INFOINFO
MAILMAIL

2012年 9月 5日(水)

* そっくりのマスコットキャラ、作者は意外にも… : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

市が確認したところ、いずれも大阪市のデザイナーの応募作品で、両作者は姉妹だったという。
(中略)
「ちっくん」は、筑波山と河川に育まれた豊かな緑をかたどった帽子に、特産の「梨」「いちご」と市の花「コスモス」を配置。体は全国一の生産量を誇る「こだますいか」、「ひまわり」のポシェットも身に着けている。

一方の「たき丸」は、帽子に「袋田の滝」を配し、特産の「アユ」「リンゴ」をあしらった。胸には町章をつけている。

いやぁ、これはまさに似ているというよりも、まさに「双子」だよなぁ(笑)。そういう意味では、問い合わせの中にあった「県のイベントなどで『双子キャラ』で活用を」というのは、なかなかの名案だと思うけどな。これを期に姉妹町になっちゃえばいいんじゃないの?

タグ : [  イベント | ニュース | キャラクタ  ]      Posted by “Lupin” on 2012/09/05 16:37:28
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。