INFOINFO
MAILMAIL

2012年 9月 4日(火)

* コンパクトデジタルカメラ : カシオの「QV-10」が未来技術遺産に登録 | RBB TODAY

1995年、カシオ計算機が一般向けの液晶付きデジタルカメラ「QV-10」を発売した。「QV-10」は画素数25万画素。今となっては当り前だが、撮った画像をその場で確認し、失敗した画像は消去するという機能を先駆けて搭載。カメラ部分が回転するというギミックも注目された。価格も65,000円という従来では考えられない手頃感から、爆発的なヒットとなった。

カシオの初代デジカメ「QV-10」が未来技術遺産に登録されることになったのか。25万画素で、画像サイズは320×240ドットという今のデジカメからは考えられないほどの低スペックだけど、当時のデジカメとしては破格の低価格で大ヒットしたんだよなぁ。私も持ってたし、周囲にも結構ユーザーが多かったものなぁ。うーん、懐かしい(^^)。

タグ : [  ニュース | テクノロジ | ハードウェア  ]      Posted by “Lupin” on 2012/09/04 23:19:16
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。