INFOINFO
MAILMAIL

2017年12月27日(水)

* 「来年はワンさと良い事が…」通天閣で干支引き継ぎ:朝日新聞デジタル

ニワトリ2羽と登場した通天閣観光の西上雅章社長(67)は「政界、財界、相撲界、トリ(取り)乱したがトリ(取り)戻せず、一石二鳥とはなりませんでした」と今年を総括。たこやきレインボーのリーダー堀くるみさん(18)は「ワンさワンさと良い事が起きる、ワンダフルな年に!」と来年への期待を語った。

年末恒例の通天閣での干支の引き継ぎ式。昨年末に「幸福と繁栄をトリ(取り)込み、世の中が色トリドリ(取り取り)の幸せにうっトリ(うっとり)包まれますように。日本の元気をトリ(取り)かえす(返す)ぞー!!」と誓ったトリさんは「政界、財界、相撲界、トリ(取り)乱したがトリ(取り)戻せず、一石二鳥とはなりませんでした」と今年もトーンダウン。来年こそは、ワンちゃんに威勢よく年を締めて貰いたいもんだな(笑)。

タグ : [  イベント | ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2017/12/28 00:06:04

2016年12月27日(火)

* サルもの追わず、ケッコーな1年に 通天閣で干支バトン:朝日新聞デジタル

雌ザルの「ハル」を肩に乗せた通天閣観光の西上雅章社長(66)は「今年も反省材料に事キャキャない(事欠かない)年になりました。地震に高齢者運転に薬物乱用。国民的アイドルグループ解散騒動と、気持ちがくサル(腐る)年でした。みんなモンキー(文句)言わんといて!」と一年を振り返った。

来年1月に開幕する大阪松竹座公演で父子4人の襲名披露興行「寿初春大歌舞伎」に臨む歌舞伎俳優中村芝翫(しかん)さん(51)は「幸福と繁栄をトリ(取り)込み、世の中が色トリドリ(取り取り)の幸せにうっトリ(うっとり)包まれますように。日本の元気をトリ(取り)かえす(返す)ぞー!!」と誓った。

年末恒例の干支の引き継ぎ式。去るサルのメッセージは、なかなかの力作だけど、毎年悪いことしか言わんなぁ…。で、来るトリは威勢のいいことを言っトリますが、さて来年の年末はどういう言い訳をいうかねぇ(笑)。ちなみに、昨年はこんな感じでありました。

タグ : [  イベント | ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2016/12/27 19:52:03

2016年 5月10日(火)

* 街のツバメ、子育ての敵はヒト 巣作り妨害、農村の7倍:朝日新聞デジタル

日本野鳥の会は9日、ツバメが子育てに失敗した原因のうち、人が巣を落としたり巣作りを妨げたりした割合が、都市部では郊外や農村部の約7倍にのぼったとする調査結果を発表した。人家の軒下に泥やワラで作られる巣が「不衛生」と嫌われるらしい。
(中略)
卵やひながいる巣を都道府県知事の許可なく落とすことは鳥獣保護管理法で禁じられている。

ツバメの巣って、昔から「縁起のいいもの」として大事にされていて、田舎の家だと軒先だけじゃなくて家の中に巣ができていて、この時期は玄関を開けっ放しにしているところとかもあったりするんだけどねぇ(昔の話だけど)。でも、最近は「不衛生」だからと嫌われてるのか。まぁ、文化の違いってやつですかねぇ。

タグ : [  コラム | 生活 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2016/05/10 20:44:01

2016年 2月 1日(月)

* 冬の車には「猫バンバン」 ツイッターの呼びかけ広がる:朝日新聞デジタル

車を走らせる前にボンネットをバンバンとたたき、冬場にぬくもりを求めてエンジンルームに入り込んでいる猫に知らせる。「猫バンバン」という確認方法がいま、ツイッターなどで広がっている。「猫を死なせないように」との思いを込めた日産自動車の呼びかけを機に共感を呼んでいる。

自分が車を所有している時にはまったく気にしたことなかったけども、猫などの小動物が停車中の車のボンネットの中に入り込む事例というのが少なくないらしい。まぁ、たしかに、車の下などに猫がいるのはよく見かけるけども、中にまで入り込んじゃうってのは気が付かなかったなぁ。しかし、「猫バンバン」という呼び名はなんかなぁ(笑)。

タグ : [  コラム | 生活 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2016/02/01 13:18:45

2015年12月31日(木)

* 脱走レッサーパンダを発見 静岡の動物園近くの山で保護:朝日新聞デジタル

静岡市立日本平動物園(駿河区池田)から逃げ出したレッサーパンダ1匹が31日、動物園付近の山で見つかった。動物園が発表した。
(中略)
31日は午前7時から市職員12人に加え、スミレのふんの臭いをかがせた警察犬3匹も投入して山での捜索を再開。高さ20メートルほどの竹の上にいたスミレを見つけ、午前9時46分に網で保護したという。

3度目の脱走に成功したレッサーパンダの「スミレ」ちゃん、丸一日姿を消していたんだけども、助っ人に雇われた警察犬の活躍でついにお縄となったようだねぇ。でも、きっと4度めにもチャレンジしてくれるんじゃないかな(笑)。

タグ : [  ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/12/31 21:11:33

* レッサーパンダのスミレ、3回目の脱走 静岡の動物園:朝日新聞デジタル

スミレの脱走は3回目で、過去2回は園内で見つかった。動物園はスミレについて「運動神経や頭がよく、やんちゃな性格」と説明。高さ約3メートルの柵に返しをつけるなどの脱走防止策をとってきたという。

脱走の常習犯のレッサーパンダか。まぁ、人との知恵比べってところもあるんだろうけども、3回も脱走されてるとか完全に人間を出しぬいている感じだねぇ。お見事。

タグ : [  ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/12/31 10:43:48

2015年12月28日(月)

* 新年は「何事にもまサル勢いを」 大阪で干支引き継ぎ式:朝日新聞デジタル

1956年から続くイベント。観光客らに見守られながら、雄のヒツジ「ホクロ」(10カ月)と、雄のサル「菊千代」(4歳)が通天閣の地下で対面。ゆっくり歩いて、立ち位置を入れ替えた。

ホクロを連れた通天閣観光の西上雅章社長(65)が「(東京五輪の)エンブレム問題や、免震ゴムや杭のデータ改ざん問題など、いろんな人を巻き込んでメー惑(迷惑)をかけシープい(失敗)ばっかり」と今年を振り返った。菊千代のトレーナーの金光谷麻美さん(27)は菊千代を肩に乗せ、「何事にもまサル(勝る)勢いをつけて、悪いことがサル(去る)年にします」と誓った。

年末恒例の干支の引き継ぎ式。来年の干支のサルのセリフはまずまずだけど、羊のセリフはかなり苦しいと言わざるをえないねぇ(笑)。来年の年末にはかっこいいセリフでサルように頑張ってね。

タグ : [  イベント | ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/12/28 21:45:46

2015年11月26日(木)

* 線路に挟まり…カメの事故死多発 U字溝で解決 JR西:朝日新聞デジタル

線路のポイントにカメが挟まるトラブルに悩むJR。神戸市立須磨海浜水族園は、踏切とポイントの間にU字溝を埋め、カメを逃がす対策を発表した。

JR西日本によると、カメが挟まり信号が変わらなくなる事故は2002年度以降、13件発生。線路沿いにフェンスを設置したが効果はなかった。

いやぁ、これ、なんで今までやってなかったの? って思えるような対策なんだけども、そもそも、なんでわざわざこんなところに亀がやってくるんだろうかねぇ(笑)。まぁ、とりあえずこれで亀も安心して線路を横切ることができるわけで、Win-Winの対策ってところだろうか。

タグ : [  ニュース | 交通 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/11/27 00:17:29

2015年 8月21日(金)

* 京都のクマゼミ、今夏は激減 市街の緑地減少原因か : 京都新聞

調査は、鴨川の葵橋西詰(上京区)にあるアキニレの木を定点観測の場所とし、クマゼミとアブラゼミの抜け殻を毎朝回収する方式。同部前身の京都成安高生物部が1997年に始めて以降、19年間、毎夏途切れることなく続けてきた。

今年のクマゼミの観察は、7月11日から羽化終了の8月9日まで行った。抜け殻は昨年の半分にあたる292個。最少だった283個(2007年)に次いで少なかった。アブラゼミは163個で、極端な変化は見られなかった。
(中略)
生物部の調査で、クマゼミの一生は6年と判明しており、観測を始めた年から通算すると今年のセミは「ひ孫世代」にあたるという。部長で2年の浜田恵衣(めい)さん(17)は「調査した最初の年は1400個だったので、激減して驚いた。今後も観察を続け、ひ孫世代の傾向をつかみたい」と話している。

たしかに今年の夏はセミの鳴き声が少なかったように思うんだけど、羽化したセミの個体数が少なかったんだねぇ。でも、セミの羽化数って年によって極端なばらつきがあるものだと思ってたんだけど、これを「緑が減っている」こととつなげてもいいのかな?

タグ : [  コラム | 生物 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2015/08/21 18:26:12

2015年 6月24日(水)

* 三毛猫「たま駅長」死ぬ 和歌山電鉄、28日に社葬:朝日新聞デジタル

和歌山電鉄は24日、三毛猫駅長「たま」が22日夜に急性心不全で死んだと発表した。5月19日から鼻炎で入退院を繰り返していた。人間に例えると80歳ぐらいの16歳だった。

和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長から、最近では全駅の駅長という「ウルトラ駅長」に任命されていた三毛猫のたまが、22日に亡くなっていたんだね。ローカル線の名物駅長として有名だったけども、さすがに高齢には勝てなかったか。長い間お疲れ様でした、ゆっくりとお休みください。合掌。

タグ : [  ニュース | キャラクタ | 生物 | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2015/06/24 21:09:07

2015年 6月15日(月)

* ヤコウタケの栽培キットを育ててみた - デイリーポータルZ:@nifty

ヤコウタケの栽培キットなんていうマニアックかつロマンティックな商品を開発したのは、薬用や食用のキノコの研究をしている岩出菌学研究所とその販売会社のシエン。

メールでキットの販売に至る経緯をうかがったところ、ヤコウタケは薬用でも食用でもないのだが、研究目的として人工栽培に挑戦し、試行錯誤を重ねて2013年の春に成功すると、この美しい光を多くの人に届けなければと栽培キット化に向けて動き出し、今年の春に初めて販売にこぎつけたそうだ。

をを、これはまたマニアックなものが商品化されてるなぁ(笑)。でも、こんなに強力に発光するものだったんだなぁ。まさか日中でも発光しているところが確認できるとは思わなかったわ。この秋に通販が再開されるそうだけど、この記事のおかげで人気沸騰ってことになったりして(笑)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 生物 | 自然  ]      Posted by “Lupin” on 2015/06/15 15:54:01

2015年 5月 8日(金)

* サルの赤ちゃん「シャーロット」に 大分市、変更せず:朝日新聞デジタル

大分市の高崎山自然動物園がサルの赤ちゃんに英王室の王女と同じ「シャーロット」という名前を付け、批判が殺到した問題で、大分市は8日、名前を変更しない方針を明らかにした。
(中略)
市によると、英国側の意見を聞こうと連絡を取った英国大使館からは「コメントする立場にない」との回答があったという。ただ、英王室広報は7日、取材に「どんな名前を付けようと、動物園の自由」との見解を示していた。

新しく生まれたサルの赤ちゃんに、イギリスで誕生したばかりの王女と同じ名前をつけたら「不謹慎だ」という意見が多数寄せられたって話、結局、そのまま命名されることになりそうだね。まぁ、この手のあやかり名称はサルだけじゃなくて人間様だってやるわけだし、別にいいんじゃないの。

タグ : [  イベント | ニュース | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/05/08 18:07:55

2015年 3月21日(土)

* 鹿児島でソメイヨシノ開花 全国で最も早く:朝日新聞デジタル

気象庁は21日、全国で最も早く、鹿児島市でソメイヨシノが開花したと発表した。平年よりも5日早く、昨年より1日遅いという。1週間から10日後に満開になる見込み。

暖かな日の続く日本列島だけど、今年のソメイヨシノの開花一番は鹿児島だったんだね。午後には名古屋でも開花宣言が出たようで、これから続々と開花の便りが届きそうだ。

タグ : [  ニュース | 気象 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/03/21 20:48:02

2015年 2月19日(木)

* 雌犬だって紙おむつを ユニ・チャーム、要望受け発売へ:朝日新聞デジタル

ユニ・チャームは雌犬用の紙おむつ「マナーウェア 女の子用」を3月2日に発売する。昨年10月に雄犬用を発売したが、要望が多かったため追加した。老犬の介護だけでなく、犬のおしっこを気にせずいろいろな場所に連れて行きやすくなるという。サイズはSS(体重2.5~4.0kg、38枚入り)、S(3.5~5.5kg、36枚入り)、M(5.0~8.5kg、34枚入り)の3種類。

ここらでも散歩中に犬を連れた人をよく見かけるんだけども、服を着せている人も多くて、それを見るたびに「うーん…」と思ってたんだけど、巷では犬用のおむつなんてものが市販されているのかぁ。まぁ、あちこちに糞を撒き散らかすことが減るのは嬉しいけども、しかし犬におむつねぇ…。

タグ : [  ニュース | 生物 | 経済  ]      Posted by “Lupin” on 2015/02/19 20:29:17

2015年 2月 4日(水)

* 桜開花、全国的に平年並み 3月20日ごろに高知から:朝日新聞デジタル

日本気象協会は4日、今春の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。開花日は全国的に平年並みの予想で、東京都心は3月26日ごろの開花が予想されている。

桜前線は3月20日ごろに高知から始まり、九州から中国、東海、関東南部が3月下旬、近畿が3月下旬から4月上旬、関東北部や北陸が4月上旬、東北は4月上旬から下旬、北海道では5月の大型連休の時期に開花が予想されている。

今年の桜の開花予想が発表になったけど、全国的には平年並みだとか。ここらだと3月下旬から4月上旬ってことだから、卒業式には間に合わず、入学式には早過ぎるって残念なタイミングになりそうだねぇ(^^;)。

タグ : [  ニュース | 気象 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/02/04 22:01:21

2015年 2月 3日(火)

* 「ヤギ飼いたくて」座席に載せて逃走 窃盗容疑の男逮捕:朝日新聞デジタル

ヤギを軽乗用車の後部座席に載せて盗んだとして、茨城県警は3日、同県常総市の無職の男(67)を窃盗の疑いで緊急逮捕したと発表した。「ヤギが欲しくなってしまい、自分で飼いたくなった」と容疑を認めているという。
(中略)
昨年11月にも男性方から、この男がヤギを盗もうとしたため、署が任意で事情を聴いていたという。

少し前にヤギを盗んで喰っちゃったベトナム人が逮捕されてたけども、今度は飼育するために盗んじゃったのか。でも、なんで続けて「ヤギ」なんだろうなぁ(^^;)。

タグ : [  ニュース | 犯罪 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/02/03 19:17:59

2015年 1月17日(土)

* コンクリについたネコの足あとを作ろう - デイリーポータルZ:@nifty

ネコの足あとがついたコンクリートを、近ごろ見ていない気がする。
たまたま近所にないのか、歩いちゃうノラネコがいないのか、猫が歩く間もないほど早く固まるコンクリを使っているのかはわからないが、見かけない。

コンクリを扱う人にとっては厄介な問題だったと思うので、解決しつつあるのはいいことだろう。
だが、無関係なネコ好きにとっては少し残念なので、自分で作ってみることにした。

たしかに最近、足跡のつきのコンクリートってのは見かけなくなったねぇ。しかもこれ、持ち運びのできるスグレモノ!商品化したら世のネコ好きが買いに走りそうだな(笑)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 工作 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2015/01/17 19:15:01

2015年 1月 8日(木)

* ダイオウイカの巨大スルメ展示 安全なら試食会も:朝日新聞デジタル

富山湾で昨秋水揚げされた長さ約6・3メートル、重さ約130キロのダイオウイカがスルメに加工され、8日から富山県射水市の観光施設「新湊きっときと市場」に展示された。加工で縮んだが約3メートル、6キロあり、一般的な真イカスルメ約100枚分の大きさ。月末まで展示した後、検査で安全が確認できたら試食会も開く予定だ。

近年、日本の沿岸部での捕獲が何度も話題になっているダイオウイカだけど、昨年の11月末に富山湾で水揚げされたものをスルメに加工した業者が現れたんだそうで。通常のスルメの100枚分の大きさってのが、ダイオウイカの巨大さを物語ってるなぁ。これで問題なく食えたら、一気に名産品になるかもねぇ(笑)。

タグ : [  ニュース | 生物 |   ]      Posted by “Lupin” on 2015/01/08 18:21:09

2014年11月 6日(木)

* 冬のとしまえんプールは釣り堀になる - デイリーポータルZ:@nifty

夏にプールとしている場所を、冬場は釣り堀として営業するというのは、とても理にかなっている合理的な二毛作であり、もちろんプールとして営業再開をする前には、水の入れ替えや大掃除をするのだろう。

そういうことは理屈でわかっても、やっぱりプールで釣りをしている景色は、なんとなく不思議である。どこか海外にでも来たような、あるいは別世界の扉を開けてしまったかのような。

へぇ、豊島園のプールって、夏以外は釣り堀になってるのか。っていうか、釣り堀の期間のほうが長いじゃん(笑)。ようするに、夏はみんな、釣り堀で泳いでるんだね。でも、至れり尽くせりで楽しそうでいいな。

タグ : [  デイリーポータルZ | 生物 | 遊び  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/06 17:02:56

* 絶品!だけど食べにくい!有明海の珍魚「ヒラ」 - デイリーポータルZ:@nifty

ヒラという魚がいる。西日本に広く分布するニシンの仲間で、特に有明海や瀬戸内海に多産する。

なんでも聞くところによるとこの魚、味は抜群に良いのに獲れてもやたら安く売られたり、そもそも有明・瀬戸内など特定の地域以外では市場に並ばなかったりと、随分ぞんざいな扱いを受けているらしい。

それもこれもひとえに「食べにくいから」だというのだが、それは一体どういうことなのか。
自分で釣って食べて確かめてみた。

平坂さんのゲテモノ食いネタだけど、今回はそんなにゲテモノってほどじゃないね。まぁ、とりあえず小骨が多いそうだから、ハモの廉価バージョンというべきか(笑)。しかも、さいごはちょっといい話で締めてあったりするし。個人的には骨の多い魚は遠慮しときます(^^;)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 生物 |   ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/06 16:37:47

2014年10月15日(水)

* サケの遡上めぐり - デイリーポータルZ:@nifty

本能の赴くままに、何度も泡の中に突進し、上流を目指す姿は見るものの心を打たずにはいられなかった。
「いけ!シャケ太郎!」
思わず勝手につけたひねりのない名を叫んだ。今までサケと言っていたのをシャケにしたのはエモーションの勢いを殺さずに音声として射出するには「サ」より「シャ」のほうが適していると脳が判断したからではないだろうか。

さすがに本場の北海道。少ないとはいえ川面に遡上する鮭の姿が確認できるのか。あと、遡上する鮭の様子がガラス越しに見られる魚道観察室「ととろ~ど」、いいねぇ。旬の時期なら結構長い時間眺めてられそうだし(笑)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 旅行 | 生物 | 見学  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/15 15:52:20

2014年 9月18日(木)

* まるでオブジェ スズメバチが食べ尽くしたリンゴ 秋田:朝日新聞デジタル

皮と芯だけを残してスズメバチが平らげたリンゴの実を、秋田県横手市平鹿町醍醐でリンゴ園を営む高橋喜恵子さん(62)が撮影した。ハチたちが入念に実を食べ尽くした跡は、さながらオブジェのようだ。
(中略)
リンゴは直径8cmほどの「つがる」で、3、4匹のスズメバチが3日がかりで平らげたという。ハチの食べ跡が少しだけ残る実は数多いが、丸ごと食べ尽くしてしまうのは珍しいという。

へぇ、スズメバチってリンゴを食うんだ。しかし、これは見事に皮が残ってるねぇ(笑)。

タグ : [  コラム | 生物 |   ]      Posted by “Lupin” on 2014/09/18 20:13:20

2014年 9月 5日(金)

* ハルウララ、千葉・御宿で余生過ごす 全国のファン支援:朝日新聞デジタル

ハルウララは、1996年2月生まれの雌で今年18歳、人間でいえば60歳前後だ。98年11月にデビュー。90連敗を超えた2003年夏ごろから注目され、04年3月には武豊騎手が騎乗し、出走した1レースだけで5億円以上を売り上げるも106連敗。その姿は「大切なのは勝敗じゃない」と日本中に元気を与え、CMや映画もつくられた。同年8月のレースを最後に、競走馬としての登録は抹消されていた。

をを、ハルウララか、久しぶりに懐かしい名前を見たなぁ。連敗続きの当時は、負ければ負けるほど人気を博すという不思議な現象を起こしていた馬だったけど、2004年に馬主が変わってからはごたごたが続き、結局引退レースも行われないまま消えてたんだよねぇ。そのオーナーの手を離れ、今は有志による「春うららの会」所有でのんびりと余生を過ごしているんだそうだ。

タグ : [  コラム | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2014/09/05 18:26:07

2014年 8月30日(土)

* 巣立ったツバメはどこにいる?「ツバメの集団ねぐら入り観察会」 - デイリーポータルZ:@nifty

けたたましい鳴き声と共に上空を乱舞する大群。寝る気はあるのだろうか。時々、肩身が狭そうにアブラコウモリが群れの下をひょこひょこと飛んで行く。

参加者の口からため息のような歓声がもれる。

ツバメの巣は街中でも結構見かけるんだけど、巣立ちしたあとどこに行くのかと思ったら、越冬地へ渡る前までは河原などで過ごしていたのか、へぇ。しかし、3万羽ものテリトリーが多摩川にあるとはぜんぜん知らなかったなぁ。

タグ : [  デイリーポータルZ | 生物 | 見学  ]      Posted by “Lupin” on 2014/08/30 15:06:10

* マダガスカル首都を覆う黒雲、イナゴの大群襲来 国際ニュース:AFPBB News

アフリカ沖西インド洋(Indian Ocean)の島国マダガスカルで28日、首都アンタナナリボ(Antananarivo)にイナゴの大群が襲来した。アンタナナリボの上空は雲のような厚いイナゴの群れに覆われ、子どもたちは逃げまどい花屋はイナゴを追い払おうとタイヤを燃やすなど街はパニックに陥った。
(中略)
高温多湿なマダガスカル島はイナゴの繁殖に最適な環境で、イナゴの大発生は珍しいことではない。最も直近の大発生では、日本の国土とほぼ同じ面積が被害を受け、稲田やトウモロコシ畑が壊滅した。

歴史戦記ものとかで、農地がイナゴの大群に襲われて食糧不足となって国が亡ぶ、なんていうシチュエーションがあるけども、アフリカの島国のマダガスカルでは実際に空を埋め尽くすほどのイナゴの大群が発生してるんだそうで。しかも、この大発生も珍しいことではないんだとか。うーん、すさまじいな…。

タグ : [  ニュース | 国際 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2014/08/30 11:18:52