INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月22日(水)

* asahi.com(朝日新聞社):こんにゃくゼリーに安全指標 消費者庁、製品改善要請へ - 社会

指標はまず、今より軟らかくして弾力性を下げるか、子どもが吸い込みにくいよう容器を大きくすることを提案。ゼリーそのものも直径5センチ以上を目安に大きくするか、子どもの気道に合わせて同1センチ以下にすることを示した。
(中略)
内閣府によると、こんにゃく入りゼリーが原因の窒息死亡事故は過去13年間に22件。2008年7月に兵庫県で1歳男児がのどに詰まらせ約2カ月後に亡くなったのを最後に、それ以降の死亡事故は報告されていない。

うーん、まだこの期に及んで、こんにゃくゼリーいじめしてんのか、なんとも執拗だなぁ。っていうか、13年間で22件しか報告されていない事例に対してここまで執拗に安全を求めるんなら、はるかに事故件数の多い、モチやパン、おにぎりなんかの方を改善するように勧告すればいいのに。

タグ : [  ニュース | 生活 |   ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/22 22:05:22
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。