INFOINFO
MAILMAIL

2020年 8月20日(木)

* 藤井棋聖4連勝 「王位」獲得 史上最年少で「二冠」と「八段」 | 藤井棋聖 | NHKニュース

日本将棋連盟によりますと、タイトルを同時に2つ保持する「二冠」のこれまでの最年少記録は、羽生善治九段(49)が今から28年前の平成4年に棋王に続いて王座のタイトルを獲得した際の「21歳11か月」でした。

現在18歳1か月の藤井棋聖は、この記録を3年以上更新し、将棋界で初めてとなる10代での複数タイトル保持者となりました。

また、藤井棋聖は「タイトル2期獲得」の条件を満たして、「八段」に昇段しました。

八段昇段のこれまでの最年少記録は、引退した加藤一二三 九段(80)が別の条件を満たして昭和33年に達成した「18歳3か月」で、藤井棋聖はこれを2か月更新し、62年ぶりに記録を塗り替えました。

先月、最年少でタイトル獲得を果たしていた藤井棋聖が、今日行われた王位戦で木村王位に勝ち、4連勝で王位タイトルを奪取して、棋聖と合わせて二冠を達成したねぇ。また同時に「八段」に昇段し、どちらも最年少記録を更新と。いやぁ、すごいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 文化  ]      Posted by “Lupin” on 2020/08/20 21:23:43

2020年 7月16日(木)

* 藤井七段 最年少でタイトル獲得 17歳11か月 30年ぶり記録更新 | NHKニュース

将棋の藤井聡太七段が、八大タイトルの1つ「棋聖戦」の五番勝負で渡辺明三冠を相手に3勝し、自身初のタイトル獲得を果たしました。藤井七段は現在「17歳11か月」で、これまで「18歳6か月」だった将棋のタイトル獲得の最年少記録を30年ぶりに更新しました。

現役高校生棋士の藤井七段が、渡辺三冠に挑んでいた「棋聖戦」の第4局を勝って、通算成績3勝1敗で初タイトルを奪取し、最年少記録を更新したんだねぇ。いやぁ、すごいな。ちなみに、同時期に行われている「王位戦」でも、木村王位相手に開幕から2連勝していて、あと2勝する一気に二冠の可能性もあるんだよなぁ。そちらもぜひ頑張って欲しいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 文化  ]      Posted by “Lupin” on 2020/07/16 23:35:41

2020年 3月11日(水)

* センバツ高校野球は中止に 無観客試合での開催を断念 - 高校野球:朝日新聞デジタル

第92回選抜高校野球大会を主催する日本高校野球連盟と毎日新聞社は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会を中止すると発表した。同日、大阪市内で開かれた大会の臨時運営委員会で決まった。選抜大会の中止は、戦争の影響で中断した1942~46年以外では初めて。

3月19日から開催予定だった甲子園でのセンバツ高校野球は、昨今のコロナウイルスの影響で中止になったんだとか。出場が決まっていた学校にとっては残念だろうけど、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツや各種公演なども中止されている状況だし、妥当な判断だろうね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2020/03/11 19:32:07

2019年12月13日(金)

* 元阪急高井保弘さん死去 代打本塁打“世界記録” - プロ野球 : 日刊スポーツ

代打本塁打の“世界記録”を持つ元阪急(現オリックス)の内野手・高井保弘(たかい・やすひろ)さんが、13日午前9時44分、腎不全のため兵庫・西宮市内の病院で死去した。74歳だった。
(中略)
愛媛県出身。今治西から名古屋日産を経て64年に阪急に入団。9年目に代打要員として1軍に定着。投手のクセや配球を徹底的に研究し、勝負強い打撃で活躍した。「打席に立ったら、絶対相手の投手に気持ちで負けない。自分が4番打者だと思って打つ」のが信条で、74年のオールスターでは、史上初の代打サヨナラ本塁打を放つなど「代打男」として知られた。通算27本の代打本塁打はプロ野球記録で、米大リーグ記録のM・ステアーズ(ナショナルズ)の23本を上回る。

代打本塁打の日本記録(世界記録)を持つ高井保弘氏が亡くなったのか。阪急ブレーブスの全盛期に活躍した選手で、終盤の勝負どころで彼が出てくると一気に応援がヒートアップし、それに応えるすごい豪快な選手だったんだよなぁ。長い間お疲れさまでした、ゆっくりとお休みください。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2019/12/13 18:28:54

2019年10月 6日(日)

* 元巨人の金田正一さんが死去 前人未到400勝投手 - プロ野球 : 日刊スポーツ

巨人は6日、国鉄、巨人の元投手でロッテの監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)氏が6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、都内の病院で死去した、と発表した。86歳。

通算400勝を挙げた大投手カネやんが亡くなったんだね。NPBの個人記録の中でたぶん今後絶対に破れない400勝、298敗、奪三振4490個という凄まじい記録を打ち立てた大投手。しかも、キャリア20年のうち、15年間を弱小と言われた国鉄スワローズ(金田選手在籍15年間で3位が1回のみ)で過ごしていて、この記録だからねぇ、凄すぎる。ゆっくりとお休みください、合掌。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2019/10/07 00:20:28

2019年 3月21日(木)

* イチローが現役引退「大変幸せ」 28年で4367安打:朝日新聞デジタル

大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が、現役を引退することを21日、表明した。この日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕2戦目に9番右翼で先発出場し、4打数無安打。八回裏の守備についた直後に交代した。試合後に記者会見を開き、「きょうのゲームを最後に現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。最後にこのユニホームを着て、この日を迎えられたことを大変幸せに思います」と語った。

イチロー選手がついに現役引退かぁ。今年のキャンプから現役に復帰したものの、オープン戦から不振を極め、日本開催となった開幕戦でも快音は聞かれず。とくに三振の数が多くなっていて、やはり年齢には抗いきれなかったか。
でも、数々の記録、そして記憶に残る選手として唯一無二の存在だったねぇ。長い間お疲れ様でした。引退後の新たな人生も素敵でありますように。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2019/03/22 01:18:42

2019年 1月26日(土)

* 大坂 全豪初Vで世界1位確定 - テニス365 | tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、女子シングルス決勝が行われ、第4シードの大坂なおみが第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)を7-6 (7-2), 5-7, 6-4のフルセットで破り、日本勢男女を通じて初優勝を果たした。さらに28日に発表の世界ランキングで日本勢男女最高の1位が確定した。

メルボルンで開催されていた全豪オープンテニスで決勝に進んでいた大坂なおみ選手が、クヴィトバ選手に2-1で勝って、昨年の全米オープンに続いて、4大大会を連覇。これで週明けに発表される世界ランクでも1位になることが確定したんだそうだ。いやぁ、この大会ではメンタルの部分でもずいぶんと成長して、立派な女王になったよねぇ。すごいなぁ、おめでとうございます!!

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2019/01/27 01:35:40

2018年10月16日(火)

* 南野2得点&堂安初得点などで森保体制3連勝! 日本、ウルグアイとの打ち合い制す | サッカーキング

【スコア】
日本代表 4-3 ウルグアイ代表

【得点者】
1-0 10分 南野拓実(日本)
1-1 28分 ガストン・ペレイロ(ウルグアイ)
2-1 36分 大迫勇也(日本)
2-2 57分 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ)
3-2 59分 堂安律(日本)
4-2 66分 南野拓実(日本)
4-3 75分 ジョナタン・ロドリゲス(ウルグアイ)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
東口順昭;酒井宏樹、三浦弦太、吉田麻也、長友佑都;遠藤航、柴崎岳(74分 青山敏弘);堂安律、南野拓実、中島翔哉(87分 原口元気);大迫勇也

サッカー日本代表の国際親善試合。先週の金曜日にはパナマ代表に2-0で勝っていたんだけども、そこからメンバーを9人も入れ替えての今日のウルグアイ戦。世界ランク5位相手だし、まぁ、1点取れれば善戦じゃないの、と思ってみてたら、序盤から日本の若手攻撃陣が躍動。前半10分に中島選手からの鋭いパスを受けた南野選手が見事なターンとステップでゴール。同点に追いつかれた前半36分には中島選手が鋭いシュートを放ち、そのこぼれ球を大迫選手が決めて勝ち越し。
後半12分に不幸で不用意な得点を献上して再度同点に追いつかれるも、後半14分に酒井選手からのパスを受けた堂安選手が代表初ゴールで勝ち越し。さらに後半21分にその堂安選手の強烈なシュートのこぼれ球を南野選手が押し込んで4点目。その後、後半30分に1点を返されたものの、そのまま逃げ切って4-3で勝ち。
とりあえず、攻撃陣の活躍っぷりが見事。2得点の南野選手、初ゴールとともに守備も精力的だった堂安選手楽しそうにリズムよく動いていた中島選手、「半端ない」キープ力を見せていた大迫選手。いやぁ、ホント、見ていてワクワクしたねぇ。
一方で3失点の守備陣はちょっとバタバタしてた感はあったかなぁ。GKの東口選手は2本のファインセーブは見事だったけど、守備陣に対するコーチングはちょっとうまく行ってなかった感じ。とくに三浦選手のバックパスからの失点に関しては、ちょっと不幸な事故という感じもしたけども、それでも東口選手からのコーチングで防げた気がするのよね。あと吉田選手は所属チームでの出場機会が減っている分、実戦感覚が鈍っていたのかな? ここらが11月の試合では改善されてるといいんだけどね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/10/17 00:37:37

2018年10月 9日(火)

* 元横綱の輪島さん死去 黄金の左、「輪湖時代」築く:朝日新聞デジタル

大相撲の第54代横綱・輪島で、北の湖とともに輪湖(りんこ)時代を築いた輪島大士(わじま・ひろし、本名輪島博)さんが8日夜、咽頭(いんとう)がんなどで死去した。70歳だった。

元横綱の輪島さんが亡くなったんだねぇ。学生横綱から角界入りし、初土俵から1年で入幕、3年半で横綱にまでのし上がったんだよなぁ。同世代には北の湖、三重ノ海、初代貴乃花らがいて、北の湖とはライバルとして数々の名勝負を繰り広げて「輪湖時代」と言わしめた昭和の名横綱の一人だったんだよねぇ。残念。ゆっくりとお休みください、合掌。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2018/10/09 20:22:06

2018年10月 4日(木)

* 長友佑都や大迫勇也らロシアW杯組を招集! 日本代表メンバー発表 | サッカーキング

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

■MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

■FW
小林悠(川崎フロンターレ)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)

今月の12日と16日に国際親善試合を行うサッカー日本代表メンバーが発表になったね。今年は新戦力の発掘に重点を置くって話もあったと思ったんだけど、今回はワールドカップに出場したメンバーも招集されたのか。GKを除けば、やはりワールドカップメンバーが主体となるのかな? ちなみに、12日がパナマ代表と、16日はウルグアイ代表との対戦。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/10/04 20:46:23

2018年 9月11日(火)

* 南野&伊東が代表初ゴール! 森保ジャパン、初陣を勝利で飾る | サッカーキング

【スコア】
日本代表 3-0 コスタリカ代表

【得点者】
日本代表:オウンゴール(16分)、南野拓実(66分)、伊東純也(90分+3分)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-4-2)
東口順昭;室屋成(82分 守田英正)、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔(78分 車屋紳太郎);堂安律(85分 伊東純也)、青山敏弘(88分 三竿健斗)、遠藤航、中島翔哉(75分 天野純);小林悠(68分 浅野拓磨)、南野拓実

森保新監督になって初めての親善試合となったコスタリカ戦だけど、いやぁ、なかなか見ていて楽しい試合だったねぇ。メンバーも新鮮だし、その人達がかなりいい働きを見せてくれて、パフォーマンスも良かったし、結果もちゃんとついてきたし。個人的には堂安選手が面白かったし、あとは南野選手や中島選手もいい味を出してたね。とりあえず年内は新メンバー発掘を目的として活動するようで、今回はこれまでの主力メンバーがほとんど招集されていなかったけど、これで従来のメンバーもうかうかしてられなくなったんじゃないかな。この試合がいい刺激になって、チーム力が上がっていくといいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/09/12 00:09:15

2018年 9月 9日(日)

* 大坂 日本人初の四大大会V - テニス365 | tennis365.net

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会13日目の8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみが第17シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)を6-2, 6-4のストレートで破り、日本人男女を通じて史上初となる四大大会優勝の快挙を成し遂げた。

全米オープンで決勝に進出していた大坂なおみ選手が、元世界1位のセリーナ・ウイリアムズ選手にストレートで勝って、グランドスラム大会日本人選手初優勝を決めたねぇ。ゲームではセリーナ選手が大荒れでちょっと後味の悪い感じはあったものの、終始大坂選手が圧倒していて優勝にふさわしい内容だったし。優勝おめでとうございます!!

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/09/09 11:57:24

2018年 8月30日(木)

* 中島、堂安らフレッシュな顔ぶれを選出! 新生・森保ジャパン、初招集は4名 | サッカーキング

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
槙野智章(浦和レッズ)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
室屋成(FC東京)
植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

■MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
山口蛍(セレッソ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

■FW
小林悠(川崎フロンターレ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)

9月7日と11日に国際親善試合を行う、サッカー日本代表メンバーが発表になったけど、うーん、これはなかなか新鮮なメンバーになったねぇ。まぁ、ワールドカップが終わり、監督も新しくなったわけで、次代の中核メンバーを模索する意味もあるんだろうなぁ。フレッシュなメンバーがどれだけのパフォーマンスを見せてくれるか、なかなか楽しみだな。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/08/31 01:32:10

2018年 7月 3日(火)

* 日本、ベスト16の壁超えられず…ベルギーに2点先行も悪夢の逆転負け | サッカーキング

【スコア】
日本代表 2-3 ベルギー代表

【得点者】
1-0 48分 原口元気(日本)
2-0 52分 乾貴士(日本)
2-1 69分 ヤン・フェルトンゲン(ベルギー)
2-2 74分 マルアン・フェライニ(ベルギー)
2-3 90+4分 ナセル・シャドリ(ベルギー)

ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表は世界ランク3位のベルギー代表と対戦。前半の中盤くらいから押し込まれる時間が続いたものの、なんとか無失点で切り抜けて前半を0-0で折り返すと、後半3分に柴崎選手からのスルーパスを原口選手が上手く受けてゴール。さらにその4分後、今度は乾選手がゴール正面からのミドルシュートを決めて2-0に。
ただ、ここからベルギーが反撃、長身の選手を送り込んでゴール前の空中戦を制し、あっという間に2-2の同点に。そのまま延長戦に突入かと思われた後半のロスタイム、日本のCKからベルギーがカウンターを仕掛け、決勝ゴール。そのままタイムアップとなり日本は善戦するも2-3で破れて敗退ということに。
いやぁ、しかし惜しかったねぇ。2-0になったときにはこのまま勝てるんじゃないか、と思ったんだけど、さすがに世界ランク3位は伊達じゃなかったなぁ。残念だけど、選手の皆さんはよく頑張ってくれたよね。お疲れ様でした。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/07/03 13:13:37

2018年 6月29日(金)

* 日本、2大会ぶり3度目の決勝T進出…ポーランドに敗戦も“フェアプレーポイント”で突破 | サッカーキング

【スコア】
日本代表 0-1 ポーランド代表

【得点者】
0-1 59分 ヤン・ベドナレク(ポーランド)

ワールドカップのグループリーグの第3戦はFIFAランク8位のポーランド代表。日本代表はこれまでからスタメン6人を替えて臨んだもののこれが不発。っていうか、武藤選手の我儘っぷりが酷かった。まぁ、FWなんで自分で点を取りたいって気持ちあるにせよ、ゴール前により有利な選手がいるのにパス出さないとかありえん。もう、君は出てこなくていいよ。一方、同じく初スタメンだった宇佐美選手はやや守備が緩慢だった部分もあったけど、枠内シュートも何本かあったし、左サイドからゴール前に何本もいい球を入れていたりして十分に及第点。GKの川島選手は、これまで2戦分のチョンボを帳消しにするスーパーセーブは見事。
試合はポーランドに先制を許し、自力でのグループリーグ突破がなくなったあと、ラスト15分を他会場の結果待ちで逃げにかかるというびっくりな「戦術」を披露。結果的にそれが功を奏してグループリーグ突破となったものの、セネガルが得点を取っていたら、どんだけ批判されたかとか考えると、あの決断はすごいな。リスペクトはできんけど。
決勝トーナメントの対戦相手はグループGを首位で勝ち上がった世界ランク3位のベルギー。この試合で温存した主力メンバーがどんなパフォーマンスを見せてくれるか。日本時間2日の27時キックオフの試合に注目。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/06/29 09:26:16

2018年 6月25日(月)

* 途中出場の本田が同点弾! 日本代表、セネガルとドローで貴重な勝ち点1 | サッカーキング

【スコア】
日本代表 2-2 セネガル代表

【得点者】
0-1 11分 サディオ・マネ(セネガル)
1-1 34分 乾貴士(日本)
1-2 71分 ムサ・ワゲ(セネガル)
2-2 78分 本田圭佑(日本)

ワールドカップのグループリーグの第2戦はFIFAランク27位のセネガル代表。ともに初戦を勝ったチーム同士の対戦で、この試合でグループリーグ突破の可能性を秘めているだけに侮れない相手。ただ、先制点はセネガル。前半11分に左サイドからのクロスを原口選手がクリアしきれず、そのこぼれ球をシュート、これをGK川島選手が何故かパンチングし、目の前に居たセネガル選手に当たってゴールを許す。うーん、あの位置であのコースでパンチングってどうなの? 一方、前半34分には左サイドに切れ込んだ長友選手からのパスを受けた乾選手がゴールの右隅にシュートを決めて同点。
1-1で折り返した後半26分、ふたたびセネガルに勝ち越し点を奪われるも、後半33分に乾選手からのセンタリングを途中出場の本田選手がゴール前で冷静に決めてふたたび追いつく。ゲームはこのまま終了して2-2のドローで両チームとも勝ち点4に。
スタメンは初戦と同じメンバーだったけど、この試合では柴崎選手がよかったね。あと、長谷部選手と昌子選手も安定感がったわ。一方で、またしてもやらかした川島選手は、もうそろそろ正GKの座を明け渡したほうがいい気がするが…。

もう一つの試合で、コロンビア代表がポーランド代表を下したため、グループHでは日本とセネガルが勝ち点4で並び、コロンビアが勝ち点3で3位、ポーランドは勝ち点0でグループルーグ敗退が決定。日本は次のポーランド戦に勝つか引き分けで決勝トーナメント進出が決定なので、ぜひ頑張ってもらいたいね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/06/25 11:11:43

2018年 6月19日(火)

* 日本、コロンビアを破り白星発進! 香川PK弾&大迫決勝点で4年前の雪辱 | サッカーキング

【スコア】
日本代表 2-1 コロンビア代表

【得点者】
1-0 6分 香川真司(PK)(日本)
1-1 39分 フアン・フェルナンド・キンテーロ(コロンビア)
2-1 73分 大迫勇也(日本)

ワールドカップのグループリーグの初戦はFIFAランク16位のコロンビア代表と。コロンビアとは前回大会でもグループリーグで対戦していて、そのときは1-4の大差で破れている相手。で、開始直後、大迫選手が抜け出して放ったシュートのこぼれ球を香川選手がダイレクトシュート。これが相手DFの手に当たり、一発レッドでPKを奪取。このPKを香川選手が冷静に決めて早くも先制。数的優位に立ち、その後も優位に進めるも前半15分に乾選手がGKと1対1を外して追加点を奪えず。その後、39分にゴール前でうまく反則を取られ、そのフリーキックを直接決められて同点に。うーん、あれは止めてほしかったけどねぇ、、、。
同点で迎えた後半は序盤から再び日本が攻勢に出るもゴールは遠い。ただ、後半28分にコーナーキックから大迫選手が頭で合わせて勝ち越し点を奪う。その後の優位に進め、そのままタイムアップとなり、2-1で勝利。
先発した選手の中では大迫選手、香川選手、柴崎選手、昌子選手あたりはいいパフォーマンスだったねぇ。一方で、先日の試合で2ゴールを上げて先発に抜擢された乾選手、同点ゴールを許した川島選手、途中出場だった本田選手あたりのパフォーマンスはちょっとなぁ、というところだったなぁ。
第2戦は日曜日の24時からのセネガル戦。この勝利で弾みを付けて、グループリーグ突破につなげてもらいたいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/06/20 00:25:12

2018年 5月31日(木)

* 日本代表、ロシアW杯メンバー23名決定! 浅野、三竿、井手口が落選 | サッカーキング

▼GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

▼フィールドプレーヤー
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ケルン→ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

昨日のガーナ代表との親善試合を受けて、ワールドカップに出場する日本代表メンバーが発表になったね。まぁ、事前の予想通り、ガーナ戦招集メンバーからは浅野選手、出口選手、三竿選手が落選ということに。うーん、なんというか、あんまり代わり映えのしないメンバーだけど、とりあえず本番では奮起していい試合をしてほしいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/06/01 01:42:53

2018年 5月 4日(金)

* マリナーズ イチローの会長特別補佐就任を発表 - MLB : 日刊スポーツ

マリナーズは3日(日本時間4日)、イチロー外野手(44)がベンチ入りメンバーを外れ、会長付特別補佐に就任したと発表した。今季中は試合でプレーできないが、来季以降については未定。今後はチームに同行し、同僚や首脳陣らのサポートを行う。

今シーズンから古巣のマリナーズに移籍していたイチロー選手だけど、今シーズンは選手として出場しないことになったんだとか。まぁ、シーズン当初から出場していたものの、ここまでは今ひとつの成績だったし、仕方ないのかな。準コーチ的な立場になるようで、事実上の引退ということだろうか。うーん、残念。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/05/04 11:54:24

2018年 4月24日(火)

* 「鉄人」衣笠祥雄さん死去 71歳、連続試合出場記録:朝日新聞デジタル

プロ野球広島で1987年に当時の連続試合出場の世界記録を塗り替え、「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さんが死去したことが24日、わかった。71歳だった。

プロ野球の現役時代に2215試合連続出場を果たした「鉄人」の衣笠祥雄氏が亡くなったんだね。広島カープを初優勝に導いた「赤ヘル軍団」の一員で、国民栄誉賞も受賞している名選手だったけど、大腸がんを患ってらしたんだとか。それでも先週の19日にはテレビで解説をされていたそうで、最後まで「鉄人」だったんだねぇ。長い間お疲れ様でした。ゆっくりとお休みください、合掌。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2018/04/24 21:46:29

2018年 4月 9日(月)

* ハリルホジッチ監督の解任を正式発表…後任監督は技術委員長の西野朗氏に決定  | サッカーキング

日本サッカー協会は9日、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した。
(中略)
後任監督は西野朗技術委員長に決定した。西野監督はガンバ大阪で明治安田生命J1リーグ優勝や天皇杯優勝などを経験し、Jリーグ監督通算勝利数は、歴代1位の270勝である。その実績を買われ、2016年3月から日本サッカー協会の技術委員長に就任していた。

ワールドカップ本戦を間近に控えたこの時期に日本代表監督が交代かぁ。まぁ、先のヨーロッパ遠征ではワールドカップ不出場国相手に1勝もできず、かなり心配な感じではあったけども、まさかこのタイミングで監督更迭とはねぇ。後任の西野さんにはこのタイミングじゃなくてもっと余裕を持った時期に率いてもらいたかったんだけど、さてどうなるやら。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/04/10 00:57:55

2018年 3月27日(火)

* 槙野のヘディング弾炸裂も…日本、ウクライナに敗れて欧州遠征2戦白星なし | サッカーキング

【スコア】
日本代表 1-2 ウクライナ代表

【得点者】
0-1 21分 オウンゴール(ウクライナ)
1-1 41分 槙野智章(日本)
1-2 69分 オレクサンドル・カラバエフ(ウクライナ)

サッカー日本代表の欧州遠征2戦目はウクライナ代表との対戦。先発には本田選手が戻ってきたけど、それなりにタメは作れていたものの、やはり往年のキレはなくて、ボールロストも多かった印象。あと、長谷部選手がかなりパフォーマンス不足。それから相変わらずDF陣は不安定で、1-4くらいで負けてても不思議じゃなかったわ。攻撃陣では原口選手が良かったし、中島選手も短い時間ながらいい出来だったと思うけど、杉本選手は影が薄かったかな。あと柴崎選手は良いところ悪いところがはっきり別れてた感じ。全体的には相変わらず連携がダメだなぁ、と。やはり本番は苦しかろうなぁ(^^;)。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/03/28 00:26:05

2018年 3月25日(日)

* 高梨沙羅V!男女通じて歴代最多のW杯通算54勝 - スポーツ : 日刊スポーツ

ピョンチャンオリンピック(平昌冬季五輪)銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝に到達した。

女子ジャンプの高梨選手が、ドイツで行われていたワールドカップで優勝、ついに歴代最多の通算54勝目を飾ったんだね。最多タイの53勝目を記録してから1年1ヶ月も勝てず、先の冬季オリンピックでも銅メダルだったんだけど、ようやく記録を更新できたのか。ちなみに、今日の最終戦でも勝って、通算勝利数を55に更新してます(^^)。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/03/26 00:59:51

2018年 3月24日(土)

* 日本、“仮想セネガル”マリとの一戦はドロー…代表デビューの中島が同点弾 | サッカーキング

【スコア】
日本代表 1-1 マリ代表

【得点者】
0-1 44分 アブドゥライ・ディアビ(PK/マリ代表)
1-1 90+4分 中島翔哉(日本代表)

昨夜の日本代表とマリ代表の試合だけど、マリ代表の個人能力の高さはともかくとして、日本代表の相変わらずのパス回しにはガッカリだったねぇ。相変わらず最終ラインで横に動かすばかりで、なかなか縦に入らない。一応、前の選手は裏を狙ったりしているのに、そこにボールが出ないのでぜんぜん打開できない。槙野、昌子、長谷部はもっと前に出せよとイライラしたわ。あと、宇賀神はともかく、酒井高徳、小林悠は周りとの連携が取れなさすぎ。久しぶりの本田も以前のようなタメやキレもなくて目立たず残念な結果に。うーん、これじゃあ本番は苦しかろうねぇ(^^;)。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/03/24 10:28:51

2018年 3月21日(水)

* 将棋 羽生二冠 タイトル通算100期かけ名人戦七番勝負に | NHKニュース

将棋の順位戦で最も上のクラスで、トップ棋士がしのぎを削る「A級」は、名人戦の挑戦者を決める史上初の6人によるプレーオフとなり、21日の最終戦で、羽生善治二冠が、稲葉陽八段を破りました。羽生さんは、タイトル通算100期をかけて、来月からの名人戦七番勝負に臨むことになります。

史上初の6人プレーオフにもつれ込んでいた将棋のA級順位戦だけど、羽生二冠が勝ち抜けて佐藤名人への挑戦権を得たんだね。この6人によるパラマストーナメントでは、1回戦から登場した豊島八段が連勝して4回戦まで勝ち上がったんだけど、4回戦で羽生二冠が勝ち、さらに今日の最終戦で稲葉八段に勝ったんだね。羽生二冠はこの名人戦に勝つと、タイトル通算100期となるんだけど、さてどういう結果になるかねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/03/22 02:09:05