INFOINFO
MAILMAIL

2012年 2月25日(土)

* 地デジカ、受験生を出迎え 京大「折田先生像」 : 京都新聞

2次試験が始まった京都大の吉田南キャンパス(京都市左京区)に25日、恒例の「折田先生像」が登場した。今年は、テレビの地上デジタル放送(地デジ)化のマスコットキャラクラー「地デジカ」が受験生たちを出迎えた。
(中略)
久々の登場の地デジカで、注意書きには「お酒の飲み過ぎにはご注意下さい」と新入生へのアドバイスともとれる一文や自虐的な表現もあり、試験を控えた受験生を和ませた。

今年も恒例の「折田先生像」が京大に登場したけども、今年は「地デジカ」というなかなか微妙なキャラクタに。20年くらい寝かしてからの方が良かった気がしないでもないけども、最近はすっかり見なくなったので懐かしさもあるか(笑)。

タグ : [  コラム | キャラクタ | 学問  ]      Posted by “Lupin” on 2012/02/25 14:07:57

* @nifty:デイリーポータルZ:27年前のガイドブックでラーメン屋巡り

今回は1985年に出版されたガイドブックに載っているラーメン屋を巡りたいと思う。27年という時を経ても残っているラーメンは絶対に美味しいはずだ。

地主さんの恒例コーナーになった感のあるガイドブック温故知新編(笑)、今回はラーメン。しかしガイドブックは1985年発行だそうで27年前は結構新しいと思ってしまうなぁ。ちなみにその年にはすでに関東に住んでいたなぁ(遠い目)。で、店の味が良くても、貸店舗だったりすると続けられなかったりするだろうし、自前の店でも繁華街だと区画整理みたいな場合もありそうで、今回は2/4だったか。笹塚の「代一元」が出てたけど、あそこも移転してたんだねぇ。

タグ : [  デイリーポータルZ |   ]      Posted by “Lupin” on 2012/02/25 14:01:52

* @nifty:デイリーポータルZ:巨大深海魚を釣って食べたら尻から油が!!

お尻がどうこうならまだいいが、仮にも流通が禁止されるような魚である。食べる量や体質によっては健康に重大な害を及ぼす可能性もあるのだ。
食べる機会に恵まれたら自己責任で試してみるのもいいかもしれないが絶対に味見程度にとどめておこう。

深海魚の「バラムツ」を釣って食うって企画だけど、この魚、記事にも触れられているように流通が禁止されている魚。しかも、厚労省の食中毒関連のページでも「異常脂質」として掲載されていて、「食用禁止」となっていたり…。今回は肛門から油が滲み出る程度だったようだけど、油が皮膚からしみ出す皮脂漏症という症状を引き起こす場合もあるようなので多食は厳禁。この人の記事、結構「自己責任で」ってのが多いけども、あんまりこういうのは記事にしない方がいいと思うんだけどねぇ…。

タグ : [  デイリーポータルZ |   ]      Posted by “Lupin” on 2012/02/25 13:44:29

* スポーツナビ|ニュース|オールジャンル|宮市を初招集、海外組は長友、ハーフナーら=サッカー日本代表

GK:
川島永嗣(リールス/ベルギー)、山本海人(清水エスパルス)、西川周作(サンフレッチェ広島)
DF:
駒野友一(ジュビロ磐田)、今野泰幸(ガンバ大阪)、栗原勇蔵(横浜F・マリノス)、伊野波雅彦(ヴィッセル神戸)、長友佑都(インテル/イタリア)、槙野智章(浦和レッズ)、内田篤人(シャルケ04/ドイツ)、吉田麻也(VVV/オランダ)
MF:
遠藤保仁(ガンバ大阪)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)、増田誓志(鹿島アントラーズ)、細貝萌(アウクスブルク/ドイツ)、柏木陽介(浦和レッズ)
FW:
藤本淳吾(名古屋グランパス)、李忠成(サウサンプトン/イングランド)、岡崎慎司(シュツットガルト/ドイツ)、ハーフナー・マイク(フィテッセ/オランダ)、乾貴士(ボーフム/ドイツ)、宮市亮(ボルトン/イングランド)

来週の水曜日に行われるワールドカップアジア3次予選の最終戦となるウズベキスタン戦に招集されるメンバーが発表になったけど、今回は海外チームのメンバーも呼ばれてるんだね。すでに最終予選進出を決めているので、てっきり今回は昨日の親善試合のメンバー同様に国内組だけで行くのかとおもってたんだけども。まぁ、代表クラスが集まれる試合はそう多くないので、連携などを高める上では不可欠ということか。で、イングランドの宮市が初招集されたけども、今回は様子見ってところかな?

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2012/02/25 13:23:07

* 「宍粟市」何と読む?…難しさ逆手にPR : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読めない、書けない、どこにあるか分からない――。そんな汚名を返上しようと、兵庫県宍粟(しそう)市は24日、読みづらいとされる市名をPRするCMコンテストを2012年度に開催すると発表した。
(中略)
コンテストの詳細は未定だが、9月をめどに募集要項や審査基準をまとめる。全国から50の映像作品を集めることを目標にし、賞金は最優秀20万円、優秀5万円(2本)、入賞1万円(4本)。名刺に「しそう」とふりがなを入れている田路勝(とうじかつ)市長は「私の名前も読みにくいが、宍粟の名前をまず広めることで、観光資源や特産品の知名度アップにつなげたい」と話している。

以前、千葉県の匝瑳市(そうさし)でも似たような話があったけど、この宍粟市(しそうし)もたしかに読めんねぇ。でも、そこの市長がまた難読さんだったりするのがすごいな(笑)。

Posted by “Lupin” on 2012/02/25 13:17:28