INFOINFO
MAILMAIL

2018年 1月 1日(月)

* C大阪が逆転勝利でJ参入後初の天皇杯制覇! 尹監督就任初年度で2冠を達成 | サッカーキング

【スコア】
セレッソ大阪 2-1 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 8分 伊藤翔(横浜FM)
1-1 65分 山村和也(C大阪)
2-1 95分 水沼宏太(C大阪)

元旦恒例のサッカー天皇杯の決勝は、セレッソとマリノスの対戦。前半8分にマリノスが伊藤選手のゴールで先制し、前半を1-0で折り返すも、後半20分にセレッソの山村選手が同点ゴールを決め、そのまま1-1で90分が終了。延長戦の前半にセレッソが水沼選手のゴールで勝ち越し、そのまま逃げ切って2-1で勝ち。これでセレッソはルヴァンカップと合わせて二冠となり、また今季のACLへの出場権を獲得。これに伴い、ACLへはリーグ戦1位のフロンターレ、2位のアントラーズの3チームが決定、リーグ戦3位のセレッソが出場権を得たため、4位のレイソルが予選プレーオフ出場ということに。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/01/01 19:25:24
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。