INFOINFO
MAILMAIL

2014年11月 6日(木)

* 北野武監督最新作は平均年齢72歳!元ヤクザの“ジジイ”たちがオレオレ詐欺集団を成敗 : 映画ニュース - 映画.com

北野武監督の17作目となる最新作「龍三と七人の子分たち」が、2015年4月25日に公開されることが決定した。約3年ぶりの監督作となる今作は、前作「アウトレイジ ビヨンド」とは打って変わり、平均年齢72歳のベテラン俳優陣が繰り広げるコメディタッチの作風となっている。

国内外の映画ファンがその動向に注目を寄せる北野監督の最新作は、引退した元ヤクザの“ジジイ”たちが、詐欺で人々をだます若者を成敗しようと世直しに奔走するエンタテインメント作だ。金も居場所も失った元ヤクザが普通の生活をおくれるはずもなく、毎日くすぶっているという設定。ある日、オレオレ詐欺に引っかかってしまった元組長の龍三親分は、若い者に勝手な真似はさせられないと決意し、昔の仲間たちを呼び寄せ立ち上がる姿を描く。

北野武監督の次回作が発表になったけど、これはなかなか楽しそうで期待しちゃうなぁ。しかし、藤竜也が73歳、近藤正臣が72歳というのもびっくりだけど、「殿下」こと小野寺昭がもう71歳ってのにも驚いちゃったわ。来春の公開が楽しみだな。

タグ : [  ニュース | 映画  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/06 15:54:01
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。