INFOINFO
MAILMAIL

2011年 1月 3日(月)

* asahi.com(朝日新聞社):早大、18年ぶり総合優勝 箱根駅伝 今季3冠達成 - スポーツ

第87回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの復路5区間109.9キロに20チームが参加して行われ、前日の往路2位の早大が、合計10時間59分50秒の大会新記録で、18年ぶり13度目の総合優勝を果たした。

箱根駅伝の復路は、6区の山下りで早稲田が東洋大を逆転して、そのまま逃げ切り18年ぶりの優勝を飾ったねぇ。東洋大も最終10区で追い上げたものの、21秒差の2位どまり。やはり、昨年よりも往路での差がつかなかった分、逃げ切れなかったというところかな。
で、その優勝争いよりも熱かったのが10位のシード争い。鶴見中継所では8位の城西から帝京、青山学院、国学院、日体大、山梨学院までが1分差。田町で帝京、青山学院、国学院、日体大、山梨学院が団子になり、馬場先門では城西まで呑みこむものの、まず帝京が脱落。さらに山梨学院が脱落するものの、残る4校が3つのイスを争って大手町のゴール直前まで競り合う構図。しかも、先にスパートをかけた国学院が、ラストの直線でコース間違い。結局、日体大、青山学院、国学院、城西の順でゴール、城西はわずかに3秒差でシードを逃すことに。っていうか、国学院、最後10位に滑り込めて良かったねぇ(^^;)。それ以外では、古豪の日大が20チーム中で唯一、襷をつなぐことができずに最下位に終わったのも衝撃的。なんせ2区では2位を走ってただけに…。
いやぁ、今年もいろいろドラマが生まれた箱根駅伝でしたなぁ。

タグ : [  スポーツ  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/03 14:53:05
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。