INFOINFO
MAILMAIL

2014年 7月21日(月)

* 150年ぶりの雄姿    [  日記  ]

 今朝も朝から夏の強い陽射しが照り付けていたんだけども、ようやく近畿も梅雨明けしたそうで。梅雨明けは昨年に比べるとかなり遅かったものの、平年並みだったとか。まぁ、京都の夏は祇園祭の山鉾巡行とともにやってくるといわれているだけあって、ほぼその通りというところか(^^)。

 んで、その祇園祭だけども、今年はおよそ50年ぶりに山鉾巡行が「前祭」(さきまつり)と「後祭」(あとまつり)の2回に分けて実施されることになったわけで、先日17日に「前祭」が終わった後、24日の「後祭」で巡行する山鉾が市内に設置されているので、それを見に行ってきた。
 ちなみに「後祭」で巡行するのは、巡行順に「橋弁慶山」(くじ取らず)、「北観音山」(くじ取らず)、「八幡山」、「浄妙山」、「鈴鹿山」、「南観音山」(くじ取らず)、「鯉山」、「役行者山」、「黒主山」、「大船鉾」(くじ取らず)の10基。

 で、そのうち、しんがりを務める「大船鉾」は今年150年ぶりに復興されて注目されてるね。

大船鉾(おおふねほこ) 大船鉾(おおふねほこ)

 さすがに今年復興したばかりの鉾で、造りは白木のままなんだけど、船首に飾られた大金幣(写真左)や水引、前掛けなどは約200年前の江戸時代に作られたものだそうで、赤と緑の胴幕は新しく新調したものだとか。白木の部分は来年以降、黒塗りされたり、金具が取りつけられたりしていくそうで、ある意味、この白木の姿は貴重かも。

 で、この大船鉾も拝観料300円を払えば鉾に乗れるんだけど、お昼過ぎに行ったらすでに長蛇の列…。さすがに炎天下、独りで列に並ぶのもしんどいので、鉾に乗るのは来年以降の楽しみにとってきましたわ(笑)。

 あ、あと、今年から各鉾を回って「朱印」(スタンプ)を集めるイベントが催されていたんだけども、こちらも各鉾とも長蛇の列。

スタンプラリーの列

 ちなみに、「後祭」の10基分のスタンプを集めると、記念の手拭いがもらえたんだそうだ。これ、来年以降もやってたら、一度は参加してもいいかな(^^)。

 ってことで、「後祭」に参加する10基の写真はこちらにまとめて登録してあるので、興味があったらご覧ください。

Posted by “Lupin” on 2014/07/21 21:50:00
コメント (2件)

さすがの祇園祭。
みごとな山鉾の数々ですね。
それぞれ個性が有って・・・歴史も感じさせられますね。

京都の夏も、結構暑いのですよね。
若い頃、首にタオルを巻いてスボーツドリンクを片手に真夏のお寺めぐりをしたのを思い出します。

コメント posted by “maru” on 2014/07/27 19:01:59

京都は三方を山に囲まれた盆地ですので、夏は蒸し暑く、冬は底冷えのする住むにはなかなか厳しい気候の街です(^^;)。
まぁ、でも、それぞれの季節で観るものがありますので、それはそれでメリハリが効いていていいのかもしれません(笑)。

コメント posted by “Lupin” on 2014/07/28 00:37:40
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。