INFOINFO
MAILMAIL

2014年11月16日(日)

* 初代J3王者にツエーゲン金沢 来季からJ2に:朝日新聞デジタル

サッカーJ3のツエーゲン金沢は16日、沖縄市陸上競技場で第32節をFC琉球と戦い、1―0で勝った。勝ち点72として今年から始まったJ3の優勝と、来季のJ2自動昇格を決めた。

今年から新たに設立されたJリーグの3部組織のJ3リーグの初代王者にツエーゲン金沢が決まったそうで、これで来シーズンはJ2入りとなったそうだね。おめでとうございます。ちなみに、J2・21位のカマタマーレとの入れ替え戦に出場できる2位は、AC長野パルセイロとFC町田ゼルビアが勝ち点差1で競っていて最終節の結果で決まることに。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/17 00:51:25

* 鶴竜、8連勝で勝ち越し 大相撲九州場所8日目:朝日新聞デジタル

大相撲九州場所8日目は16日、福岡国際センターであり、横綱鶴竜が小結勢をはたき込みで下し、ただ1人初日からの8連勝で、勝ち越しを決めた。横綱白鵬、大関稀勢の里、前頭旭天鵬もそれぞれ勝ち、1敗を守った。

大相撲九州場所は中日。ここまで唯一全勝の横綱・鶴竜は小結・勢を破って全勝をキープして勝ち越し。上位陣では白鵬、日馬富士の両横綱、大関・稀勢の里は勝ったものの、大関・豪栄道は平幕の高安に敗れて4勝4敗。そして大関対決で稀勢の里に敗れた琴奨菊は3勝5敗に。ちなみに、高安はこれで2横綱1大関に勝ったことに。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/16 19:37:38

* 絶体絶命フェデラー 逆転勝利 - テニス365 | tennis365.net

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は15日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第3シードで同胞のS・ワウリンカ(スイス)を4-6, 7-5, 7-6 (8-6)の逆転で下して決勝進出を決め、大会7度目の優勝に王手をかけた。

一方、ATPワールドツアー・ファイナルの準決勝のもう一試合はフェデラー選手とワウリンカ選手のスイス勢同士の戦いとなったんだけど、4-6, 7-5, 7-6の逆転でフェデラー選手が勝って決勝進出を決めたんだね。第3セットではワウリンカ選手が先にブレイクして第10ゲームで3度のマッチポイントを迎えるものの、フェデラー選手がそれをしのいでタイブレークにもつれ込んでの勝利か。この結果、決勝戦は世界ランク1位と2位の対決ということに。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/16 09:43:07

* 錦織圭、決勝進出ならず ジョコビッチに敗れる:朝日新聞デジタル

ロンドンで15日に行われた男子テニスのプロテニス選手協会(ATP)ワールドツアー・ファイナル準決勝で、錦織圭(にしこりけい)(24)はノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)に1―6、6―3、0―6で敗れ、初の決勝進出はならなかった。

テニスのATPワールドツアー・ファイナルの準決勝で世界ランク1位のジョコビッチ選手と対戦した錦織選手だけども、残念ながら1-2で敗れて決勝進出はならなかったね。第1セットは完全にジョコビッチ選手のペースで、第2セットも先にブレイクされてそのまま押し切られるのかと思ったら、そこから錦織選手が逆襲、ブレイクバックしてさらにもう1ゲームブレイクして第2セットを奪取。ちなみに、ジョコビッチ選手がセットを落としたのはこのファイナルでは初めて。そして第3セットの第1ゲーム・ジョコビッチ選手のサービスゲームで錦織選手が40-15とリードしてブレイクチャンスを得たものの、ここからミスを連発。このゲームをキープされるとあとは錦織選手が自滅してまさかの0-6での敗退とは。第3セットのジョコビッチ選手は別人かと思うほど調子を落としていたんだけども、錦織選手が勝手に負けちゃったって感じだったねぇ。勝てるチャンスがあった試合だっただけに残念で仕方ないわ。まぁ、でも、来年はもっと頑張ってくれるんじゃないかなってことで、期待して応援しましょう。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/16 09:32:54