INFOINFO
MAILMAIL

2014年11月 8日(土)

* ガ大阪、7年ぶり2度目V ナビスコ杯、逆転で広島下す:朝日新聞デジタル

サッカーのナビスコ杯は8日、埼玉スタジアムで決勝が行われ、ガ大阪が3―2で広島に逆転勝ちして、7年ぶり2度目の優勝を果たし、賞金1億円を獲得した。広島は初優勝を逃した。

ガ大阪は前半に2点を先行されたが、FWパトリックの2得点、後半から途中出場のMF大森の決勝点で試合をひっくり返した。試合の最優秀選手(MVP)にパトリックが選ばれた。

サッカーのナビスコカップ決勝が行われたけど、ガンバがサンフレッチェを3-2で下して、7年ぶり2度めの優勝を果たしたね。前半はサンフレッチェのペースで、佐藤寿人選手の2ゴールでサンフレッチェがリードした時には、これで決まったかな、と思ったんだけど、前半38分に遠藤選手のセンタリングをパトリック選手がヘッドで決めて1点を返したのが大きかったね。後半はガンバが攻勢を仕掛けて、10分に宇佐美選手からパトリック選手へクロスが入って同点、そして25分に阿部選手のシュートをGKの林選手が弾いたところを、大森選手が頭で押し込んで逆転し、そのまま逃げ切ったね。優勝したガンバは、まだ天皇杯にも勝ち残っているし、差があるとはいえリーグ戦でも2位につけていてまだ三冠の可能性を残しているだけに、今後の試合も頑張ってほしいねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/08 20:31:52

* 自動車評論家、徳大寺有恒さん死去 辛口の新車批評:朝日新聞デジタル

「間違いだらけのクルマ選び」などの著書で知られる自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛〈すぎえ・ひろよし〉)さんが7日、急性硬膜下血腫で死去した。74歳だった。葬儀は親族だけで行う。喪主は妻悠子さん。後日、しのぶ会を開く予定。

東京都生まれ。日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期にレーサーとしてデビュー。トヨタ自動車の契約ドライバーになった。引退後は、自動車評論家に転身。辛口の新車批評で知られ、1976年に出版した「間違いだらけのクルマ選び」(草思社)は70万部を超えるベストセラーに。以後は毎年書き下ろしが出る人気シリーズになった。

日本の自動車評論家の一人者である徳大寺有恒氏が亡くなったんだね。あまり車には詳しくない私も「間違いだらけのクルマ選び」の著者として名前も顔も知ってたほどだしなぁ。享年74歳はまだ若いな。長い間お疲れ様でした、ゆっくりとお休みください。合掌。

タグ : [  ニュース | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/08 15:07:53