INFOINFO
MAILMAIL

2009年 9月30日(水)

* 半径3メートルの身近なデジタル 第9回 電波時計の電波はどこから来るの? | R25

おおたかどや山標準電波送信所のアンテナ。高さは250mで、人間がすっぽり入るくらいの太さ。山全体に張られたワイヤーで支えられており、傘型に広がっている。鉄塔を中心にワイヤーで囲まれた地面の面積は約8.9万平方メートル。東京ドーム2個分

をを、これが電波時計用の電波を送信してるアンテナか。ウチも結構昔から電波時計を愛用していて、おかげで規則正しい生活が送れているっていうものですな。しかし、アンテナの下の部屋の中、かなりすごいことになってんだねぇ(^^;)。

タグ : [  テクノロジ | R25 | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2009/09/30 12:46:17
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。