INFOINFO
MAILMAIL

2015年 8月21日(金)

* 京都のクマゼミ、今夏は激減 市街の緑地減少原因か : 京都新聞

調査は、鴨川の葵橋西詰(上京区)にあるアキニレの木を定点観測の場所とし、クマゼミとアブラゼミの抜け殻を毎朝回収する方式。同部前身の京都成安高生物部が1997年に始めて以降、19年間、毎夏途切れることなく続けてきた。

今年のクマゼミの観察は、7月11日から羽化終了の8月9日まで行った。抜け殻は昨年の半分にあたる292個。最少だった283個(2007年)に次いで少なかった。アブラゼミは163個で、極端な変化は見られなかった。
(中略)
生物部の調査で、クマゼミの一生は6年と判明しており、観測を始めた年から通算すると今年のセミは「ひ孫世代」にあたるという。部長で2年の浜田恵衣(めい)さん(17)は「調査した最初の年は1400個だったので、激減して驚いた。今後も観察を続け、ひ孫世代の傾向をつかみたい」と話している。

たしかに今年の夏はセミの鳴き声が少なかったように思うんだけど、羽化したセミの個体数が少なかったんだねぇ。でも、セミの羽化数って年によって極端なばらつきがあるものだと思ってたんだけど、これを「緑が減っている」こととつなげてもいいのかな?

タグ : [  コラム | 生物 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2015/08/21 18:26:12
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。