INFOINFO
MAILMAIL

2009年11月19日(木)

* トップアスリートがあげる謎の“雄叫び”効果のほどは… | R25

「それについてはイエスともノーとも言えます。というのも、声を出すことで潜在能力が引き出されることは、実験で証明されています。たとえどんなに鍛えたとしても、筋肉は全体の7割程度しか使用されておらず、残り3割は休んでいる状態です。これは、常に自分の意志とは関係なく脳が体の安全のためリミッターをかけているもので、声を出すことで瞬間的にそのリミッターを解除、使われない筋肉のうちの一部が動員されます。ただテニスの場合、コントロールのためもあり、常に全力ではボールを打たないので、インパクト時に声を出しても打球に影響は出ないと思います」

へぇ、声を上げることで潜在能力が引き出されることは、実験で証明されているのか。っていうか、こういう実験もちゃんとしてるんだなぁ(笑)。

タグ : [  スポーツ | R25 | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2009/11/19 20:40:20
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。