INFOINFO
MAILMAIL

2015年 3月 3日(火)

* 「戦艦武蔵」発見か フィリピン沖、ツイッターに画像:朝日新聞デジタル

米マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏が3日(日本時間)、太平洋戦争中に撃沈された戦艦武蔵をフィリピン中部シブヤン海の海底で発見したと、自身の投稿サイト・ツイッターで明らかにした。海中で撮影された艦首とバルブの2枚の写真も掲載した。
(中略)
武蔵は第2次世界大戦中の1942年8月に、旧日本軍の大和型戦艦の2番艦として就役。全長263メートル、排水量6万5千トン。44年10月24日、レイテ沖海戦にからみ、シブヤン海で米軍機の集中攻撃を受けて沈没した。

太平洋戦争中にフィリピンのシブヤン海で沈没した戦艦武蔵と思われる船が海底1.000mで見つかったらしいね。で、それを見つけたのが、マイクロソフトの共同創業者のポール・アレン氏だということで、結構話題になっていると。さすがに海底1,000mからではサルベージはできないだろうけど、それでも見つけたというだけでもすごいな。

タグ : [  ニュース | 歴史 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2015/03/04 01:23:50
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。