INFOINFO
MAILMAIL

2017年11月 7日(火)

* 箱根駅伝100回記念大会から全国化検討、その背景 - 陸上 : 日刊スポーツ

関東学生陸上競技連盟が第100回の記念大会となる2024年1月の箱根駅伝で全国化を検討していることが6日、分かった。前年秋の予選会に一定のタイムの基準を満たせば、関東地区以外の大学も出場できる案が出ているという。本戦もオープン参加ではなく、正式な記録を認め、記念大会以降も同様の形式とする可能性もある。今後の議論次第だが、正月の風物詩は全国に門戸が開かれる。

ほぉ、箱根駅伝が全国化されるのか。まぁ、当初の目的だった「世界に通用するランナーの育成」という意味では、全国規模の大会の方が意に沿っているわけでそれはそれで面白いかもね。ただ、実現性は極めて低そうだけども(^^;)。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2017/11/07 09:32:13