INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月15日(水)

* asahi.com(朝日新聞社):クニマス絶滅してなかった! 生息確認、さかなクン一役 - サイエンス

クニマスはもともと、秋田県の田沢湖にのみ生息する固有種で、成長すると全長30センチほどになる淡水魚。食用魚として漁業の対象にもなっていた。だが、1940年以降、発電などのための導水工事で田沢湖に酸性の水が入り、まもなく死滅。地球上から姿を消したと考えられていた。

これ、今日のNHKのお昼のニュースでもやってたけど、もともとの発見者がさかなクンさんだったのか。いやぁ、さかなクンさん、すげぇな(^^)。世紀の発見ってのは、やっぱりこういう「運」を持った人でないと見つからないんだろうなぁ。

タグ : [  コラム | 学問 | 生物  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/15 13:34:38
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。