INFOINFO
MAILMAIL

2011年 1月18日(火)

* asahi.com(朝日新聞社):阿久根の壁画、新市長が塗り替え指示 「竹原流」の象徴 - 社会

絵は市が予算500万円で神奈川県藤沢市のエアブラシアーティスト、清田定男氏(71)に委託。竹原前市長が議会を通さず専決処分した。
(中略)
清田氏は取材に「竹原氏のために一生懸命やってきた。僕の遺産だ」と力説。著作権問題は「(竹原氏の)反対派が騒いでいるだけ。パロディー、パクリは文化だ」と主張する。

少し前から話題になってた阿久根市の壁画だけど、この作者の人の言い分もすごいねぇ。「パロディー」と「パクリ」は別物だし、「パクリ」は文化じゃないと思うけどなぁ。「アーティスト」と名乗るなら、オリジナルの画で勝負したほうがいいんじゃないの?

タグ : [  ニュース | 文化 | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/19 00:49:36

* asahi.com(朝日新聞社):ナスカの地上絵に人の頭? 山形大グループ、新たに発見 - 社会

人の目、口、耳とみられる縦4.2メートル、横3.1メートルの絵と、動物に似た縦2.7メートル、横6.9メートルの絵で、黒い石を除いて白っぽい地面を露出させる手法で描かれているという。人の頭部の地上絵は珍しい。近くに人間の頭部のミイラが見つかった神殿の遺跡があることから、研究グループは「神殿との関係など、地上絵の謎を解く手がかりになる」としている。

へぇ、いまだにナスカで新しい地上絵が発見されるのか。まぁ、場所によっては、すでに一部が浸食されていたり崩れたりして消えつつあるものもあるんだろうなぁ。でも、このあたりになると、かなり強引に絵を想像しないと判別できないのかもしれんな(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2011/01/18 22:57:41

* @nifty:デイリーポータルZ:片栗粉がごちそうだった頃

子供の頃、甘いものが欲しくなるとよく母親に「カタクリコたべた~い」とねだっていた。ずいぶん荒っぽいオヤツ事情、戦後の子かワシは。
とはいえ粉をそのままサフサフ食べるわけではもちろんない。懐かしの好物を、今あらためて味わおう。

えっと、これっていわゆる「くず湯」に近いものだよね。たしか「くず湯」には生姜を入れるけども、子供向けだから生姜なしだったのかな? でも、作り直したものは、もっと固形化されてるので、温かなわらびもちみたいな感じか。櫻田さんのネタのわりには、なんともまったりした感じで、こういうのもたまには悪くないかも(笑)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 文化 |   ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/18 17:20:57

* @nifty:デイリーポータルZ:キッズスペースという名の小宇宙を巡る

ここでママさんたち数人がチャレンジしていたのだが、しばらくして「○○ちゃん、できたよー!」と店内の子供を呼んでいた。立場が逆転している。

スーパーなどでは良く見かけるキッズスペースだけど、大型店舗などでは結構常備されているもんなんだね。っていうか、本屋のキッズスペースってのは初めて見たような気がする。そして、さすがだと思ったのはトヨタ。CMではこども店長をフィーチャーしてるけども、やはり子供をうまく狙っているなという感じだねぇ(笑)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 生活 | 見学  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/18 13:41:21

* asahi.com(朝日新聞社):近所に親しい人、いない 中高年男性4割 女性より孤独 - 社会

「親しくしている家族・親類、近隣、友人の人数」については、「家族・親類」3.88人、「友人」3.13人、「近所の人」2.46人だった。男性は女性と比べ、親しい人が少ない傾向にあり、男性の44.6%が親しく付き合っている近所の人が「いない」と答えた。
(中略)
働く意欲は「高齢期(65歳以上)に働きたい」という人は約6割。70~74歳でも47%が「働きたい」と答えた。

まぁ、男性の場合は家にいるよりも仕事に出ている方が多いわけで、近隣のコミュニティーには参加していないだろうから、この結果はとくに驚く内容じゃないかもね。まぁ、隣近所でもあいさつ程度で済む関係も多いだろうし。それよりも、いわゆる「定年退職」後も働きたいと思っている人って多いんだねぇ。そっちの方が驚きだわ。

タグ : [  コラム | 生活 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/18 13:25:58

* asahi.com(朝日新聞社):演出家の和田勉さん死去 80歳 - おくやみ・訃報

1930年三重県生まれ。テレビ放送が始まった53年にNHKに入局。一貫してドラマ演出に携わり、女優の魅力を引き出す力量が高く評価された。57年の「石の庭」から立て続けに芸術祭奨励賞を受け「芸術祭男」の異名をとった。「天城越え」(78年)「心中宵庚申」(84年)は芸術祭大賞を受賞。代表作はほかに「竜馬がゆく」「ザ・商社」「けものみち」など。

87年にNHKを退職してフリーに。映画も「ハリマオ」(89年)、新藤兼人脚本の「完全なる飼育」(99年)を監督した。民放のバラエティー番組にも出演し、バイタリティーあふれる「ガハハのおじさん」と親しまれた。

そういえば、最近テレビでは見なくなったと思ってたけども、がんで闘病生活をされていたのか。テレビでは下ネタで豪快に笑い飛ばす、ちょっと下品なおじさんのイメージが強いけども、演出家としての力量はすごい人だったんだね。ご冥福をお祈りします、合掌。

タグ : [  ニュース | 芸能 | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/18 13:18:24

* asahi.com(朝日新聞社):残った残った、開業以来の売れ残り5364枚 大相撲 - スポーツ

大相撲初場所9日目の入場券は17日、5364枚が売れ残り、今場所3日目の5118枚を上回って、1985年1月の現国技館開業以来の最多記録となった。

「ノコッタ、ノコッタ」は、行司が取組中に力士に掛ける言葉だけども、まさかチケットがこんなにも売れ残っているとはねぇ。まぁ、現在の幕内力士の外国人の占める割合とか、白鵬一強状態ではなかなか客も呼べないってところなんだろうねぇ。早いところ、日本人の横綱が誕生してほしいところだけども、大関にすら昇進できない状況ではそれもまだまだ道険しって感じかなぁ…。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 経済  ]      Posted by “Lupin” on 2011/01/18 13:14:48