INFOINFO
MAILMAIL

2020年 4月 8日(水)

* 最近の音楽生活 by Amazon Music Prime    [  音楽  ]

 昨年の秋からふたたび「プチ引きこもり生活」に戻ったわけで、火曜日と金曜日のテニス・レッスンを除けば、出掛けるのは散歩と食事だけで、それ以外はほぼ自室で小説家を読んだりゲームをしたりでダラダラと過ごしているわけですよ(^^;)。あぁ、自堕落バンザイ(笑)。

 で、そうやって自室で暇つぶししていると、やっぱりなんか音が欲しくなる(ゲーム時もBGMはほとんど流さない人なので)わけで、最近はもっぱら“Amazon Prime Music”をiPadからBluetooth経由でCreative D80に流して聴いてる感じ。いやぁ、“Amazon Music Unlimited”じゃないとこらが貧乏くさいけどな(^^;)。

 んで、もっぱら聴いてるのが「大人向けポップス」というラジオ、っていうかPodcastかな? わりと渋めの選曲で、いわゆる“AOR(Adult-Oriented Rock)”とか“AC(Adult contemporary music)”とか呼ばれているジャンルの曲が多い感じかな。さらに“Amazon Prime Music”だと楽曲単位でお気に入り設定ができるので、好みの曲が流れてきたら"Like"をタップしてカスタマイズしたり。おかげでどんどん好みの曲が流れるようになってステキなことに(^^)。もっとも、残念ながら自分がお気に入りした曲の一覧は表示できないようなので、それに気付いてからは"Like"と同時にマイリストに登録してるんだけどね(マイリストは一覧表示可能)。
 なお、ラジオの楽曲のラインナップは不定期に入れ替わっているようで、2~3週間くらいするとときおり聴いたことのない曲が流れてきたり。

 もともとAORやACは好みのジャンルなんだけども、「大人向けポップス」で流れてくる曲はほとんどが聴き馴染みのない曲ばかり。いやぁ、個人的には90年代は“J-WAVE”を愛聴していたこともあって、結構洋楽にも親しんでいたんだけど、こっちに戻ってきてからは洋楽と接する機会がほとんどなくなっちゃったんで、00年代の中盤以降の洋楽はさっぱりで、ここで流れている曲はちょうどそのくらいの年代の曲が多かったと。有名どころだとエド・シーラン(Ed Sheeran)とかレディー・ガガ(Lady Gaga)、マルーン5(Maroon 5)あたりはもろにこの年代だよねぇ。

 そんなわけで半年くらい聴き流していた結果、いろいろお気に入りのシンガーや曲が溜まってきたので、ちょっとご紹介。以下、Youtubeから楽曲を貼っつけたりしてて無駄に長いのでご注意を。

 さて、今、マイリストに登録されている曲は70曲近くあるんだけども、その中でもっとも多いアーティストがサム・スミス(Sam Smith)。2014年デビューで今年28歳だそうだけど、めちゃくちゃ渋い。曲だと“Burning”, “Palace”, “Stay With Me”, “Too Good At Goodbyes”, “No Peace”あたりが好みなんだけど、この人、まだアルバムは2枚しか出してないのよね。そんわけで、2017年リリースの2枚めのアルバム“The Thrill of It All”を購入してみたり。
 どの曲も好きなんだけけど、とりあえず“Burning”を貼っておこうか。


 続いてはこちらも2011年デビューの29歳ながら、すでに大御所的な雰囲気のあるエド・シーラン(Ed Sheeran)。この人の曲だとやっぱり“Perfect”だよね。で、Official Videoもいいんだけども、ここはFan videoを。

 ちなみに、エド・シーランだと“Photograph”とか“Shape of You”あたりも好き。


 次は2010年デビューの28歳、チャーリー・プース(Charlie Puth)で“Dangerously”を。

 彼の曲だと、“Left Right Left”や“Marvin Gaye (feat. Meghan Trainor)”なども好み。


 次はイギリスの4人組グループのコールドプレイ(Coldplay)。この人達はデビューが1997年で以前から名前は知ってたんだけど曲をじっくりと聴いたのは初めてだったかな。彼らの曲からは2017年の“Something Just Like This”を。

 あとは“Everglow”や“Hymn for the Weekend”なんかも好き。


 次もグループで2008年デビューのイマジン・ドラゴンズ(Imagine Dragons)から、2017年の“Whatever It Takes”を。

 この曲以外だとデビューシングルの“It's Time”や“Thunder”なんかが好き。


 さらにもう一組、2010年デビューのイギリスのバンド、ルディメンタル(Rudimental)で“These Days”。


 同じく男性ボーカルグループのルーカス・グラハム(Lukas Graham)。最初、ソロシンガーかと思ってたらグループだったんよなぁ(笑)。メジャーデビューは2015年で、曲は全米1位にもなった“7 Years”を。


 さて、ここまで何故か全部男性ボーカル(グループ)ばかりだったんだけど、次は女性ボーカルでケシャ(Kesha)を。この人は2005年デビューか。曲は2017年リリースの“Praying”。


 次も女性ボーカルでシーア(Sia)。この人は1993年デビューだからわりとベテランさん。彼女の曲からは、映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」で使用された“Helium”を。

 この曲以外だと“Step By Step”とか“Cheap Thrills”も好み。


 続いても女性ボーカルで2006年デビューのレオナ・ルイス(Leona Lewis)で、曲は“Bleeding Love”。


 こちらも女性シンガーで2003年デビューのレイチェル・プラッテン(Rachel Platten)。2015年リリースの“Fight Song”は日本でもヒットしたそうだけど、紹介するのは同じ2015年リリースの“Stand By You”を。


 あぁ、大物を忘れてた(笑)。レディー・ガガ(Lady Gaga)は2005年デビューで、人気が出たのは2008年頃か。彼女の曲だと2016年リリースの“Million Reasons”が好き。


 あとはビービー・レクサ(Bebe Rexha)の“Meant to Be”、ショーン・メンデス(Shawn Mendes)で“Mercy”、ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)の“A Moment Like This”なんかも好みだわ(^^)。

 まぁ、でもあれだね。お気に入りの曲を聴きながら、ぐうたらに過ごすのって最高だわ(笑)。

Posted by “Lupin” on 2020/04/08 21:44:37
コメント (2件)

自分の趣向にあわせてくれるってのが素敵ですね。
私も試してみようかなぁ~

コメント posted by “かずや” on 2020/04/09 22:16:39

最初はわりといろんなアーティストの音楽が流れていましたけども、2~3週間くらいで好みの系統の音楽が増えて快適になりました(^^)。
amazonプライム会員なら無料で使えるのでぜひお試ししてみてください。ラジオも結構種類があるようですし。

コメント posted by “Lupin” on 2020/04/10 00:28:41
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。