INFOINFO
MAILMAIL

2010年12月16日(木)

* asahi.com(朝日新聞社):「校庭芝生、部活に支障」保護者がはがす 大阪・岸和田 - 社会

一部の保護者らは12月初旬、グラウンドに重機を持ち込み、野球とソフトボールに使用している約3千平方メートル分について無断で芝生をはがしたという。

このニュース、新聞に出てたのを読んで、なんとも大それたことするな、と思ったんだけど、この整備前後の写真を見比べてみると、なるほどここまでやりたくなる理由ってのがわかる気がするな(^^;)。っていうか、まさかトラック部分まで芝生化されているとは思わなかったし。これって、芝生化することでグラウンドとしての機能を損ねているような気がせんでもないわけで…。

タグ : [  ニュース | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 20:52:13

* @nifty:デイリーポータルZ:山崎蒸留所は酒飲みの天国だった

利休に誘われ山崎まで足を運んでみたら、思わぬ所で新たなお楽しみを発見できた。ウイスキーの製造工程を見学でき、試飲ができて、原酒を飲む事もできる。いやはや、素晴らしい所ですな、蒸留所って。

をを、ウチの近所、っていうか、隣町だ。で、ここは一度見学に行きたいと思ってたんだけど、そうか日によっては事前予約なしでも見学できるのか。ちなみに、ここの隣町にはサントリーのビール工場もあって、そちらも工場見学できるので、せっかくここまで来るんなら、蒸留所とハシゴしてみるのもいいかもね。

タグ : [  デイリーポータルZ | 見学 |   ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 20:42:13

* @nifty:デイリーポータルZ:古代のアイロンでTシャツを作る

先日、48時間の七輪生活をやったのだが、そのとき使った鍋が、厚みといい重みといい、火のしにしてくれと言わんばかりの造形だった。
というわけで、さっそく炭火を投入した。

1回のネタで2度おいしい、ネタ不足のライターさんにはもってこいの企画(笑)。っていうか、まだまだ思いっきり木炭が余ってるようにも見えるので、第2弾、第3弾があるのかもしれんな。しかし、「スミビ・デ・ノッシェル」のTシャツ、ちょっと欲しいかも(^^)。

タグ : [  デイリーポータルZ | 実験 | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 20:26:09

* asahi.com(朝日新聞社):譲れない「・」 科学技術か科学・技術か、専門家バトル - サイエンス

「科学技術」の言葉の歴史を論文にした徳山高専(山口県)の平野千博校長によると、「科学」は幕末から明治にかけて使われるようになった。当初は「個別学問」というような意味で、だんだん「サイエンス」の和訳に近い意味で使われるように変わった。

「技術」は江戸時代には使われていたが、教養を意味するような使われ方で、明治になって今の意味に近い使われ方になったという。

「科学技術」が公文書で使われ始めたのは1940年ごろ。戦時色が強くなったころで、科学技術で国家が直面する課題の解決に貢献しようとする技術系官僚の運動が背景にあったと分析している。当時は「科学及技術」という表現が一般的で、戦後に、科学と技術が一体化した概念を表す言葉として定着していったとみられる。

あぁ、この論争、ちょっと小耳にはさんだことあったけども、争っている当事者たちにとっては重要なことなんだろうねぇ。ま、一般人にとっては、どっちでもいいんじゃないの、って気しかしないけども。とりあえず「てんで話にならない」状態にならないようにしてください(をぃ)。

タグ : [  コラム | 言葉  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 15:20:59

* asahi.com(朝日新聞社):薄型テレビの上か前か 鏡餅、「お茶の間」変化に対応 - 社会

お正月用の鏡餅が進化している。今年、家電エコポイントで販売台数が急増した薄型テレビにはさんで飾るタイプや、インテリアとして壁にかけるタイプ……。新潟県に集中する包装もちメーカー各社は、「お茶の間」の姿の変化に伴い、知恵を絞っている。

あぁ、たしかに、私が子供の頃なんかは、市販の小さな鏡餅はテレビの上に置いてあるのが普通だったけども、最近のテレビは薄型になってるから、そのスペースはなくなってんだねぇ。そういう状況では、なかなか餅屋も大変なんだなぁ(^^;)。

タグ : [  コラム | 文化  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 15:16:59

* asahi.com(朝日新聞社):太陽ならぬ「太腿がいっぱい」ダジャレ競輪カレンダー - 社会

洋画ポスター風のダジャレカレンダーを作ったのは、豊橋競輪を運営する市産業部の競輪事務所。競輪場内の宣伝ポスターで使ったデザインの中で、好評だったものを採用した。
(中略)
そのほかのコピーも、すべて競輪用語や自転車について盛り込んだ。モデルは一般から公募したほか、豊橋競輪をホームバンクにする選手たちが務めた。

うはははは、「太腿がいっぱい」に「ウエストサイズ物語」、それに「チャリリンズ・エンジェル」とは、なかなか凝っていていいんじゃないか、これは。ちょっと欲しいかも(笑)。

タグ : [  コラム | 文化 | 映画  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 15:14:19

* asahi.com(朝日新聞社):1人暮らし、都会の死角 自宅トイレに8日間、女性救出 - 社会

1階の郵便受けに新聞が山ほどたまっていた。隣の部屋に住む夫婦は「全く気づかなかった」と語った。「一人暮らしとはこういうことか」。下田さんはつくづく感じたという。
(中略)
国崎さんは「閉じ込め防止策として、そもそもトイレのドアは閉めない方がいい。不作法なようだが、どうせ一人暮らしなのだから」と話す。

あぁ、これねぇ。まぁ、ある意味、自分の不始末のせいなんだけども、別に閉じ込められることに限ったわけじゃなくて、たとえば倒れてたまたま打ち所が悪かったとか、急な病気に襲われたときとか同じような状況に陥るわけで、一人で暮らすってことはそう言ったこともあり得ることは想定しとかないとね。ま、想定しても実際にはなにかするってわけじゃないんだけども(笑)。

タグ : [  コラム | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2010/12/16 14:26:45