INFOINFO
MAILMAIL

2009年11月18日(水)

* asahi.com(朝日新聞社):古式ゆかしく宝くじ、発祥の地で146年ぶり復活 大阪 - 社会

宝くじ発祥の地とされる大阪府箕面市の瀧安寺(りゅうあんじ)で15日、古式にのっとった富くじ行事「箕面富」が146年ぶりに復活した。江戸時代から寺に伝わる木箱に参加者の番号を記した木札を入れ、穴から柄の長いきりで突く儀式を再現。
(中略)
13人の当選者には、賞金ではなく、歴代住職だけが知る秘法で10日間かけて祈祷(きとう)し、本尊・弁財天の気を封じ込めたという招福や家内安全のお守りとお札が贈られた。

8月にネタにした箕面の瀧安寺の富くじだけど、この日曜日に実施されたんだねぇ。参加費が千円というのは、ちょっとお高いような気がしなくもないけど、それでも400人もの参加者がいたのか、へぇ。

タグ : [  イベント | ニュース | 文化  ]      Posted by “Lupin” on 2009/11/18 20:51:51
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。