INFOINFO
MAILMAIL

2016年 2月11日(木)

* 錦織8強、最後もたつく - テニス365 | tennis365.net

この試合、錦織は第1セットからハリソンを圧倒。1度もブレークチャンスを与えずに、自身は2度のブレークに成功してこのセットを先取する。

続く第2セットでも自身のペースを維持し、ゲームカウント5-4で錦織がサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。快勝するかに思えたが、第10ゲームで錦織のミスが目立ちデュースが続く。最後は取りきれず、ハリソンにこの試合初のブレークを許してしまう。

その後は第11ゲームですぐにブレークし、第12ゲームをしっかり取り切り1時間21分で勝利。

トータルで見ると、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率は81パーセントと高かった。しかし、第2セットの第10ゲームで取りきれなかったのは、今後の課題となるだろう。

昨年まで3年連続で錦織選手が優勝しているテニスのメンフィス・オープンが始まっていて、第1シードの錦織選手が2回戦でアメリカのハリソン選手と対戦し、ストレートで勝って4連覇に向けてまずは1勝。もっとも、2セット目は5-4で迎えた自身のサービスゲームを落として追いつかれる場面もあったそうで、万全とは言いがたいのかも。それでも、勝てるのが強いところで、このままぜひ4連覇を達成してほしいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2016/02/12 02:30:58