INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月15日(水)

* asahi.com(朝日新聞社):生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見 - サイエンス

研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。
(中略)
渡邉教授は「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」と話している。

うは、これは石油を輸入に頼る日本にとっては救世主といえる存在になるかもしれんねぇ。もっとも、逆に言えば、従来の化石燃料を延命してしまうことになる諸刃の剣ともいえるかもしれんけども(^^;)。

タグ : [  コラム | 生活 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/15 13:42:59
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。