INFOINFO
MAILMAIL

2014年 6月20日(金)

* 日本のGL突破には最終節勝利&コートジボワールのドロー以下が絶対条件 – サッカーキング

日本はグループ突破のためにはコロンビア戦の勝利が絶対条件。加えてギリシャがコートジボワールに勝つか引き分けなければならない。

■ギリシャ勝利の場合
日本とギリシャが勝ち点4で並び、得失点差での勝負となる。得失点差でも並んだ場合は総得点、当該チーム同士成績、抽選の順で決める。

■ギリシャ引き分けの場合
日本とコートジボワールが勝ち点4で並ぶが、当該チームの成績ではコートジボワールが上回っているため、得失点差(もしくは総得点)で上回る必要がある。コートジボワールが引き分けの場合、得失点差は「0」で変わらないため、日本はコロンビアに2点差以上の得点差をつけて勝利しなければならない。

で、日本代表がグループリーグ突破する条件は↑の通り。ここまで連勝しているグループ最強のコロンビアに勝つことは最低条件で、さらにギリシャが勝つか引き分けるのが条件だけど、どっちもかなり厳しい条件と言わざるを得んね。ちなみに、現時点で日本は得失点差-1、ギリシャは-3なので、日本とギリシャが勝った場合には日本が上回る可能性は高いんだけどね。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/20 15:17:08

* 日本、グループ突破へ痛すぎるドロー…試合支配し、数的優位も活かせず – サッカーキング

ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

初戦をともに落とした両者。日本はコートジボワール戦から先発2選手を入れ替え、香川真司に代わり大久保嘉人、森重真人に代わり今野泰幸が先発。川島永嗣、内田篤人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、大迫勇也がスタメンとなった。
(中略)
【スコア】
日本 0-0 ギリシャ

さて、注目された日本代表のワールドカップ第2戦、対ギリシャ戦はホール保持率70%と圧倒的にボールを支配し、さらに前半40分には相手チームのキャプテンでDFの中心選手が2枚目のイエローカードで退場となり、数的にも優位に立ちながら結局スコアレスドロー。まぁ、相手が退場者を出したことで、もともと堅守速攻型のチームがさらに守りを固めてきたわけで、ゴールをこじ開けるのが難しかったとも言えるんだろうけども、それにしても日本はフィニッシュの精度とアイデアが枯渇してたよなぁ。惜しかったシュートは、大久保のミドルくらいのもので、あとは枠に飛んだシュートは数えるほどだったし。一応これで勝ち点1をゲットして、最終戦の結果次第ではグループリーグ突破も可能とはいえ、かなり厳しくなったのは間違いなし。せめて最後の試合くらいは勝ってほしいと思うものの、その相手がグループ最強のコロンビアではなかなかそれも厳しそうだ…。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/20 15:12:52