INFOINFO
MAILMAIL

2014年 7月 7日(月)

* ジョコビッチ、3年ぶり2度目V ウィンブルドン男子単:朝日新聞デジタル

テニスのウィンブルドン選手権は6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで最終日を迎え、男子シングルス決勝は、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6―7、6―4、7―6、5―7、6―4で下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

フェデラーは男子シングルスで大会史上最多となる8度目の優勝を逃した。

テニスのウィンブルドン選手権は最終日、男子シングルスの決勝が行われ、第1シードのジョコビッチ選手が、第4シードのフェデラー選手をフルセットの末に破って2度目の優勝。この試合、中継を見てたんだけど、ジョコビッチ選手がセットカウント2-1の第4セットに5-2まで行った時点で終わったかなと思ったんだけど、ここからフェデラー選手が5ゲームを連取して7-5で逆転して取ったときには鳥肌が立ったんだよなぁ。しかも、そこからさらに流れを押し戻してジョコビッチ選手が第5セットを取っちゃうんだから、いやはや、すごかったわ。個人的にはフェデラー選手に勝ってほしかったんだけど、どっちが勝ってもおかしくない素晴らしい試合で見ごたえあったわ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/07/07 10:48:23
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。