INFOINFO
MAILMAIL

2011年10月13日(木)

* asahi.com(朝日新聞社):ビール離れ、酷暑でも拍車 好み多様化、売り上げ最低 - ビジネス・経済

ビール大手5社が13日、ビール系飲料(第3のビール、発泡酒を含む)の7~9月の出荷量を発表した。昨年同期に比べて3.2%減の約1億2506万ケース(1ケースは大瓶20本換算)となり、1992年に統計を取り始めてから、この時期の出荷量では2年ぶりに過去最低を更新した。
(中略)
一方、サントリーの推計では2009年からの2年間でハイボール缶市場は約21倍、ノンアルコールのカクテルやワインなどの市場は3倍近くに増えた。消費者の好みが多様になっている。

まぁ、以前に比べれば、とくに缶入りアルコール市場では選択肢が増えているのも事実で、ビールだけじゃなくていろいろな種類のアルコールに流れてるんだろうねぇ。しかし、ビールよりも発泡酒の減り方が顕著で、完全に第3のビールに呑まれるかたちになりそうだな。

タグ : [  ニュース | 調査 |   ]      Posted by “Lupin” on 2011/10/13 20:15:57
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。