INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月18日(土)

* asahi.com(朝日新聞社):風邪薬飲んだら…半日後も眠る脳 東北大が初の実証実験 - サイエンス

この薬は本来はヒスタミンと結合する部分(受容体)をふさいで邪魔をする。服用直後は受容体の60~80%が占拠され、眠くならないタイプは12時間たつと占拠率が15%に減った。しかし眠くなるタイプは50%も残っており、強い眠気と脳の機能障害が起きるレベルだった。

うーん、やっぱり薬の力ってのは強いもんで、とくに最近の薬は飲む回数を減らすために持続性を高めたりしてるから、こういう状況も起こりあるのかもしれんねぇ。

タグ : [  ニュース | サイエンス | 健康 | 実験  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/18 15:25:55
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。