INFOINFO
MAILMAIL

2014年11月 9日(日)

* 磐田が4戦連続ドロー、東京Vの残留決定は持ち越し/J2第40節 – サッカーキング

■J2第40節結果
コンサドーレ札幌 1-1 カマタマーレ讃岐
栃木SC 3-0 FC岐阜
ザスパクサツ群馬 1-1 ジュビロ磐田
横浜FC 0-2 ファジアーノ岡山
松本山雅FC 2-1 ジェフユナイテッド千葉
京都サンガF.C. 1-1 カターレ富山
V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ
ロアッソ熊本 3-1 愛媛FC
モンテディオ山形 2-1 アビスパ福岡
ギラヴァンツ北九州 0-4 湘南ベルマーレ
大分トリニータ 2-3 水戸ホーリーホック

J2は残り3節の第40節。現在3位でPO出場を決定したいジュビロはザスパと対戦。勝てばPO進出だったものの終了間際に同点に追いつかれて1-1のドローで決定できず。PO出場枠は3位ジュビロから10位サンガまでの8チームに可能性があるけども、実質的には7位トリニータまでの争いかな。一方、J3との入れ替え戦出場となる21位争いは、カマタマーレとヴェルディが共に引き分けたため、こちらも決定せず。
サンガは最下位でJ3降格の決まっているカターレとホームで対戦。圧倒的にボールを支配し、シュートを撃ちまくるもののゴールは遠く、ようやく得点したのは後半38分。しかし、終了間際にカターレに追いつかれてドロー。シュート数はサンガ19本に比べてカターレ2本なのに、結果は1-1のドローとか…。ま、この状況でJ1上がっても意味ないからいいんじゃないの。長期視点でチームの再建を図ってほしいわ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/10 01:08:18
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。