INFOINFO
MAILMAIL

2019年 8月29日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・239回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からやや雲の多い空模様。ただ、雨の気配はなくて、次第に雲も減り、午後からは陽の射す時間も。もっとも夜になって弱い雨がぱらついた時間もあったりして、天候は相変わらず不順。日中の最高気温は32.8度で、先日までの猛暑っぷりはすっかりと影を潜めて、残暑って感じになってきたねぇ。


 そんな木曜日は午後からお出かけ。天気も悪くなかったので歩こうかとも思ったものの、でかけた時間が少し遅かったので地下鉄へ。河原町三条で昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎだったんだけど、すでにテーブル席の空きは1席のみで、すぐにその席も埋まって平日の日中とは思えない盛況っぷり。お客さんのお一人が、めちゃくちゃ豪華なチェスセットを持ってきてらして注目を集めていたり(ゲーム盤がカロムと同じくらいの大きさだったもんな)。

 で、フリー卓には久しぶりにベーグルさんのお姿が。なんでも4月以来のご来店だそうで、ずいぶんとご無沙汰でしたわ。で、店長がベーグルさんに「レス・アルカナ」(Res Arcana)をインストされているところで、インストが終わったら混ぜていただくつもりだったんだけど、その後、チャバさん、ソガさん、男性のお客さんと次々といらして、私は遠慮することに(^^;)。

 ということで、カウンター席で一人で「ブロックス パズル」(Blokus Puzzle)を。

「ブロックス パズル」 「ブロックス パズル」

 「ブロックス」(Blokus)を使ったパズルゲームで、盤面に指示されたパーツを使って2つのパーツを繋ぐ「つなぎゲーム」、盤面に印字された★をすべて埋める「星とりゲーム」、盤面に印字された×を埋めないようにパーツを配置する「×外しゲーム」の3種類のゲームが用意されている。
 前回に少し遊んだ続きで、3種類のゲームを順に1つずつ解いて行き、それぞれの7問目までをクリア。問題は全部で16問ずつ用意されているので、もうしばらくは遊べるかな(笑)。


 で、1時間近く一人で遊んでたんだけど(^^;)、さすがに飽きたので手の空いたななさんと2人で「ベルズ」(Bellz!)を。

「ベルズ」 「ベルズ」

 磁石の棒で鈴を釣り上げるだけの簡単なゲーム。2人だと結構お邪魔な鈴が多くなるんだけど、どちらも磁石の棒の上下を使い分けて結構うまく釣り上げてゆく。1戦目はななさんが、2戦目は私が勝っての決戦の3戦目。序盤からリードを保って、残り1つまで到達するものの、最後にななさんに3連を釣り上げられて逆転負け。いやぁ、接戦で手に汗握ったわ~(笑)。


 ここで、何度かご一緒したことのある若い女性のお客さんがいらしたので、ななさんと3人で「トゥキ」(TUKI)を。

「トゥキ」 「トゥキ」

 4つの色付きのパーツと1つの白いパーツを組み合わせて、指示された形を作ってゆくパズルゲーム。とりあえず、色付きパーツを4つ使う「上級モード」でプレイしたんだけど、女性が初プレイだったこともあって序盤からななさんと私が常にトップ争い、だいぶ遅れて女性が完成というパターンが続く。
 一旦、ななさんが接客で抜けられたので、色付きパーツを3つ使う「通常モード」を女性にプレイしていただいて慣れてもらおうと思ったんだけど、「通常モード」にも結構いやらしい組み合わせにものもあるんだねぇ。その後、ななさんが戻られたので「上級モード」で再開。女性が5枚目のカードを取られたので最後はななさんとの一騎打ちとなったんだけど、ほぼ同時完成で引き分け。
 女性はあまりこの手のゲームは得意じゃないようだったので、ちょっとチョイスをミスったかな(^^;)。


 ここで「レス・アルカナ」卓が空いたので合流して6人に。チャバさんが「何かワード系のゲームを」とリクエストされたので、前回にやりたいとおっしゃっていた「私の世界の見方」(Wie ich die Welt sehe...)を。

「私の世界の見方」 「私の世界の見方」

 私以外は初プレイだったのでインストしてからプレイ。本来は勝ち親になるんだけど、今回は全員がお題をチョイスできるように親は持ち回りにしてプレイ。ほとんどの方と馴染みが薄くて、どういう系統が喜ばれるのかがわからないので、基本的にはウケ狙いで(笑)。それが功を奏したのか、序盤からわりと回答を選んでいただける。中盤からはベーグルさんもいい感じでポイントを稼がれたんだけど、結局、親を2周回して12戦してベーグルさんが3点、私が4点でトップ。まぁ、ゲーム慣れしている分だけ有利だったかな。


 ここで男性がお帰りになって5人になったので「ラマ」(L.A.M.A.)を。

「ラマ」 「ラマ」

 ベーグルさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤からチャバさんが3連続で上がられるという無双状態。私は相変わらずなかなか上がれずに徐々に負けチップを増やしていたものの、比較的毎回のマイナス点は多くなかったので、なんとか破綻せずに粘る。ベーグルさんが-38点、ソガさんが-33点と崖っぷちに追い込まれての最終戦、マイナス点のかさんでいる方々が降りられない状況となってよく回るようになり、運良く私が上がり。いやぁ、このゲームで上がったの、いつ以来だろう(笑)。で、最後に10点チップを返却できたこともあって、終わってみればトップ(^^)。


 次も同じメンバーで「イト」(Ito)を。

「イト」 「イト」

 1~100の数字カードを小さい順に出してゆく「ザ・マインド」(The Mind)に似たゲーム。面白いのは、お題で出されたテーマに沿って各自に配られた数字の大きさを申告できるという部分。お題には「好きな洋食」や「強そうなキャラクター」などの順位付けができそうなものが出てくるので、それに見合った商品などで順番を相談できる。
 今回出たお題は「好きな洋食」「好きな飲物」「格好いい名字・名前」あたりだったかな。「好きな洋食」で1枚をなんとかクリアしたものの、2枚モードになってからがなかなか鬼門。「好きな飲物」では「オロナミンC」と「レッドブル」と「モンスター」が並び、「格好いい名字・名前」では「佐藤さん」「田中さん」「山田さん」「清水さん」などが並んで、どれが格好いいかで喧々諤々。まぁ、どちらも見事に近しい数字だったんだけどね(笑)。
 結局、2枚モードでライフを3個使い切ってクリアならず。オリジナルの「ザ・マインド」に比べて、わいわいと遊べるのはいい感じだけど、お題が結構難しくて、世代や性別でギャップが出るものが多いので、これは親しいお友達向けって感じかも(^^;)。
 ちなみにプレイ人数は2~10人で、想定プレイ時間は約30分。1枚からスタートして、3枚までクリアしたら勝利。なお、今回プレイしたのは「クロイイト」という協力ゲームだったんだけど、裏切り者が紛れ込む「アカイイト」というゲームモードも用意されている。


 続いても同じ5人で「スティックスタック」(Stick Stack)を。

「スティックスタック」 「スティックスタック」

 ソガさん以外は初プレイだったのでインストしてからプレイ。とはいっても説明することは殆どないんだけどね(笑)。序盤は比較的安全に中心に片方を挿すスタイルで放射状に広がる流れ。ただ10本過ぎたあたりからスティックに上乗せされる状況が進み、徐々に体勢が危うく。それでも皆さん、絶妙のバランスでうまく乗せられてゆき、私の目の前に不安定なシロモノが…。はい、そのまま落下ですよね~。
 おかわりの2戦目、途中でソガさんがうっかり3本ほど落とされたものの、中盤以降はいい感じにバランスを保ちつつスティックが増えてゆき、またしても私の番にはゆらゆらと揺れる不安定な盤面が…。えぇ、もちろん期待通りに落としましたとも(T_T)。いやぁ、星のめぐりが悪すぎやろ~。


 ここでソガさんがお帰りになって4人に。何をやるかしばし悩んで「ザ・ゲーム」(The Game)を出すことに。

「ザ・ゲーム」 「ザ・ゲーム」

 私以外が初プレイだったのでインストしてからプレイ。似たようなテイストの「イト」を遊んでいたので、わりとわかりやすいんじゃないかなと思ったんだけど、序盤からカードの引きが悪かったようで、結構早い段階で上り列が破綻しかける。逆に下り列は90台にまで戻ったりしていて、なんとか粘るも山札の残り1枚の私の手番でバーストして終了。まぁ、成功率は通常でもさほど高くないし、初プレイの方が多かったのでこの結果は致し方なしだろう(^^;)。


 ここで19時を回っていたので撤収。比較的軽めのゲームをいろいろ楽しめたので良しってことで。

Posted by “Lupin” on 2019/08/29 23:48:50
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。