INFOINFO
MAILMAIL

2018年 3月21日(水)

* 将棋 羽生二冠 タイトル通算100期かけ名人戦七番勝負に | NHKニュース

将棋の順位戦で最も上のクラスで、トップ棋士がしのぎを削る「A級」は、名人戦の挑戦者を決める史上初の6人によるプレーオフとなり、21日の最終戦で、羽生善治二冠が、稲葉陽八段を破りました。羽生さんは、タイトル通算100期をかけて、来月からの名人戦七番勝負に臨むことになります。

史上初の6人プレーオフにもつれ込んでいた将棋のA級順位戦だけど、羽生二冠が勝ち抜けて佐藤名人への挑戦権を得たんだね。この6人によるパラマストーナメントでは、1回戦から登場した豊島八段が連勝して4回戦まで勝ち上がったんだけど、4回戦で羽生二冠が勝ち、さらに今日の最終戦で稲葉八段に勝ったんだね。羽生二冠はこの名人戦に勝つと、タイトル通算100期となるんだけど、さてどういう結果になるかねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/03/22 02:09:05