、横綱昇進へ:朝日新聞デジタル

大相撲初場所(東京・国技館)で初優勝を決めていた大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=は千秋楽の22日、横綱白鵬との一番に勝ち、14勝1敗で終えた。日本相撲協会の審判部は八角理事長(元横綱北勝海)に横綱昇進を諮る臨時理事会の招集を要請する。

大相撲初場所の千秋楽。14日目に優勝を決めていた大関・稀勢の里は横綱・白鵬と対戦、白鵬の鋭い攻めに土俵際まで追い込まれるもしぶとく残して逆転のすくい投げで勝って優勝に華を添えたね。これで14勝1敗の優勝ということで、場所後に横綱昇進となるんだとか。いやぁ、おめでとうございます。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/22 20:47:25

* 【速報】大波乱 マレー敗退 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位のA・マレー(英国)が同50位のM・ズベレフ(ドイツ)に5-7, 7-5, 2-6, 4-6で敗れる大波乱が起きた。マレーが全豪オープンでベスト8を前に敗退するのは、2009年以来8年ぶり。

全豪オープンの男子シングルス、第1シードのマレー選手が、4回戦で世界ランク50位のドイツのズベレフ選手に1-3で敗れる波乱。先日の第2シードのジョコビッチ選手の敗退に続いて、昨年のファイナリストが姿を消すことに。いやぁ、ビックリだねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/22 20:41:14

2017年 1月21日(土)

* 稀勢の里が初優勝 大関昇進後31場所、歴代で最も遅く:朝日新聞デジタル

大相撲初場所(東京・国技館)14日目の21日、大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。逸ノ城を下し、ただ一人1差で追っていた横綱白鵬が敗れたため。大関昇進後31場所での優勝は、琴奨菊の26場所を上回り、歴代で最も遅い記録だった。

大相撲初場所は14日目。1敗の大関・稀勢の里は大関・照ノ富士を破り、2敗だった横綱・白鵬が平幕の貴ノ岩に敗れたために、千秋楽を待たずに稀勢の里の初優勝が決定。いやぁ、優勝まで長かったねぇ。おめでとうございます。あとは、明日の千秋楽で白鵬を破って、評価を盤石のものにしたいところだろうけども、白鵬としても意地があるだろうし、明日の取組は優勝が決まったとはいえ見ものになりそう。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/22 01:34:25

2017年 1月20日(金)

* 【速報】錦織 全豪OP16強へ - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス3回戦が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク121位のL・ラコ(スロバキア)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下し、6年連続6度目のベスト16進出を果たした。

全豪オープンの男子シングルス3回戦に錦織選手が登場、予選から勝ち上がってきたスロバキアのラコ選手と対戦したけど、3-0のストレートで勝って4回戦に駒を進めたね。この試合、第2セットで2アップから1ゲームを落としたものの、それ以外はまったくスキのない展開で、ほぼ圧勝だったねぇ。
そして、次の4回戦では第10シードのベルディヒ選手を破った第17シードのフェデラー選手。昨年の夏に膝の手術のために休養に入り、今年から復帰したばかりなのでこんなシード順だけど、現役のレジェンドの一人だけにタフな戦いになりそうだね。いやぁ、しかし、四大大会でこの組み合わせが実現するとは、ぜひいい試合をしてできれば勝ってほしいものだね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/21 00:27:16

* 1敗稀勢、2敗白鵬変わらず 大相撲初場所13日目:朝日新聞デジタル

大相撲初場所は20日、東京・国技館で13目の取組があり、1敗の稀勢の里を白鵬が2敗で追う展開になった。初優所を目指す稀勢の里は休場となった豪栄道に不戦勝。白鵬は琴奨菊を下手出し投げで下した。前日まで2敗だった平幕の逸ノ城は千代翔馬に、貴ノ岩は高安に敗れた。

大相撲初場所は13日目。1敗の大関・稀勢の里は対戦予定だった大関・豪栄道が今日から休場したために労せずして1敗をキープ。2敗で追う横綱・白鵬は大関・琴奨菊を破って2敗を堅持したものの、平幕の逸ノ城、貴ノ岩が揃って負けたため、優勝争いは稀勢の里と白鵬の一騎打ちに。明日は稀勢の里は平幕の逸ノ城と、白鵬は平幕の貴ノ岩との対戦で、結果次第では稀勢の里の初優勝が決まる。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/20 20:42:34

2017年 1月19日(木)

* 琴奨菊が負け越し、大関から転落 大相撲初場所12日目:朝日新聞デジタル

大相撲初場所は19日、東京・国技館で12日目の取組があり、カド番の琴奨菊は玉鷲に押し出しで敗れて負け越し。大関転落が決まった。初優勝を目指す稀勢の里は勢を寄り切って1敗を守った。2敗の白鵬は栃煌山を引き落としで下した。平幕の逸ノ城、貴ノ岩も2敗を堅持し、3人が稀勢の里を追う。蒼国来は千代翔馬に上手出し投げで敗れて3敗目を喫した。3敗は高安、御嶽海、蒼国来の3人。照ノ富士は豪風に敗れて負け越した。

大相撲初場所は12日目。1敗の大関・稀勢の里は平幕の勢を破って1敗を堅持。2敗の横綱・白鵬も平幕の栃煌山を破り、平幕の貴ノ岩、逸ノ城もそれぞれ勝って2敗を維持(蒼国来は3敗に後退)。一方、大関陣では照ノ富士が平幕の豪風に、豪栄道が平幕の遠藤に、そして琴奨菊が関脇・玉鷲にそれぞれ敗れ、照ノ富士と琴奨菊は負け越し。したがってカド番だった琴奨菊は大関陥落が決定。その他、小結・高安と前頭筆頭の御嶽海がそれぞれ3敗と元気。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/19 21:39:13

* 【速報】大波乱 ジョコ敗退 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、3連覇と7度目の優勝を狙っていた第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)に6-7 (8-10), 7-5, 6-2, 6-7 (5-7), 4-6のフルセットで敗れる大波乱が起きた。ジョコビッチが全豪オープンで3回戦を前に敗れるのは、初戦敗退を喫した2006年以来11年ぶり。

テニスの全豪オープンの2回戦で、第2シードのジョコビッチ選手が、世界ランク117位のウズベキスタンのイストミン選手にフルセットで敗れたんだね。3連覇を狙っていただけに、まさかの大番狂わせ。その他、第7シードのチリッチ選手、第14シードのキリオス選手らも敗退。また、女子では第3シードのラドワンスカ選手が敗退。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/19 21:33:57

2017年 1月18日(水)

* 稀勢の里、単独首位守る 大相撲初場所11日目:朝日新聞デジタル

大相撲初場所は18日、東京・国技館で11日目の取組があり、初優勝を目指す大関稀勢の里は、遠藤を小手投げで下して単独首位を守った。1差で追う横綱白鵬は大関照ノ富士を寄り切り、平幕の逸ノ城、貴ノ岩、蒼国来もそろって勝って2敗を維持した。大関豪栄道、小結高安、平幕の北勝富士と御嶽海が勝ち越して3敗で続いた。7敗して大関陥落まで後がないカド番琴奨菊は、横綱鶴竜の休場で不戦勝となって4勝目。

大相撲初場所は11日目。昨日まで5敗を喫していた横綱・鶴竜が今日から休場となり、負け越しにリーチのかかっていた大関・琴奨菊が不戦敗で首の皮をつなぐことに(笑)。1敗で単独首位の大関・稀勢の里は平幕の遠藤相手にひやりとする場面もあったものの、なんとか巻き返して勝って1敗を堅持。2敗の横綱・白鵬を始め4力士が全員勝ったため差は開かなかったけどね。日馬富士、鶴竜が休場したため、千秋楽はおそらく稀勢の里と白鵬の直接対決になるだろうと思われるので、それまで1差を維持できるかどうか。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/18 20:09:42

* 【速報】錦織 快勝で全豪3回戦へ - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、男子シングルス2回戦が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク72位のJ・シャーディ(フランス)を6-3, 6-4, 6-3のストレートで下し、7年連続7度目の3回戦進出を果たした。

全豪オープンの2回戦、錦織選手は世界ランク72位のフランスのシャーディ選手と対戦。第1セットの第1ゲームをいきなりブレークして好調な滑り出しで、第9ゲームもブレークして6-3で先取。第2セットは逆に第1ゲームをブレークされるものの、第2ゲームでずかさずブレークバック、さらに第5ゲームでブレーク、第6ゲームでブレークバックと互角の戦いも、5-4で迎えた第10ゲームをブレークして6-4で連取。第3セットも第1ゲームをブレークされるも第2ゲームでブレークバック。その後、第8ゲームをブレークし、第9ゲームをキープして6-3で取り、ストレートで勝利。初戦がフルセットの3時間超えだったことから考えると今日は2時間6分で省エネ運転というところかな。3回戦は予選から勝ち上がってきた世界ランク121位のスロバキアのラコ選手と対戦予定。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/18 15:30:50

2017年 1月17日(火)

* 稀勢の里がひとり1敗守る 大相撲初場所10日目:朝日新聞デジタル

大相撲初場所は17日、東京・両国国技館で10日目の取組があり、大関稀勢の里は大関照ノ富士を寄り切った。1敗だった貴ノ岩が千代大龍に敗れたため、1敗は稀勢の里だけとなった。横綱白鵬は勢を下して2敗を守ったが、横綱鶴竜は関脇玉鷲に突き出されて5敗目。

大相撲初場所は10日目。昨日初黒星を喫した大関・稀勢の里は大関・照ノ富士に勝って1敗を守り、平幕の貴ノ岩が敗れて2敗となったため単独首位に。一方、連敗中の横綱・白鵬は平幕の勢を破って2敗を堅持。また、蒼国来と逸ノ城が2敗を守り、2敗力士は4人に。その他、横綱・鶴竜が関脇・玉鷲に敗れて5敗目、カド番の大関・琴奨菊は大関・豪栄道に敗れて7敗目となり、ついに後のない状況に。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/17 19:35:55

* 京都が新背番号を発表…新加入の闘莉王が「4」、U19代表FW岩崎は「13」に | サッカーキング

1 GK 菅野孝憲
2 DF 湯澤聖人(柏レイソルから期限付き移籍加入)
3 DF 高橋祐治
4 DF 田中マルクス闘莉王(名古屋グランパスから完全移籍加入)
5 MF 吉野恭平
6 DF 本多勇喜
7 MF 田村亮介
8 MF ハ・ソンミン(蔚山現代から完全移籍加入)
9 FW ケヴィン・オリス(仁川ユナイテッドから完全移籍加入)
10 FW エスクデロ競飛王
13 FW 岩崎悠人(京都橘高校から入団)
14 MF 仙頭啓矢(東洋大学から入団)
15 DF 染谷悠太
16 FW イ・ヨンジェ
17 DF 牟田雄祐
18 MF 望月嶺臣(名古屋グランパスから完全移籍加入)
19 FW 大野耀平(常葉大学から入団)
20 MF 伊東俊(モンテディオ山形から完全移籍加入)
21 GK 清水圭介
22 MF 小屋松知哉(名古屋グランパスから完全移籍加入)
23 MF 島村拓弥(京都サンガF.C.U-18から昇格)
24 DF 内田恭兵
25 DF 麻田将吾(京都サンガF.C.U-18から昇格)
26 DF 下畠翔吾
29 GK 永井建成(ロアッソ熊本から完全移籍加入)
30 DF 石櫃洋祐
31 FW 大黒将志(モンテディオ山形から完全移籍加入)

サンガの今シーズンのメンバーが発表されたけど、数年前のチームとはもうまったく別のメンバー構成になってるなぁ。唯一残ってるのが染谷選手だけど彼にしても一度はセレッソに移籍しての出戻りだし。以前は下部組織から上がってきたフレッシュな選手が多かったんだけど、もうずいぶんと色が変わっちゃったなぁ…。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/01/17 09:05:52