INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月14日(火)

* asahi.com(朝日新聞社):高速道路の標識、「ヒラギノ」書体に iPadと同じ - 社会

これまでの書体は、昭和30年代に旧日本道路公団が考案し、角張った独特の形状で「公団ゴシック」と呼ばれた。字の印象を決める部位を強調したり画数が多い漢字は大胆に省略したり、ドライバーが一瞬で認識できるよう工夫が凝らされた。

ただ、省略が多すぎるとの指摘があるほか、新しい字が必要になるたびに一からデザインするため、当初の開発者が亡くなった後は「統一性に欠ける」との問題もあった。

高速道路標識独特の「公団ゴシック」、結構味があって好きだったけど、もう最近の新し物からは「ヒラギノ角ゴシック」に代わってるのか。こうやって印刷物にした場合の見やすさは明らかに新書体の方がいいけど、実際に走行中に見た場合はどうなんだろうねぇ。そういうのは調査してるのかしら?

タグ : [  コラム | 交通 | 言葉  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/14 20:26:34
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。