INFOINFO
MAILMAIL

2014年 6月 7日(土)

* 首位湘南2連勝、磐田2位浮上 J2 - J2ニュース : nikkansports.com

首位の湘南が富山を1-0で下し、2連勝で勝ち点を48に伸ばした。

磐田は水戸に競り勝ち、引き分けた松本と同34で並び、得失点差で上回って2位に浮上した。

岐阜に勝った大分が同29で4位に上がった。

ワールドカップ中も中断のないJ2は第17節。首位を行くベルマーレは下位のカターレ相手に苦戦するも終了間際の決勝点で1-0で勝って勝ち点48。2位の松本山雅は4位のファジアーノとスコアレスドロー、3位のジュビロはホーリーホックに1-0で勝ち、ともに勝ち点34で並ぶも得失点差でジュビロが2位。
3連敗中のサンガはホームに下位に低迷するヴェルディを迎えての一戦。もっとも、ここ3戦、下位のチームに取りこぼしているわけで、今日も前半はほとんどいいところなし。後半もシュート数が少なく、頼みの大黒もいまいちだったんだけど、終了間際にゴール前の混戦から三平がこぼれ球を押し込んで辛くも1-0で勝利。4試合ぶりの白星で勝ち点26の7位だけど、2位グループとは勝ち点差8。今のチーム状況では、この差はかなりデカいなぁ…。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/08 00:29:55

* 日本代表、4―3で逆転勝ち サッカー・ザンビア戦:朝日新聞デジタル

サッカーの日本代表(世界ランク46位)は6日(日本時間7日)、米フロリダ州タンパでザンビア(76位)と強化試合で対戦し、4―3で逆転勝ちした。

日本は前半9分に先取点を許し、29分にはCKから2点目を奪われた。40分にFW本田(ACミラン)のPKで1点を返すと、後半28分にFW香川(マンチェスター・ユナイテッド)のゴールで追いつくと、2分後に本田のこの日2点目でリードした。44分に同点とされたが、ロスタイムにFW大久保(川崎)が勝ち越しゴールを奪った。

サッカー日本代表は、ワールドカップ前の最後の調整試合となったザンビア戦を行ったけども、4-3で辛くも勝ったねぇ。もっとも、内容的には負けに等しかったような。ってか、ザンビア、強いよ。身体能力が高い上に、チームとしてもまとまっていて戦略もきちんとしてたしねぇ。日本サイドではやはり大久保選手が出色。逆に、香川選手と本田選手が相変わらず細かなミスを連発しているのが気になるところ。これで、次戦は15日のコートジボワール戦。いよいよだなぁ。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/07 15:19:50

* ダル6勝目 7回9安打4失点も粘投 - MLBニュース : nikkansports.com

レンジャーズ・ダルビッシュ有投手が6勝目を挙げた。7回を投げ9安打4失点、3四球8奪三振。防御率は2・36となった。

2回に4点の援護をもらった。しかし3回に3ランを浴び1点差。4回にはソロ本塁打を許し4-4同点に追いつかれた。

それでも5、6、7回を無失点に抑え降板。降板直後の7回裏に味方がチョイスのソロ本塁打で勝ち越し、勝利投手の権利を手にした。

レンジャーズのダルビッシュ投手が、昨日のインディアンス戦に登板、7回を9安打4失点とやや乱れたんだけど、交代直後に打線が勝ち越してくれたおかげで勝利投手になったんだね。これで3連勝で6勝2敗。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/07 15:11:53

* 上地が初優勝、国枝は5度目V 車いす部門 全仏テニス:朝日新聞デジタル

車いす部門の男女シングルスで、日本勢が快挙を成し遂げた。女子世界ランキング2位の上地は力で押すオランダ選手に粘り強いストロークで対抗して勝ちきった。兵庫県出身の20歳で、4大大会では初の優勝。「本当にうれしい。でも私の最大の目標はリオ(パラリンピック)にある」と早くも再来年の大舞台を見据えていた。

男子では、同ランキング1位のベテラン国枝が地元フランス選手に貫禄勝ち。通算5度目の全仏制覇だが、アベック優勝には喜びもひとしおの様子。

一方、こちらは車いす部門だけど、なんと男女ともに日本人選手が優勝したんだね。男子の方はベテランの国枝慎吾選手で全仏では2007年から2010年の4連覇に次いで5度目の優勝。女子の上地結衣選手はシングルスではグランドスラム初制覇なんだけど、女子ダブルスもイギリスのホワイリー選手とのペアで優勝していて、こちらは全豪オープンに次いでグランドスラム2大会優勝。男女シングルスで日本人選手のアベック優勝は初。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/07 09:53:21

* ナダルとジョコビッチ、決勝へ 全仏テニス:朝日新聞デジタル

テニスの全仏オープン第13日は6日、パリで男子シングルスの準決勝があり、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第18シードのエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を6―3、6―3、3―6、6―3で破り、2年ぶりの決勝進出を決めた。

また、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は第7シードのアンディ・マリー(英)を6―3、6―2、6―1で下し、大会5連覇に王手をかけた。

テニスの全仏オープンは男女シングルスとも決勝を残すのみとなったけど、波乱の多かった女子に比べ、男子では第1シードのナダル選手と第2シードのジョコビッチ選手が決勝に進んだんだね。ナダル選手は現在4連勝中だけど、2012年にはジョコビッチ選手に勝ってるんだよな。さて、2強対決、どうなるか。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2014/06/07 09:41:56