INFOINFO
MAILMAIL

2016年 7月 9日(土)

* マレー 全英3年ぶりV王手 - テニス365 | tennis365.net

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に6-3, 6-3, 6-3のストレートで勝利し、3年ぶりの優勝に王手をかけた。

ウィンブルドン選手権男子シングルスのもう片方の準決勝は、第2シードのマレー選手と第10シードのベルディヒ選手の対戦で、マレー選手がストレートで勝って決勝に進出。これでマレー選手は、全豪、全仏についでグランドスラム大会3連続決勝進出だけど、先の2戦はともにジョコビッチ選手に敗れているだけに、ジョコビッチ選手のいない今大会は優勝のチャンスかも。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2016/07/09 10:55:58
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。