INFOINFO
MAILMAIL

2019年 9月23日(月)

* テニスの日・親睦スクール生大会@ホワイティ テニスクラブ    [  日記 | スポーツ  ]

 2週連続の三連休の最終日の今日は朝からどんよりとした曇り空。ただ、九州北部をかすめて日本海を進行していた台風17号の影響はほとんどなくて、ちょっと風が強いかな程度で雨の気配もなし。その台風は10時ころには能登半島沖で温帯低気圧に変わっちゃったそうで、お昼前くらいからは陽が射す時間も増えていたね。あと、台風に南風が吹き込んだせいか気温はやや高めで日中の最高気温は30.7度と「真夏日」になっていたようで、久しぶりに蒸し暑さも感じたかも。


 さて、今日は秋分の日で「テニスの日」でもあるので、いつも通っている桂川のホワイティ テニスクラブでも毎年恒例の「親睦スクール生大会」が開催されていて参加。

親睦スクール生大会 親睦スクール生大会

 毎年の恒例行事なので参加するのは今回で6回目。ただ、今年は3連休の最終日ということもあったせいか、参加者は例年に比べてやや少なくて男女8人ずつの16名の参加ということに。まぁ、ほとんどはスクールのイベントなどで見知った方々で、初見の方は4名だけだったかな。

 で、いつも通り、参加者を適当に組み合わせた即席ペアで試合を行う形式で、ゲームはノーアドバンテージの5ゲームマッチ。今回は参加者も少なかったので5試合を行えることに。
 開会式のあと、まずはサーブ練習を兼ねた「ターゲットテニス」。サービスエリアに置かれた商品をサーブで狙って獲得するという企画なんだけども、今年はまったく当たらずじまい(^^;)。1人に1つの商品が当たることになっていたので、ハズレた人で集まって、じゃんけんで残った商品を獲得することになったんだけど、2番目に勝ち抜けた結果、レッスンのフリーチケット1枚をゲットして大喜び(笑)。

 その後、上下のコートを使って大会がスタート。開始直後の第1試合はミックスダブルス。ペアの女性は一緒にレッスンを受けている女性なので気心もしれていていい感じにプレイ。序盤から2ゲームを連取するも、その後巻き返されて4-4のタイとなるも、なんとかラストゲームを取って、5-4で辛くも勝利。

 第2試合は男子ダブルス。ペアの男性は初見の方で、相手はベテランペア。序盤は互角で2-2となり、そこから2ゲームを連取して7ゲーム目も優位に進めるも、40-40から取り損ねる。ただ、続く8ゲーム目を取って5-3で勝利となり連勝。

 第3試合はミックスダブルス。ペアの女性は初見の年配の方。序盤から押されてリードされて1-3となり、その後1ゲームを取り返すも、続く2ゲームを取られて2-5で敗戦。

 ここで「テニスの日」恒例のボレーボレー大会。ペアでボレーボレーをして、もっとも長くもったペアに商品が出るイベントで、10分を超えるとテニス協会から正式に認定書がもらえる。
 で、近くにいらした男性とペアを組んでチャレンジ。最初に2分間の練習を行ってから、本番にチャレンジするも30秒ほどで失敗して終了。その後、2ペアが残って続けられた結果、女性ペアが優勝。ちなみに、優勝ペアでも1分半くらいだったけどね(笑)。

 ボレーボレー大会のあとの第4試合は男子ダブルス。相手ペアは技巧派とパワー派の組み合わせだったんだけど、序盤からパワーのある男性の早いサーブに翻弄されたりして圧倒され、こちらはまったく良いところもなく5ゲームを連取されて0-5で敗戦。がっかりだ(^^;)。

 最後の第5試合も男子ダブルス。相手の片方の方がここまで全勝で優勝のかかる試合だったこともあってモチベーションの差が歴然で3ゲームを連取されて劣勢に。その後、なんとか粘って2-4とするも、結局そのまま押し切られて2-5で敗戦。

 ということで、結局5試合で2勝3敗という結果に。なお、今回は全勝の方がお二人いらしたんだけど、得失ゲーム差で最初にペアを組んだ女性が優勝。おめでとうございます!

親睦スクール生大会

 大会が終わったのが13時過ぎで、その後17時までコートが開放されて、残ったメンバーで自由に使ってもいいとのことだったので、上下のコートに8人ずつ別れ、それぞれダブルスの4ゲームで回してゆくことに。私は4試合ほど参加した後、15時前に撤収。大会の成績は今ひとつだったけど、朝早くからたっぷりとテニスができたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/09/23 18:27:47

2019年 4月29日(月)

* 昭和の日恒例・親睦テニス大会    [  日記 | スポーツ  ]

 今日も朝からどんよりとした雲の広がる生憎の空模様。予報では午後から雨って話だったんだけど、午後からしばらくはなんとか保って、実際に雨が降り出したのは17時ころになってから。日中の気温は陽射しがなかったのもあまり上がらなかったものの、肌寒いってほどでもなく、そこそこ過ごしやすい感じだったねぇ。


 で、今日は平成最後の「昭和の日」だったんだけど、ここ数年は「昭和の日」の恒例行事になっている「親睦テニス大会」に参加するために、桂川の「ホワイティ テニスクラブ」へ。

親睦テニス大会

 朝9時からの開始ということで、いつもよりも早く起きて、開始15分前にはスクールへ。今回の参加者は男性11名、女性7名の合計18名と例年よりも少なめ。とくに女性の人数が少なかったんだけど、コーチの話ではやはり10連休になったことで、主婦の方々の出席率が落ちているんだとか。
 ちなみに、参加者のうち2/3くらいはスクールのイベントによく顔を出している方で、馴染みもあったのでとくに緊張することもなく(笑)。


 最初にウォーミングアップ代わりのターゲットテニス。単純にサーブを打って、コートに置かれている景品をゲットするってイベントなんだけど、今年もバボラのタオルをゲット。っていうか、このタオル、これで3つ目ですけども(^^;)。ホントは、レッスンチケット3回分が欲しかったのになぁ…。

 その後、試合開始。試合は5ゲーム先取のノーアドバンテージ(40-40でジュースにならずに1本勝負)で、参加者をコーチが適当に振り分けた組み合わせで、1人6試合。

 第一試合は開始直後の試合で男子ダブルス。朝一の試合ということでお互い調子が上がらないなか、2ゲーム連続で40-40から落とすという厳しい立ち上がり。3ゲーム連取された後、1ゲームを取り返すも、その後2ゲーム連取されて、1-5で負け。

 第二試合はミックスダブルス。ペアの女性は金曜日のレッスンでご一緒している方なので、気心も知れていてリラックスして臨めた。序盤は競って2-2となった後、2ゲームを連取し、その後1ゲーム返されるも、次のゲームを取って5-3で勝利。とりあえず1勝できて一安心(^^)。

 第三試合もミックスダブルス。ペアの女性も、対戦相手も初見の方ばかりでやや緊張。3人ともかなり上手い方々だったんだけど、相手のミスに助けられて4ゲームを連取。その後1ゲーム返されるも、続くゲームを取って5-1で勝利。

 第四試合は男子ダブルス。ペアも対戦相手も上級者揃いでだったんだけど、前半は互角で2-2のタイに。ただ、第三試合から連続だったこともあって、やや疲れもあって、ここから3ゲームを連取されて2-5で負け。

 第五試合は変則のミックスダブルスで、こちらが男子ダブルス、相手がミックスダブルスという組み合わせ。ペアの男性が前衛を得意としている方だったので、こちらは後衛でつなぐ展開となり、序盤から3ゲームを連取。その後、1ゲームずつ取って4-2から、なんとか1ゲームを取って5-2で勝利。

 ラストの第六試合は男子ダブルス。対戦相手が上級者2人だったんだけど、なんとか粘って3-3までは互角の戦いに。ただ、その後、先にゲームを取られてそのまま押し切られ、3-5で負け。

 ということで、6戦して3勝3敗だったんだけど、3敗はすべて男子ダブルスだったんだよなぁ。いつものレッスンだと、女性陣を相手にしていることが多いので、男性相手だとやりづらい部分はあるのかもしれんなぁ(笑)。


 大会が終わったのが15時過ぎで、その後はいつもどおりにコートが開放されて、残った人たちでゲームをやる流れだったんだけど、6試合やってそろそろ膝の具合も心配だったのでここで撤収。それでも半日楽しくテニスができたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/04/29 19:39:22

2018年 9月23日(日)

* 親睦スクール生大会@ホワイティ テニスクラブ    [  日記 | スポーツ  ]

 今朝の空はやや雲が多いものの、久しぶりに青空の見えるまずまずの空模様。朝の最低気温は18.5度まで下がっていて、早い時間はちょっと肌寒く感じたんだけど、陽が射したこともあってすぐに肌寒さは消えて、半袖で出歩くにはちょうどいい塩梅だったかな。
 で、明日も今日と同じような天候になるようで、三連休は事前に言われていたよりも天気が良くなりそうだね(^^)。

 さて、今日は秋分の日。秋分の日は「テニスの日」でもあって、この日は恒例となった「親睦スクール生大会」が毎週通っている桂川のホワイティ テニスクラブで行われるので、そちらに参加してきた。

親睦スクール生大会 親睦スクール生大会

 毎年の恒例行事で参加するのは今回で5回目。今回は男女12人ずつのスクール生が参加していたんだけども、例年に比べれば初見の方も多め。とはいえ、半数以上は見知った顔なので緊張感はとくに感じず(笑)。

 大会は9時にスタート。まずはサーブ練習を兼ねた「ターゲットテニス」で、サービスエリアに置かれた商品をサーブで狙って獲得するという企画だけども、今年は1発目で当ててしまってサーブの練習にはならず(笑)。ちなみに、ゲットした商品はフェイスタオルだったので、ハズレ(^^;)。

 その後、上下のフロアに分かれてゲーム。いつも通りに参加者を適当に組み合わせた即席ペアで試合を行う形式で、ゲームはノーアドバンテージの5ゲームマッチ。

 第1試合はミックスダブルス。以前一緒にレッスンを受けていた女性とのペアで、相手の男性は優勝経験もある強豪。お互いにサービスキープで2-2となるも、その後ペースが上がらず、3ゲーム連取されて2-5で負け。残念。

 第2試合は男子ダブルス。相手の男性はパワープレーで圧倒するタイプで強烈なサービスが武器。ただ、当たり外れが大きいので、こちらはコツコツと応戦。前半4ゲームを3-1で折り返し、続く男性のサービスゲームを落とすも、自分のサービスゲームをキープして4-2。次にゲームは40-40まで行って、ラストをせこく取って5-2で勝ち。なんとか1勝をあげて一安心。

 全員が2試合終わったところで、「テニスの日」恒例のボレーボレー大会。ペアでボレーボレーをして、もっとも長くもったペアに商品が出るイベント。ちなみに10分を超えるとテニス協会から正式に認定書がもらえるのよね。
 で、顔なじみの女性とペアを組んでチャレンジ。練習ではいい感じだったのに、本番では5往復くらいであっけなく終了(^^;)。30秒以内にほとんどのペアが失敗する中、いつも金曜日のレッスンでご一緒してる2人組が見事に息のあったところを披露されて、5分超えの記録を達成。普段からペアで試合に出たりされているだけあって見事な息の合い方でした。

 ボレーボレー大会のあとの第3試合はミックスダブルス。ペアも対戦相手もみんな初見の方ばかりでちょっと新鮮(笑)。前半4ゲームを自分のサービスゲームだけ落として3-1とリード。続く自分のサービスゲームをまた落とすも次を取って4-2。ただ、ここから粘られて4-4のタイに。迎えた3度目の自分のサービスゲームは40-40まで競り、ラストは相手のミスに助けられ、3度めのサービスゲームにしてようやくキープして勝ちを拾う。ラッキー!

 第4試合もミックスダブルス。対戦相手の女性はボレーボレーでペアを組んだ方。見知った相手ということもあって、序盤から圧倒し、中盤からはレッスンモード(笑)も発動しての余裕の展開で、5ゲーム連取で勝ち。ちなみにペアの女性は4戦全勝ということに。

 ということで、結局4試合で3勝は上出来の部類。序盤はサーブがやや安定しなかったものの、後半はほとんどダブルフォルトもなく安定。ボレーもそこそこの決定率で、日頃のレッスンの成果はそれなりに出せたんじゃないかな。
 なお、今回は全勝の方がお二人いらしたんだけど、得失ゲーム差で4試合目にペアを組んだ女性が優勝されました。おめでとうございます!

親睦スクール生大会・結果

 大会が終わったのが14時過ぎで、その後17時までコートが開放されて、残ったメンバーで自由に使ってもいいと言うことだったんだけど、私はここで撤収。朝早くからテニス三昧で、大変楽しゅうございました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/09/23 17:56:53

2018年 4月29日(日)

* 昭和の日はテニス三昧    [  日記 | スポーツ  ]

 今日も朝から明るい陽の射す春らしいいいお天気。朝方の最低気温はほぼ平年並みだったんだけど、強めの陽射しのおかげで午前中から気温は上がって、お昼前には25度を超えて「夏日」に。その後は気温は上がったものの、最高気温は28.7度と「真夏日」には届かず。まぁ、まだ4月だし、これくらいで止まっててほしいよね(笑)。もっとも湿度が低くてカラッとした暑さだったので気温ほどの過ごし難さは感じなかったけども。


 んで、今日は日曜日なんだけど「昭和の日」の祝日でもあって、ここ数年は「昭和の日」の恒例行事になっている「親睦テニス大会」に参加するために、桂川の「ホワイティ テニスクラブ」へ。

親睦テニス大会

 朝9時からの開始ということで、いつもよりも早く起きて、開始15分前にはスクールへ。今回の参加者は男性12名、女性12名の合計24名。で、馴染みの顔ぶれも見えたものの全体の半分くらいで、今回は意外と知らない人が多い感じだったかも。とはいえ、同じスクールの生徒さんだし、とくに緊張することもないけどね(笑)。


 さて、試合は5ゲーム先取のノーアドバンテージ(40-40でジュースにならずに1本勝負)で、参加者をコーチが適当に振り分けた組み合わせで、1人5試合。最初にウォーミングアップ代わりのターゲットテニスが行われたんだけど、見事に2発目にターゲットに当てて「バボラ(Baborat)のガット」をゲット。しかし、つい2日前にガットを張り替えたばかりだなんだけども(笑)。

 その後、ゲーム開始。第一試合は開始直後の試合でミックスダブルス。対戦相手の男性は強打を誇る方でハードヒットにかなり手を焼くもなんとか我慢して4−4のタイにまで持ち込む。ただ、最終ゲームを落として4-5で惜敗。うーん、惜しかった。

 第二試合は男子ダブルス。ペアの男性は高校生のヤングマン! 序盤は良い滑り出しで2-0とするも、その後追いつかれ2-2に。さらに4-2と引き離すも続くゲームで粘られ4-3に。ただ、第8ゲームをなんとか獲得して5-3で勝利。とりあえず2戦目に勝ててホッと一安心。

 第三試合はミックスダブルス。ペアも対戦相手も知った方ばかりで実力は伯仲。3-3のタイから先にゲームを奪ってリードするもまた奪い返されて4-4のタイに。ただ、最終ゲームは一方的に押されて取られ、またしても4-5で惜敗。うむむ…

 第四試合は男子ダブルス。序盤2−0でリードするも、そこからゲームを連取され2−3に。その後、3−3、3−4、4−4とタイに。最終ゲームも40−40のラスト一本までもつれ込むもなんとかラストポイントを取って5−4で辛勝。フルゲームは3戦目でやっと勝てたわ(^^)。

 ラストの第五試合はミックスダブルス。対戦相手の女性は火曜日のクラスで長年一緒にレッスンを受けている人なので、お互い手の内は知っている相手。序盤から競った戦いになり、3-3からゲームを取ってリードするも決めきれす4-4のタイに。本日4度目のフルゲームもいい勝負になったものの、最後は押し切られて4-5で負け。

 ということで、大会はここまで。5戦して2勝3敗で、3敗はすべて4-5と最終ゲームまでもつれてたんだよねぇ。うーん、どの試合も勝てるチャンスがあっただけに、そこで勝ちきれないのが今後の課題だなぁ(^^;)。


 その後、いつもどおりにコートが開放されて、残った人たちでゲームをやる流れだったんだけど、フルゲームを4戦もしてお腹いっぱいだったのでそこで撤収。内容的にはいろいろと課題が山積だけど、半日楽しくテニスができたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/04/29 19:30:10

2017年 9月23日(土)

* 親睦スクール生大会@ホワイティ テニスクラブ    [  日記 | スポーツ  ]

 昨日の雨は昨夜のうちに上がったものの今朝もやや雲の多い空模様。まぁ、それでも雨が降る感じじゃなかったし、時間とともに晴れ間も広がってまずまずの天気に。

 で、そんな秋分の日の祝日は、いつもよりも早起きしてお出かけ。向かったのは毎週通っている桂川のホワイティ テニスクラブ。通常、祝日はスクールはお休みなんだけど、今日は「テニスの日」で、それに合わせて毎年スクール生を対象にした「親睦スクール生大会」が行われるのでそれに参加。

親睦スクール生大会

 この大会に出るのも今年で4回目かな、たしか。今年は男性11名、女性9名の参加で、大半は普段のレッスンではほとんど顔を合わない人たちなんだけど、こういうスクール内のイベントではよく顔を合わせている人が多いのでとくに問題なし。

 大会は9時にスタート。まずはサーブ練習を兼ねた「ターゲットテニス」を。サービスエリアに置かれた商品を、サーブで狙って獲得するという企画だけども、今年は2発目で当ててしまってほとんどサーブの練習にはならず(笑)。ちなみに、ゲットした商品はシューズ袋だったので、ハズレ(^^;)。

 いつも通りに参加者を適当に組み合わせた即席ペアで試合を行う形式で、ゲームはノーアドバンテージの5ゲームマッチ。

 第1試合は男子ダブルス。開始直後の初戦で身体も温まってないし、ボールは打ち慣れていないニューボールだしで、最初はなかなか打球感が掴めず苦戦し、3ゲームを連取される展開。ここから挽回して4-4のタイまで持ち込んだものの、ファイナルゲームを落として4-5で惜敗。うーん、あと一歩だったんだけどなぁ、残念。

 第2試合はミックスダブルスで、ペアの女性は金曜日のレッスンで一緒の方なので気が楽(^^)。序盤は3ゲームを連取していい展開だったんだけど、ここから挽回されて4ゲーム連取されて3-4の劣勢に。続く自分のサービスゲームをキープして4-4タイに追いつき、なんとかファイナルゲームを取って5-4で勝利。2戦連続でフルゲームとなったけど、際どい勝負の連続でかなり楽しい(^^)。

 全員が2試合を終えたところで大会は一時中断し、「テニスの日」恒例のボレーボレー大会へ。これは全国で行われる公式イベントで、ペアでボレーボレーをどれだけ繋げることができるかを競うもの。一応、3分間で『三段』、5分間で『五段』、10分間達成で『達人』として公式認定されるのよ。
 ということで、手近な人とペアを組んで軽くアップしたあとチャレンジ。なお、チャレンジはやり直しなしの一発勝負。うちのペアは出だしはなくなかったものの、約40秒で失敗。他のペアも続々失敗していく中、2ペアが生き残り。どちらもそのまま2分を超えたんだけど、片方が2分半で失敗したところで、別ペアは勝ったと思って中止しちゃうアクシデント(^^;)。っていうか、開始前にそういうのをコーチ陣が説明してないのが悪いと思うんだけどね…。ということで、残念ながら今年も認定ペアは出ずじまい。

 ボレーボレー大会のあとゲームを再開。第3試合は男子ダブルス。対戦相手は強打を誇る人で戦々恐々だったんだけど、序盤は相手のペースが上がらず3-1とリード。ただ、ここから相手も本領を発揮して巻き返されて3-3のタイに。7ゲーム目を取ってリードするも、8ゲーム目で決まられず4-4のタイとなり、ファイナルゲームも40-40まで持ち込むもラストポイントを落として負け。勝てるチャンスはあったんだけどねぇ、残念。

 第4試合はミックスダブルス。ペアの女性は最近よくレッスンでご一緒する方で、彼女はここまで全勝。ってことで、土をつけないようにちょっと緊張して臨んだんだけど、絶好調の彼女のおかげで1-1から4ゲームを連取して5-1で快勝。いやぁ、勝てて良かったわ(^^)。

 ということで、4試合を消化して4-5, 5-4, 4-5, 5-1の2勝2敗ということに。今回はサーブは比較的安定していたし、ストロークも悪くなかったんだけど、ボレーがイマイチで、決めなきゃいけない場面で決めきれないということが何度かあったのが反省点かな。
 なお、今回は全勝が3人もいて、得失点差で4ゲーム目のペアの女性は3位でした。惜しいね。

 大会は15時までの予定だったんけど、すべての試合が終わったは13時半ころで、その後は17時までコートが開放され自由に使えるようになったので、残ったメンバーで適当に入れ替わってゲームをすることに。2コートあるのでじゃんけんでチーム分けしたら、なんかえらく強い人達がいるグループに入っちゃてガクブル(笑)。
 ビビりながらも4ゲームの試合を3戦ほどしたところで、足が攣りそうになった(^^;)ので、そこで切り上げて帰宅。いやぁ、久しぶりにテニス三昧で満足いたしました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2017/09/23 19:05:14

2017年 4月29日(土)

* 連休初日はテニス三昧    [  日記 | スポーツ  ]

 今日も朝から明るい陽の射す春らしいいいお天気。天気予報だと午後の降水確率が50%になってるんだけど、とりあえず朝のうちは雨の気配もなくて、「雨なんかほんとに降るの?」って感じだったね。

 さて、巷では今日からゴールデンウィークがスタート。今年は5月1日、2日が平日だけど、ここで休みが取れれば9連休となるわけで、今年も大型連休にしている人が多いみたいだね。まぁ、「毎日が日曜日」の私には関係ないんだけども(笑)。

 で、そんな連休の初日は、ここ最近はゴールデンウィークの恒例行事になっている「親睦テニス大会」に参加するために、桂川の「ホワイティ テニスクラブ」へ。
 朝9時からの開始ということで、いつもよりも早く起きて、開始15分前にはスクールへ。今回の参加者は17名(男子10名、女子7名)と例年に比べるとちょっと少なめ(募集人員は男女とも12名だったから)。まぁ、参加している方々は、いつもとさほど変わらない面々なのでとくに緊張することもなく(笑)。

親睦テニス大会

 試合は5ゲーム先取のノーアドバンテージ(40-40でジュースにならずに1本勝負)で、参加者をコーチが適当に振り分けた組み合わせで、1人4試合。最初にウォーミングアップ代わりのターゲットテニスが行われたんだけど、景品として「無料レッスンチケット1回分」をいただきました(^^)。

 ということで、ゲーム開始。第1試合は男子ダブルスで対戦相手はなかなかの強敵。開幕直後の1戦目ということで、お互いなかなかペースが上がらない中、序盤は3-1でリードしたんだけども、ここから挽回され3-4へ。次のゲームは取ってなんとか4-4としのぎ、ラストゲームへと希望を繋いだんだけど、40-40から自分のダブルフォルトで痛い逆転負け。うーん、勝てるチャンスもあっただけに残念。

 続く第二試合はミックスダブルス。ペアの女性は火曜日のレッスンで、対戦相手の女性は金曜日のレッスンで一緒の方なので、ちょっと安心(笑)。ゲームは序盤に0-3とリードされるもそこから盛り返して2-3へ。ただ反撃もここまでで、結局2-4からまたしても私のサービスゲームで、ラストはダブルフォルトで負けるという…。うぅぅぅ、悲しすぎる(T_T)。

 第三試合はミックスダブルス。相手が男子ダブルスで、こちらが男女ミックス。で、まぁ、別に緊張したわけでもないんだけども、なぜかストロークがメロメロで、フォアハンドのイージーミスのオンパレード(^^;)。あっという間に0-4になり、そこからなんとか2-4まで戻すも、結局そのまま押し切られて2-5で敗戦。まさかの全敗の気配が…

 ラストの第四試合はミックスダブルス。ペアの女性は第二試合で対戦相手だった金曜日のレッスンで一緒の方で、レッスンでもペアを組むことが多い気心の知れた相手ということもあり、とてもスムースなゲーム展開に。おかげで強豪相手だったにも関わらず1-5で勝利し、ラストでようやく1勝を上げることに(^^)v。いやぁ、長かった(笑)。

 ということで、大会はここまで。結局、第四試合でペアだった女性が全勝で優勝という結果に。個人的には1勝3敗だったうえに、内容的にもかなりボロボロだったので、反省点の多い試合でありました(^^;)。いやはや、まだまだ課題は山積ってところですなぁ。


 で、予定よりも3時間くらい早く終わったので(笑)、それ以降は夕方までコート開放となり、参加メンバーで適当にゲーム形式で遊んでたんだけど、14時過ぎくらいだったかに急に空が曇ってきて、激しい雨に。さらには遠雷も聞こえてきたりしてビックリでしたわ。雨は小1時間で止んでまた陽射しが戻ったんだけど、この天候を予想するとは最近の天気予報の精度はすごいねぇ。

Posted by “Lupin” on 2017/04/29 22:34:15

2017年 4月 4日(火)

* おニューのラケット    [  日記 | 物欲 | スポーツ  ]

 週末は少し寒さが戻ってきていたんだけど、週明けからは結構暖かくなっていて、今日は日中の最高気温が21.3度まで上がってたんだね。おかげで、先週末に開花した桜もかなりの勢いで花を咲かせていて、散歩道でもあちこちでチラホラと桜の花を見かけるようになったし(^^)。


 さて、火曜日といえばテニスレッスンの日で、今日も午後から桂川のホワイティ テニスクラブへ。先月まではテニスウエアの上にもう一枚厚手のジャンパーを着込んで行ってたんだけど、さすがに今日は軽めのウィンドブレーカー一枚だけで十分。一応、下は短パンも履き込んでいったんだけど、さすがにまだ短パンになるには早かったかな(笑)。もっとも、上は半袖だったけども。

 で、ここに通い始めたのが2012年の3月末だったので、もう丸5年経ったわけですよ、いやぁ、早いねぇ。他にやることもないし、レッスンは2012年11月にテニス肘をやって1ヶ月休んだ以外は、毎週休まずにコツコツと通い続け(皆勤4年4ヶ月)、ついでに昨年の春からは金曜日の午前中のクラスにも参加して週2回に増やしたりして、ここ最近はようやくそれなりにラリーできるくらいには腕前も上がってきて、クラス的にも脱・初級者を果たしたところ。
 んで、今使ってるラケットはとくに外観上は歪みとか傷みもないんだけども、さすがに5年落ちモデルともなると性能的にはかなり下。あと、見えない部分に疲労も出てくるんだそうで、そろそろ買い替えても悪くない時期。っていうか、この手のスポーツ・ギア(テニスに限らず、ゴルフやスキーなんかも)を5年も使うのは貧乏性すぎるって話なわけで(^^;)。

 ってことで、レッスン5周年を(自分で)記念して、ラケットを買い換えることに。レッスンに通ってるテニスクラブはテニスショップも併設していて、試打ラケットの貸出もしてくれるので、ここ一月くらいはあれこれ借りてはお試しさせてもらってたんだけど、最終的にはHEADの“INSTINCT MP”か、TOALSONの“S-MACH TOUR 300”のどちらかということに。
 ストロークでは“S-MACH”のほうが打球感がいいんだけども、総合的に見ると“INSTINCT MP”のほうが良くて、どちらにするか散々悩んだんだけども、結局、“INSTINCT MP”を選択。先週の金曜日にオーダーしたのが、今日上がってきたと。

HEAD INSTINCT MP

 なお、お店のオプションで最初のガットは無料で選ばせてくれるということだったので、こういう機会じゃないと張れない高級品の「テクニファイバー X-ONEバイフェイズ」をお願いしてみたり。ちなみに、いつも張ってもらっているショップのオリジナルガットに比べて、定価ベースで倍以上する代物だったり(笑)。もちろん、お値段分の価値はあるわけだけども。


 そんなわけで、今日のレッスンからおニューのラケットを使ってみたんだけども、最新性能のラケットに高級品ガットを張り、さらに今日からニューボールになったこともあって、ぜんぜん世界が違いましたよ(笑)。いつも入っている火曜日のクラスには、一人だけ上級クラスレベルの人が混じってるんだけど、その人相手にラリーしててもフォアハンドなら打ち負けないんだもん(もちろん相手が手加減してくれてるうえでだけども)。その他、ボレーやサーブもかなりいい調子で、もういきなり3レベルくらい自分の腕前が上がったんじゃないのかと勘違いできるくらいに快調でありました(^^)。とかいいつつ、ラストのゲーム形式では最後にダブルフォルトしてた負けたんだけども…。
 いやぁ、でもこれだけいい感じで打てると、ますますテニスが楽しくなっちゃうわ~(^^)。

 ということで、2週間遅れのセルフお誕生日プレゼントでありました(笑)。

Posted by “Lupin” on 2017/04/04 21:53:01

2016年 4月29日(金)

* 連休初日はテニス三昧    [  日記 | スポーツ  ]

 昨日一日降っていた弱い雨は夜中に上がったものの、今日も朝からやや雲の多い空模様。天気予報では雨の確率は10%と低めだけども、なんだか今にも雨が落ちてきそうな感じ。実際、日中には何度かパラパラと小雨がぱらついた時間帯もあったしね。あと、ときおり陽が射していたものの、気温は上がらず。日中の最高気温は15.3度止まりとここ最近ではかなり低めで、少し肌寒く感じるほどだったねぇ。

 んで、世間様は今日からいよいよゴールデンウィークに突入。今年はなかなかうまく祝日が配置されたようで、来週の月曜日と金曜日を休みにすると10連休にできるわけで、長期休暇になっている人も多いみたい。海外旅行や国内旅行に出かける人も多く、観光地はどこも賑わってるんだろうねぇ。

 まぁ、個人的には「毎日が日曜日」な人なので、ゴールデンウィークもとくに遠出の予定は入れていなくて、いつもどおりに地元でちまちまと遊んでるつもりなんだけど、今日は毎週スクールに通ってる桂川の「ホワイティ テニスクラブ」の親睦テニス大会があったので、それに参加してきた。

親睦テニス大会

 朝9時からの開始だったので、いつもよりも早くに起きて準備して、開始10分前にはスクールに到着。今回の参加者は24名(男子14名、女子10名)で、スクール生大会にはもう何度か参加していてだいたい顔ぶれはいつも同じなんだけども、今日は知った顔は半分くらいで今回は意外と知らない人が多い感じだったかも。
 試合は5ゲーム先取でノーアドバンテージ(40-40でジュースにならずに1本勝負)というルールで行われ、参加者をコーチが適当に振り分けた組み合わせでゲームを行う形式で1人4試合できることに。開会宣言があって、全員で記念撮影して、ウォーミングアップ代わりのターゲットテニスを行って、すぐに試合開始。

 で、第1試合は男子ダブルスで、ペア、対戦相手ともに見知った人たち。全体の第1試合ということで、まだ身体も暖まっていない状態からのスタートだったんだけど、4ゲーム消化して2-2のタイと出だしはまずまず。ただ、その後ミスが出たこともあって2-4とされ、そこから1ゲーム返したものの、そのまま押し切られて3-5で負け。

 第2試合も男子ダブルスで、こちらはペア、対戦相手ともに発芽お合わせの方々。前半はややミスが目立ち相手にリードを許し、2-4にまで追い込まれる。そこからなんとか巻き返して4-4に追いつき、私のサービスゲームとなった第9ゲームでは40-40までいって、ラストは相手のミスが出て5-4で勝ち。ふぅ、なんとか全敗は免れた(笑)。

 第3試合は今回唯一のミックスダブルスで、ペアの女性は知っているものの、対戦相手は初顔。ミックスで緊張したわけでもないんだけども(^^;)、序盤からショットミスが目立ち、あっという間に0-4。私のサービスゲームの第5ゲームはなんとかキープしたものの、続くゲームを落として1-5で負け。相手の男性のレベルが高かったのもあったんだけど、それ以上に自分のミスが響いての敗戦だったのでガッカリ。

 昼食を挟んで、第4試合は男子ダブルスで、ペアは顔見知り、相手も片方は知ってる人。これが全体の最終試合ということでやや緊張したものの、序盤から好調で4-1とリード。その後、挽回されて4-3まで追いつかれたんだけども、続くゲームをなんとか取って5-3で逃げ切って勝ち。

 ということで、予定されていた4試合は2勝2敗という結果に。ここ半年くらいはレッスンでサーブを重点的に練習していたこともあって、今回はサーブが好調。ファーストは6割くらいの確率で入ってた気がするし、4試合でダブルフォルトが1つもなかったのは嬉しかったり(^^)。もっとも、相手のレベルが高かったこともあって、いいサーブが入っても普通に返ってきたりするわけで、サーブがいいだけじゃ成績には繋がらないと(^^;)。
 まぁ、それでもそれなりに試合っぽい展開もきちんとあったし、以前に比べればだいぶ腕前も上がってきた感じはするので、今後もコツコツと練習して、もっといい試合ができるようにしたいもんだわ。


 大会は予定よりも2時間くらい早く終わり、その後はコートが開放されたので、残った人たちでゲーム形式で遊んで16時に撤収。たっぷりとテニス三昧できて、楽しい一日でありました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2016/04/29 20:00:05

2016年 2月25日(木)

* 島津全日本室内テニス選手権大会@島津アリーナ京都    [  日記 | スポーツ  ]

 昨日の日中はときおり雪混じりの小雨が降っていたし、今朝の最低気温は京都市内でも-0.1度と一週間ぶりの氷点下になったりと、ちょっと寒さが戻ってきた感があるねぇ。まぁ、それでも日中は明るい陽射しがあって、それなりに気温は上がってたけども。

 さて、今日もお昼すぎにぶらりとお出かけ。向かった先はいつもとは逆の西方面だったんだけど、いつもは通らない路地を歩くのは新鮮で楽しいねぇ(^^)。押小路通りを西大路を超えて佐井通りまで行き、そこから北上して天神川を越えたところでお昼ごはん。先日、ポスティングでチラシの入っていた「ディップ ジョティ(Dip Jyoti)」というインド料理屋さん。なんかどっかで聞いたことある名前だなぁ、と思ったら、実家近くの駅前で見かけたのと同じ名前で、調べてみたらいつもよく行ってる「ナマステタージマハル」と同じ系列のお店だとか。
 そんなわけでセットメニューもどこかで見たようなバリエーションで(笑)、安心していつもと同じ「Aランチ」を注文。カレーはチキンカレー、ドリンクはラッシー。ただ、カレーの味は他店と違って意外と甘め。まぁ、これはこれでありかな。820円で、サラダとスープ、ソフトドリンクもついてるので、そこそこリーズナブルかも。


 で、昼メシを食った後、そこからさらに北へ。丸太町を越えて二筋目の仁和寺街道にある「島津アリーナ京都」へ。もともとは「京都府立体育館」だったところで、島津がネーミングライツを購入してこの名前になってるんだねぇ。んで、ここで先週から開催されている「第52回島津全日本室内テニス選手権大会」を見学にやってきたと。

島津アリーナ京都

 ここ最近、錦織選手の活躍のおかげで、テニスの試合模様をテレビ観戦できるようになったのは嬉しいんだけども、放送されるのは錦織選手の出場する男子シングルスの試合ばかりで、ダブルスの試合なんかは見られないからねぇ。そんなわけで、京都で開催される数少ないプロの選手権を見学に行ってきたと。もっとも数年前から毎年行こうと思いつつ、一度も行ってなかったんだけどね(^^;)。

館内の様子 ボールボーイ

 館内は3面に分割されていて、いろんなカテゴリの試合が同時進行で行われてるんだけど、公式のプロの試合なのでちゃんとボールボーイも付いているんだねぇ、すげぇ(笑)。お客さんは、結構まばらだけども(^^;)、これでも例年よりもよく入ってる方なんだとか(近くで話してた常連っぽい人たちの会話によると)。

女子ダブルス 女子ダブルス

 そんなわけで、適当な場所に座って主に女子ダブルスの試合を観戦してたんだけど、やっぱり生の試合は緊張感があっていいねぇ。それに女子は男子ほど迫力はないものの、その分、ダブルスの基本がきちんと見られるのがお得(^^)。しかし、女子の場合は1球毎にペアが寄って言葉を交わしながら進んでいくんだねぇ。こんなに話し込んでるとは思わなかったわ。もっとも、隣で行われてた男子ダブルスでも、女子ほどではないにせよペア同士が寄って話し込んでるシーンはよく見かけたので、やはりペア同士のコミュニケーションは大事なんだなと。

I・フォーメーション 並行陣

 あと、ダブルスのフォーメーションも最近はいろいろ変わってるんだねぇ。雁行陣と並行陣っていうオーソドックスな形は知ってたけども、最近はI・フォーメーションってのが流行なんだそうで女子でも男子でも結構見かけたわ(↑左の写真のようにサーバーとボレーヤーが一直線に並ぶ形)。あと、男子だとレシーブサイドは両者が下がって、ベースラインでの並行陣のような形になったりもする場合もあるんだねぇ(↑右の写真の奥がレシーブサイド)。

 ちなみに観戦した女子ダブルスの準々決勝の第1試合は第3シードの大前・梶谷ペアと森崎・米原ペアの対戦で、大前・梶谷ペアが6-4, 6-4のストレートで勝ち、続く第1シードの井上・宮村ペアと今西・西本ペアの試合は井上・宮村ペアが6-3, 6-4で勝ち。隣のコートで行われていた男子ダブルスの準々決勝では第1シードのラティワタナ兄弟ペアを添田・内山ペアが6-4, 7-6で破ってベスト4入り。

 生でのプロのテニスの試合観戦は初めてだったんだけども、やっぱり臨場感があっていいねぇ。いい刺激になりました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2016/02/25 19:48:16

2015年12月13日(日)

* 忘年テニス@ホワイティテニスクラブ    [  日記 | スポーツ  ]

 さて、日曜日といえば、ここ最近はお昼からボドゲをやっていることが多かったんだけど、今日は珍しくボドゲはお休み。代わりに向かったのは、毎週スクールに通ってる桂川の「ホワイティ テニスクラブ」。今日はスクール生を対象にした「忘年テニス大会」が行われていたので、それに参加してきたと。
 この大会も毎年行われている恒例行事なんだけど、今週が初心者・初級クラス限定で、来週が中級クラス以上とクラス分けされてるので、いつもの大会よりはレベルが近くてより盛り上がれる感じかな。

 で、14時開始で、まずはサーブ練習を兼ねた「ターゲットテニス」。サービスエリアに置かれた賞品に当てるとそれがゲットできるというもので、中にはレッスンチケットなどもあるので、できればそれを狙いたいところ。毎回、なかなか当たらなくて、十分な練習ができるんだけど(笑)、今日はなんとサーブ1発めに当たっちゃって練習にならず。ちなみに当たったのはBabolatのタオルでした(^^)。

 さて、今回の参加者は16名(男子10名、女子6名)、1試合は5ゲーム先取でノーアドバンテージ(40-40でジュースにならずに1本勝負)というルール。参加者をコーチが適当に振り分けた組み合わせでゲームを行う形式で、1人4試合できることに。

組み合わせ表
(タイトルが14になってるのはツッコミなしの方向で(笑))

 第1試合はミックスダブルス。組んだのは金曜日のレッスンでご一緒している女性で、この方は中級レベルに近い腕の持ち主。相手の男性は以前火曜日の同じクラスにいた20代の若者で、最近腕前を上げているので油断ならない相手。で、最初の試合ということもあってか、参加者全員なかなかペースが上がらず、サービスが一巡する4ゲーム目まではすべてサービスブレイクとなるという状況(^^;)。
 5ゲーム目も落として2-3となったんだけど、ここらからようやく身体の動きも良くなり始め、続く自分のサービスゲームをキープして3-3に追いつき、さらにそこから2ゲームを連取して5-3で逆転勝ち。まずは幸先良いスタート。

 第2試合は男子ダブルス。ペアの男性は、スクール大会で何度か顔を合わせたことのある方で、対戦相手はどちらも初対面。第1ゲームの自分のサービスゲームを落とすも、その後はペアの息も合い、いいペースでゲームを支配してそのまま5ゲーム連取して5-1で連勝。第1ゲームのサービスはヘロヘロだったけど、第5ゲームはかなりいい感じだったかな。

 第3試合も男子ダブルス。こちらもペアの男性とは、ここで何度か顔を合わせたことのある方。相手の片方は第1試合と同じ。最初から3ゲームを連取、その後1ゲームを奪われたものの、続く2ゲームを連取して5-1で勝利。サーブは相変わらずまずまずの出来。

 第4試合はミックスダブルス。最初にペアを組んだ女性が対戦相手で、しかも彼女と私はここまで3戦全勝だったので「全勝対決」ということに。あと、対戦相手の男性は、第1試合、第3試合でも対戦していて、今日3度目の対戦(笑)。序盤から均衡したゲームとなって相譲らず、前半は2-2。その後、2ゲーム連取されて2-4まで追い込まれたんだけど、ここから挽回して4-4のタイに。最終ゲームも追いつ追われつの展開で40-40までもつれたんだけど、最後の1ポイントが取れずに4-5で惜敗。残念ながら全勝とはならず。

 ということで、4試合で3勝1敗という成績。前回の秋の大会での5戦全敗からは格段に良くなってるし、さらに内容も伴っているのが嬉しい限り。ここ最近のレッスンでサーブがよくなってたのがそのまま反映された感じかな。
 とは言え、まだまだ甘いところもいっぱいあったので、春のゴールデンウィークの大会までにはいろいろと向上させたいね(^^)。


【12/15追記】

 今日のレッスンに行ったら、日曜日の結果が張り出されてた。

結果

 んで、これを見ると、優勝した方は4戦全勝の得ゲーム数20、失ゲーム数10で得失差10だったと。で、私が第4試合を5-4で勝ってたら、同じく4戦全勝で得ゲーム数20、失ゲーム数9になって、得失差11だったので逆転でトップだったのかぁ。くぅ、惜しかったなぁ。

Posted by “Lupin” on 2015/12/13 22:27:13

2012年 3月17日(土)

* スカパーのJリーグ放送予定    [  日記 | スポーツ | 番組  ]

 さて、今シーズンのJリーグはJ1が先週から、J2は先々週からスタートしているわけだけど、今年もウチではスカパーe2の「Jリーグセレクション」を契約してライブ放送をチェックしてる。
 もっとも、主となるチームは京都サンガで、このパックだとJ1は全試合ライブなのに、J2は全試合がライブじゃないのでその点は残念なんだけどね(以前はスカパーHDの「J1&J2ライブ+HD」だったので、全放送がライブだったのに…。サンガよ、たのむから今年こそJ1に復帰してくれ!)。

 んで、昨シーズンまではスカパーが放送予定をRSSで提供してくれていたので、それを取り込んで自分のポータルページに表示して見逃さないようにしてたんだけど、何と今シーズンからWebページの番組表だけでしか情報が出されず、RSSが止まっちゃったんだよね、がっかり。
 仕方ないので、今シーズンは基本的にはJ1は土曜日、J2は日曜日の開催だから、それに合わせて番組表をチェックするか、と思ってたんだけど、今週はそのスケジュールが変わっていて、J2も土曜日開催になってしまっていたわけで、おかげで今日のサンガ×ロアッソ戦のライブ中継を見逃してしまった orz
 チクショウ、スカパーめっ、許さん!!

スカパー放送予定 と言ったところでどうしようもないし、これから先、見逃すのはヤなのでなんとかならないかとごにょごにょと考えた結果、映画一覧を出しているのと同じくSo-netの「テレビ王国」を使って放送予定を取り込むことに。
 「テレビ王国」では外部公開できる「My番組表」は一つしか持てないんだけど(ページとして一つという意味)、ここに表示する「おまかせ!番組サーチ」で設定したリストは個別にRSS出力される仕様になってて、データは複数個持つことができると。そんなわけで、今使ってる映画リストに追加してJリーグライブの設定を追加してみたわけ。
 スカパーのパック放送のリストは不完全だけど公開されているので、そのチャンネルをMy番組表に新たに登録、その番組表からJリーグの生放送だけを表示するようにキーワード設定して公開設定にすれば、新たにRSSが登録される。んで、その公開されたRSSをPHPで読み込んで、データをごにょごにょといじってやれば欲しいリストが出来上がるので、それを自分のポータルページに表示させると。
 ちなみに、スカパーe2の場合は、チャンネルがCSとBS混在なんだけども、実は番組詳細ページのリンクのアドレスからBS/CSの区別とチャンネル番号が取り出せる(ページの先頭3文字が200ならBSで500ならCS、続く3文字がチャンネル番号)ので、それを使えばチャンネルデータも間違いなく表示できるしね。

 この方法では登録したチャンネル以外で放送された分は拾えないんだけども、まぁこれで見落とす確率はぐっと減るので良しということで。いやぁ、もう「テレビ王国」サマサマってところだな(^^)。

Posted by “Lupin” on 2012/03/17 18:20:30

2010年 6月30日(水)

* サッカーワールドカップ: 日本、PK戦で敗退! 8強入りならず    [  スポーツ  ]

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は29日、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場で決勝トーナメント1回戦の日本(世界ランク45位)―パラグアイ(31位)があり、0―0のまま延長戦でも決着がつかず、今大会初のPK戦になり、3―5で日本が敗れ、初めての準々決勝進出はならなかった。

 ということで、初めての8強入りを目指した日本代表だったけど、90分+30分の延長でも決着がつかずPK戦となり、最後は1本外しただけで敗退ということに。まぁ、試合は拮抗していたけども、内容的にはやはりパラグアイの方が勝っていた感じがあったので、それがそのままPK戦の結果ということになったのかもね。
 でも、16強で負けたとはいえ、予選敗退予想が大勢を占める中、直前にシステムを変更して予選突破したのは見事だったわけで、選手やスタッフ、関係者の皆さんにはお疲れ様、ありがとうと言ってあげたい気持ちですなぁ。

Posted by “Lupin” on 2010/06/30 09:08:23

2010年 6月26日(土)

* サッカーワールドカップ: 予選リーグ終了、決勝トーナメントへ    [  スポーツ  ]

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は25日、16強が出そろい、欧州勢はドイツ、イングランド、スペイン、ポルトガル、オランダ、スロバキアの6チームにとどまった。
(中略)
南米勢はブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、チリの出場5チームがすべて16強に進出し、アジアは日韓の2、北中米は米国とメキシコの2、アフリカはガーナの1だった。

 日本が予選突破した余韻冷めやらぬ中、ワールドカップは予選リーグが終了、各組の順位が決定して、決勝トーナメント出場の16チームが決まったねぇ。この大会では南米チームが他を圧倒、出場5チームすべてが決勝Tに進出したんだけど、逆にヨーロッパ勢とアフリカ勢が苦戦という図式。アジアは出場4チーム中、韓国と日本の2チームが予選突破だから上出来、これで次回大会も予選枠4.5は確保できそうだねぇ。

 んで、決勝トーナメントだけど、左右ブロックでちょっと偏りが出た感じもするね。左ブロックは順当ならブラジルが勝ち上がってきそうな感じだけども、右ブロックは強豪ひしめくって感じで、1回戦からドイツvsイギリス、スペインvsポルトガルなんていうカードがあるし、ドイツvsイギリスの勝者は、アルゼンチンとの対戦、さらにスペインとポルトガルの勝者と戦ってようやく決勝という疲れそうな組み合わせ(笑)。
 われらが日本はパラグアイ戦に勝っても、次はスペインかポルトガルという組み合わせで、目標のベスト4には大きな壁になりそう。ま、それもパラグアイに勝ってからの話だけども。初の予選突破となった日韓大会では、期待されたものの1回戦でトルコに0-1で惜敗して終わっちゃったしね(^^;)。

 まぁ、16強の戦いはどの試合も見逃したくない組み合わせなんだけども、問題は準決勝以降はすべて日本時間3:30キックオフなので、さすがに全部はチェックできなさそうってことだろうか(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2010/06/26 09:39:12

2010年 6月25日(金)

* サッカーワールドカップ: 日本、激勝! 予選リーグ突破!!    [  スポーツ  ]

引き分けでも1次リーグを突破できた日本は序盤は攻め込まれる場面が目立ったが、前半17分に本田圭佑(ロシア・CSKA(チェスカ)モスクワ)の今大会2ゴール目となる左足の直接FKで先制。同30分には遠藤保仁(ガンバ大阪)が右足でFKを決めて2―0で前半を折り返した。後半36分にデンマークに1点を返されたが、同42分に途中出場の岡崎慎司(清水エスパルス)が3点目を奪って突き放した。

 予選リーグ突破のかかった第3戦は、同じく予選リーグ突破を狙うデンマークとのガチンコ対決。日本は引き分け以上で予選突破だったけども、今日は引き分けではなく、勝ちを狙っていったねぇ。
 スタメンはこれまでの2戦と同じ。前半開始早々はデンマークに押し込まれるシーンも多く、危ないシュートも打たれたりしたけども、徐々に日本もペースをつかみ、前半17分の本田のFKで先制。いやぁ、あれは見事にゴール左隅に決まったね。あと30分の遠藤のFKも見事に決まり、前半を2-0で折り返し。
 後半のPKは、川島が一度は止めたものの、こぼれ球を押し込まれたんだけど、不思議とその後は安心して見てられたかな。3点目は決めたのは岡崎だけど、あれはもう本田のゴールと言ってもいいような内容だったなぁ。
 しかし、ホント、今日の試合は全員が全員、献身的に働いていて、まさにチーム一丸で勝ち取ったゲームという感じだったわ。いや、すごい。

 で、グループEを2位で予選通過した日本は、ラウンド16でグループFトップのパラグアイと対戦することに。このグループ、首位はイタリアかなと思ってたんだけど、2分1敗で予選敗退しちゃったんだよなぁ(^^;)。パラグアイは予選トップだけども1勝2分と圧倒的な強さという感じもないので、もしかすると日本にも勝つチャンスはあるかもね。
 ちなみにパラグアイと言えば、得点も取る元代表GKのチラベルトで有名だよね。FIFAランキングは31位(日本は45位)で、これまでの対戦成績は日本の1勝2敗3分。そのパラグアイ戦は日本時間29日23:00キックオフ。

Posted by “Lupin” on 2010/06/25 09:24:58

2010年 6月19日(土)

* サッカーワールドカップ: 日本、強豪に惜敗!    [  スポーツ  ]

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会1次リーグE組の第2戦、日本(世界ランク45位)―オランダ(同4位)が19日午後8時30分(日本時間)からダーバン競技場であり、日本は0―1で敗れた。これで日本は1勝1敗となり、勝ち点は3のまま。

んでもって、第2戦のオランダ戦。先発メンバーはカメルーン戦と同じで、現状ではベストメンバーだから岡ちゃんは勝ちに来たって感じかな。
で、開始早々から圧倒的にボールを支配されつつも、早い潰しで危険なシーンはほとんどなし。中盤からは徐々にボールが持てるようになって、前半のシュート数は日本の方が多かったんだっけ? まぁ、それでもスコアレスドローだったけども。
後半は開始早々から相手も本気で攻めてきて、その分かなりDFラインが下がったのが効いたか。8分のスナイデルの強烈な一発は、当たってる川島でも触るのが精いっぱい。っていうか、あの状況で、あの位置からあの勢いで枠に飛んでくるのはさすがに世界基準だなぁ、と。
その後も押され気味で、2回ほど川島のスーパーセーブがあって(しかも、1回はまたしてもあわや闘莉王のオウンゴール(笑))、結局0-1で惜敗。途中交代では俊輔、岡崎、玉田が出たけど、森本が見てみたいところだったな。
結局、守備面は良かったけど、やはり攻撃面ではかなりの差を感じる結果ってところかな。ま、でも、ある意味、0-1での負けは想定内だと思うので(をぃ…)、次のデンマーク戦ではぜひ勝って、予選突破と行きたいもんだね!

Posted by “Lupin” on 2010/06/19 23:56:46

2010年 6月15日(火)

* サッカーワールドカップ: 日本、薄氷の勝利!!    [  スポーツ  ]

日本は前半39分、松井の右クロスをワントップとして出場した本田が左足で決めて先制。この1点を守りきった。

いやぁ、勝っちゃいましたねぇ、日本代表。序盤から、事前に岡田監督が話してたように日本はやや引き気味に構えてたけど、相手のカメルーンも慎重だったことがいい方向に効いたかなぁ。
しかし、岡ちゃんの選手起用がずばり当たったのは見事というか。GK川島はファインセーブ連発だし、本田のゴールをアシストした松井も抜群のキープ力だったし、さらには不慣れなFWとして1トップをこなした本田が先制ゴールだし。お見事。この調子でぜひ予選リーグを突破してほしいもんだなぁ。

Posted by “Lupin” on 2010/06/15 09:16:32

2009年12月 5日(土)

* J1最終節: アントラーズ3連覇達成    [  スポーツ  ]

山 形0—0横浜マ
鹿 島1—0浦 和
川 崎3—2 柏 
新 潟1—1FC東京
清 水0—0名古屋
ガ大阪2—0千 葉
神 戸1—1磐 田
広 島4—1京 都
大 分1—1大 宮

 J1/J2とも最終節。今節は優勝争いも絡むということで全試合同時刻開催。ということで、やはり優勝のかかったレッズ-アントラーズ戦を観戦。

 で、この試合、レッズもなかなかいい内容で、序盤からペースを握って攻めるんだけど、やはりかっちりと守るアントラーズの守備陣が崩せず。そうこうしているうちに、徐々にアントラーズサイドもボールの支配率を高め、前半のうちに決定的と思われるシーンも何度か。内容的にはアントラーズが押す形で前半は0-0の引き分け。
 一方、この時点でフロンターレは、前節J2降格の決まったレイソル相手に3-0と圧倒。やはり優勝のかかったチームと、降格の決まったチームではモチベーションが違いすぎるかね(^^;)。このままアントラーズが後半も無得点でドローとなると、フロンターレの逆転優勝になるという状況。
 後半もレッズは悪くない展開だったんだけど、アントラーズの好守を崩せず、逆にアントラーズは内田の早めのセンタリングを興梠がダイビングヘッドに繋いで待望の先取点。あの場面、早い展開でレッズサイドのDFが間に合ってなかったからねぇ。
 その後、レッズは立て続けにメンバー交代を図って、これは功を奏し、一気にアントラーズゴールに迫るものの、アントラーズの堅守は最後まで崩せず、結局そのままタイムアップしてアントラーズが自力で優勝を決めたと。
 この試合、たしかにスコアは拮抗したいいゲームだったけど、内容的にはやはりアントラーズの圧勝と言わざるを得ないかな。FWの決定力とDFの堅牢性、どちらを取ってもレッズはアントラーズに及ばずって感じだったからなぁ。しかし、3連覇はお見事だよなぁ。

 その他の試合では、ガンバのベンチには久しぶりにU-17代表の宇佐美が入ってたので短い時間でも投入されるかと思ったんだけど残念ながら出番はなし。一方、同じU-17代表のサンガ・宮吉は後半から登場したものの得点は奪えず、チームもサンフレッチェ相手に1-4と大敗して、最終順位は12位に。そのサンフレッチェがリーグ4位になって、天皇杯の結果如何ではACL出場権も。

 またJ2で最後の昇格枠を争っていたベルマーレとヴァンフォーレは、最終節でともに勝ったためベルマーレがJ1昇格を決定。実に11年ぶりにJ1に復帰ということになったようだね。これで、J1からはジェフ、トリニータ、レイソルが陥落、J1からはベガルタ、セレッソ、ベルマーレが昇格となって、長かったシーズンもすべて終了ということに。選手、スタッフのみなさん、それから声援を送ったサポーターのみなさん、お疲れさんでした(^^)。

Posted by “Lupin” on 2009/12/05 20:26:51

2009年11月29日(日)

* J1第33節: 祝・残留決定&J1通算100勝    [  スポーツ  ]

鹿 島5—1ガ大阪
川 崎1—0新 潟
広 島1—0磐 田
名古屋2—0山 形
京 都1—0浦 和
大 宮1—1 柏 
FC東京1—0神 戸
横浜マ2—0清 水
大 分2—0千 葉

 J1は今節を含めて残り2節。今節は優勝争いの一角、アントラーズ-ガンバ戦と、サンガ-レッズ戦をTV観戦。ちなみに、同時刻開催だったので2画面モードで(笑)。

 まずは優勝のかかった一戦、アントラーズ-ガンバ戦。この試合、ガンバが攻めて、アントラーズが受けに回るのかと思ってたんだけど、なんと序盤からアントラーズがボールを完全に支配してガンバ陣内に攻め込む意外な展開。前半の30分過ぎくらいからガンバの攻撃も繋がりはじめるものの得点にはならず、前半は0-0のドロー。
 ただ、後半10分に興梠が見事な個人技でゴールを決めた後は、こちらも意外なゴールラッシュ。わずか6分の間に4点が入って3-1のスコアに。とくに2点目の野沢の技ありループで試合が決まった感があったねぇ。その後、ルーカスがイエロー2枚で退場になったこともあって、最終的には5-1の大差がついちゃったねぇ。
 アントラーズは一時期調子を落としていたけど、さすがにここまで来ると地力が違うというか。最終節はアウェイでのレッズ戦だけど、この調子だとすんなり勝って3連覇を成し遂げそうだねぇ。

 一方、サンガはホームでの最終戦。依然として残留が決まらない上に、9月12日のFC東京戦でJ1通算100勝に王手っを掛けておきながら、その後7試合連続で勝てず、しかも相手は2002年以来、7年間勝ち星のないレッズ。ここで星を落とすと降格の目も出てくるだけに落とせないゲーム。
 ただ、どちらも調子を落としているチーム同士の対戦という感じで、序盤はレッズが主導権を握るもののゴールは遠い印象で、ある意味、一進一退のバランスのとれた戦いにも見えたり(^^;)。まぁ、それでも何度か危ないシーンがあったものの、DF陣の頑張りとGK水谷のファインセーブで得点を与えず。
 後半になっても似たような展開で、このまま引き分ければ御の字かと思った後半25分過ぎ、染谷のクロスを柳沢の影になった中山が決め、この虎の子1点を守りきって8戦ぶりの勝利。これでJ1通算100勝を飾るとともに、自力での残留を決定と。ちなみに、この中山のゴールがJ1通算14,000ゴールのメモリアルだったんだとか(笑)。
 しかし、今シーズンもこの節まで残留争いをしているってのが、なんとも歯がゆい状況だよなぁ。来シーズンは常時、一桁順位に居られるような体制にしてくれんかねぇ(^^;)。
 一方のレッズ、相変わらずフィニッシュの精度が悪いというか。中盤でボールを持てても、最後に決めきれないのはなんとも重症と言えるかも。これでリーグ4位以下が決定したわけだけど、なんとも残念な状況だなぁ。

 それ以外のゲームでは、フロンターレがアルビレックスに苦戦しながらも勝って、優勝は最終節にもつれ込むことに。あとアントラーズ、フロンターレ、ガンバの3チームが上位に入ることが確定して、それぞれACLへの出場権を得たね。ただ、この3チームとも天皇杯でも勝ち残っているので、この3チームの中から優勝チームが出ると、4位チームにもACL出場権が転がり込むわけで、サンフレッチェ、FC東京、レッズ、エスパルスの4チームに可能性が残ったことになるのかな。
 一方、降格争いでは、16位のレイソルと15位のアルディージャが直接対決し、1-1のドローとなったことでレイソルのJ2降格が決定。これでジェフとともに千葉県勢がJ1から姿を消すことに。そのジェフはトリニータとの最下位争いに敗れ、トリニータが最下位を脱出、と。ま、降格するのには変わりないけどね(^^;)。

 J2では、すでに昇格を決めているベガルタとセレッソの首位争いが勝ち点差1で最終節へもつれ込み、また最後の昇格枠もベルマーレとヴァンフォーレが勝ち点差1のまま最終節を迎えることに。さて、どうなることやら。

Posted by “Lupin” on 2009/11/29 21:11:36

2009年11月22日(日)

* J1第32節: アントラーズ首位奪還    [  スポーツ  ]

山 形0—0大 宮
浦 和3—2磐 田
 柏 1—0新 潟
ガ大阪2—0清 水
鹿 島1—0京 都
神 戸2—2横浜マ
広 島0—0名古屋
千 葉2—1FC東京
大 分1—0川 崎

 J1も残り3節。優勝争い、降格争いもいよいよ正念場。今日は試合開始時間が重なったので、ライブで観たのはレッズ-ジュビロの1戦のみ。

 で、そのレッズだけど、相変わらずどことなく不安定な感じ。トップにエジミウソン、左右に田中達也と高原、トップ下はポンテで攻撃的な布陣ではあるものの、中盤が空きがちで左右のFWが下がって受ける形が多かったような。ポンテもいま一つ目立ってなかったしねぇ。ま、それでも1トップのエジミウソンがいい仕事したおかげで、逆転勝ちに繋がったのはさすがと言うべきかね。
 対するジュビロは、得点ランキングトップの前田がその実力をいかんなく発揮、負けはしたものの2得点は見事だったなぁ。
 これでレッズはACL出場権のかかるリーグ3位に首の皮1枚で残ったんだけど、残り2節で勝ち点差5はほぼ絶望的と言ってもいいかもなぁ(^^;)。
 あと、なんと闘莉王が来季のチーム構想から外れているとのことで、今シーズンで退団だとか。フィンケ監督がチームの若返りを図っているとかだそうだけど、28歳の日本代表CBを構想外ってのはどんなもんなんだかねぇ。ちょっと来年のチームが心配になってくるわ…。

 んで、サンガは首位争いを続けるアントラーズと対戦。さすがにしたたかな相手にほとんどいい場面は作れなかったようで、0-1というスコア以上の大敗だったようで。これでまたしてもJ1通算100勝&J1自力残留は叶わず。っていうか、いつも間にやら順位は14位で降格を争うレイソルとの勝ち点差が5。次節がレッズ、最終節がサンフレッチェと上位陣との対戦が続くだけに、まさかの転落劇も…。あぅ、やめてよね、それだけは(^^;)。

 その他の試合では、なんと前節首位だったフロンターレが、すでにJ2降格の決まっている最下位のトリニータにまさかの敗戦で首位陥落、次節アントラーズが勝って、フロンターレが勝てないとアントラーズの3連覇が決定する状況に。
 また来シーズンのACL出場のかかる3位以内へは、アントラーズが確定、フロンターレも当確(残り2戦に負けてレッズに並ばれたとしても、得失点差で20も差があるから)、残りの1枠もガンバがほぼ手中に収めていて、可能性のあるのはレッズまでの4チームのみという状況。
 一方、最後のJ2降格枠は、レイソルが崖っぷちで粘りを発揮、次節はアルディージャとの直接対決に望みを託すことに。その他、サンガ、ヴィッセル、モンテディオの3チームを含めた5チームでの争いに。

 それから、J2の最後の昇格枠を巡って争っているベルマーレとヴァンフォーレが、今節、直接対決してベルマーレが勝ち、久しぶりのJ1復帰に一歩前進。こちらも残り2節で熱い戦いということになりそう。

Posted by “Lupin” on 2009/11/22 20:45:39

2009年11月18日(水)

* サッカー日本代表: <アジアカップ予選> 香港0-4日本    [  スポーツ  ]

11年アジア杯(カタール)最終予選A組の香港—日本が18日、当地であり、日本(世界ランク40位)は香港(127位)を4—0で破って3勝1敗の勝ち点9とし、首位を守った。日本は前半33分、長谷部の代表初得点で先制。その後も両サイドを起点に攻め続け、後半30分から佐藤寿、中村俊、岡崎が立て続けに得点した。

 先日の南アフリカ戦に続く、海外でのアウェイ戦は、今年最後の代表のゲーム。相手のホームとはいえ、格下の香港相手だけに完勝したいところだったんだけど、スコア以上に苦しい展開だったねぇ。
 とりあえず前後半とも出だしは相手にペースを握られて、何度か危ないシーンもあったし。まぁ、相手の出方を見ていた、といういい方もあるのかもしれんけども、それでも攻撃も中途半端な感じだったしね。まぁ、2点目を取ったころあたりからは安心して観てられたけども。
 フォーメーション的には、俊輔+本田の組み合わせではなく、俊輔+松井が選択されて、結局今日は本田の出番はなし。まぁ、ここには今回は参加しなかった中村憲剛も入ってくるので、オプションは多いか。FWでは岡崎は相変わらずいい動きでゴールも決めたけど、大久保はフィニッシュの精度がなぁ。後半途中から入った佐藤寿が限られた時間でゴールを決めたのとは対照的かなぁ。
 あとは先制ゴールを決めた長谷部がいい動きで、ボランチは遠藤+長谷部で、オプションに稲本で決まりかねぇ。でも、長谷部が代表初ゴールだったってのは、ちょっと驚いたかも。

 とりあえず、これで年内の代表の仕事は終わり。そして年が明ければいよいよワードカップ本番ってことになるねぇ。まぁ、過度な期待はしないで、のんびりと見たい気持ち(笑)。

Posted by “Lupin” on 2009/11/19 01:02:39

2009年11月15日(日)

* サッカー日本代表: <親善試合> 南アフリカ0-0日本    [  スポーツ  ]

サッカー日本代表(世界ランク40位)は14日、当地で南アフリカ代表(同85位)と親善試合を行い、0—0で引き分けた。先発はGK川島(川崎)、DF内田(鹿島)、中沢(横浜マ)、闘莉王(浦和)、駒野(磐田)、MF稲本(レンヌ)、長谷部(ウォルフスブルク)、遠藤(ガ大阪)、本田(VVVフェンロ)、FW大久保(神戸)、岡崎(清水)。

 今年最後の代表召集で、来年のワールドカップの開催地での試合ということだったんだけど、なんとも見ごたえのない試合内容だったねぇ。全体的に日本が優勢の時間が多かった気がするけど、決定的なシーンは岡崎のゴール前での振り向きざまのシュートと、長谷部のミドルシュートくらいのもんで、あとはまったくゴールできそうな予感すら感じられなかったもんなぁ。
 なんせ、期待の森本はまたしても召集直前に辞退してたりして、代役(?)の大久保はもう一時期のキレもなし(高原化してる(笑))。岡崎はいい動きだけど、良い子ちゃんになった本田も以前ような輝きは見られないし。サイドからの攻撃もいま一つで、後半途中出場の俊輔もとくに目立たず。
 一方で、守備面での安定感は見事だけど、昨日はずいぶんと闘莉王が前に行くのを我慢してた帰来もあるし(笑)。ただ、身体能力の高い選手に突出した個人技で抜かれるとどうしようもないからねぇ。

 これで、次のアジアカップ予選のアウェイでの香港戦で今年の代表の試合は終わり。次の試合も控えメンバー中心の布陣になるだろうけど、ワールドカップ本番に向けてはちょっと心配の残る状況ですなぁ。っていうか、まぁ、これが実力って話もあるか(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2009/11/15 13:11:05

2009年11月 8日(日)

* J1第31節: ジェフ、初の2部落ち    [  スポーツ  ]

名古屋1—0神 戸
鹿 島2—0山 形
浦 和1—0FC東京
川 崎3—2千 葉
新 潟2—0磐 田
広 島1—0大 宮
 柏 5—0清 水
大 分2—1横浜マ
ガ大阪4—1京 都
 いよいよ佳境に入ってきたJ1は今日を含めて残り4節。今週は、FC東京-レッズ戦と、ガンバ-サンガ戦の後半をテレビ観戦。

 レッズは、先日のナビスコカップで優勝して意気上がるFC東京のホームでの戦いだったんだけど、まさに四苦八苦のゲームという感じだったねぇ。なんせ、前半のシュート数はわずかに1本だし、後半を含めてもたったの5本。でも、その数少ないチャンスのうち、後半早々にエジミウソンがゴールを決めて1-0で勝っちゃうんだから、サッカーってのはわかんないよねぇ。
 もっとも、今日の殊勲はGK山岸だろうなぁ。前後半通してスーパーセーブを何本繰り出したことか(^^;)。とくに後半10分に原口が2枚目のイエローで退場して10人になっての苦しい展開だったから。っていうか、そこまでシュートを打たれるディフェンス陣はどうなっとるの? って感じでもあったけど…。
 とりあえず、良く勝ったなぁ、というのが正直な感想で(^^;)。

 サンガの試合は前半を観てないのでわかんないんだけど、前半はガンバ相手に善戦してたみたいなんだけど、後半はなんかもう好き放題にやられっぱなしって感じで…。スコアは4-1だけど、実際にはもっと点差が開いててもおかしくないような展開だったしなぁ。
 これでまたしてもJ1通算100勝はお預けだし、レイソルが勝ったのでJ1残留も決定せず。しかも、残り3節がアントラーズ、レッズ、サンフレッチェとリーグ上位のチームとばかり当たるわけで、はっきり言って残留確定は他力本願って感じになってきたなぁ。大丈夫か…。

 その他の試合では、優勝を争うフロンターレとアントラーズはともに勝って、それぞれ勝ち点を58と57に伸ばして勝ち点差1のまま。ACL出場のかかる3位争いは、エスパルスがJ2降格争いのレイソルにまさかの大敗で勝ち点を伸ばせず50のまま、逆にサンガ相手に大勝したガンバが勝ち点54で一歩抜け出た形に。ガンバはこれで首位のフロンターレと勝ち点差4をキープなので、首の皮一枚とはいえ優勝の可能性もまだ残ってるか。
 一方、下位ではジェフがフロンターレに逆転負けして、トリニータに次いでJ2降格が決定。最後の1枠はレイソル、アルディージャ、ヴィッセル、モンテディオ、サンガの5チームに可能性が残されてるのか。
 そういえば、モンテディオは今日のアントラーズ戦で、史上初のシュート0本を記録したんだそうで。これまで1本という試合はJ1で6試合、J2で8試合あったそうだけどねぇ。

 残り3節、優勝争い、3位争い、降格争いと目が離せない展開だねぇ。

Posted by “Lupin” on 2009/11/08 23:46:08

2009年10月25日(日)

* J1第30節: トリニータ、J2降格決定    [  スポーツ  ]

神 戸1—0新 潟
鹿 島3—0千 葉
ガ大阪0—0横浜マ
山 形1—0 柏 
京 都1—1大 分
大 宮3—0浦 和
FC東京2—1清 水
名古屋3—3磐 田
川 崎7—0広 島

 J1は残り5節。今週はサンガ-トリニータ、レッズ-アルディージャ戦をテレビ観戦。

 サンガはホームにトリニータを迎えての一戦。サンガがこの試合を勝って、レイソルが負ければ、サンガのJ1の残留が決定する試合だったんだけど、トリニータにとっては勝てなければJ2降格が決まるというどちらにとっても大事な一戦。あ、ついでにサンガはJ1 100勝もかかってんだったっけな(^^;)。
 で、ゲームは最初からトリニータのペース。っていうか、やっぱりモチベーションの点では首の皮一枚状態のトリニータの方が上かな。あと、前半戦でトリニータが唯一勝ってる相手がサンガだったりするわけで、そういう意味では勢いの差があったのかも。
 で、前半開始早々に先取点を奪われて劣勢に立ったサンガは、守備の要とも言える李正秀が前半15分で早くも2枚目のイエローカードをもらって退場…、と完全にヤバい状況。これを救ったのが、FWの林で、前半21分にカウンターから抜け出して貴重な同点弾。その後も人数に勝るトリニータに攻め込まれ、ときおりカウンターで反撃するのがやっとのサンガだったけど、なんとかそのまま守りきって勝ち点1をゲット、と。
 逆に、この試合で勝ち点3を得られなかったトリニータは、残り4節を残してJ2降格が決定、と。ここ数試合はいい試合をしてたトリニータだけど、やっぱり前半戦の不調が尾を引いたよねぇ。
 もっとも、サンガにしても今日残留が決められなかったのはかなり痛手。なんせ、残りの4節はガンバ、アントラーズ、レッズ、サンフレッチェと上位争いを続けているチームとの対戦だけに、勝ち点を拾えない可能性も高いからねぇ。ちょっと心配な先行きだ…

 レッズはホームにアルディージャを迎えての埼玉ダービー。ただ、アルディージャは降格圏からの脱出を目指して士気は高く、完全にレッズは呑み込まれた感じだったねぇ。前半15分に先取点を許した後も、レッズは反撃ののろしもあげられず、逆に40分には攻撃の要であるポンテが2枚目のイエローを貰って退場処分に…。
 勢いに負ける上に一人少なくなってはなすすべなし。後半に入ってもレッズはいいところなく、逆にアルディージャに追加点を奪われ、さらに終了間際にはダメ押し点まで献上する有様で…。下位チームにまさかの惨敗とはなぁ。
 試合終了後には、サポーターからブーイングが飛んでたけど、今日の試合はまったくいいところなかったからなぁ。これでACL出場権の3位以内てのもほぼ絶望か。まぁ、降格の心配はないから、あとは来季に向けてのテストなりしておくのがいいのかもねぇ(^^;)。

 その他のゲームでは、アントラーズが7試合ぶりに白星を挙げて暫定首位に立ったものの、今日の試合でフロンターレがサンフレッチェに7-0と大勝して首位へ。ガンバはマリノス相手に引き分け、エスパルスは連敗と躓いたため、優勝争いはフロンターレとアントラーズの一騎打ちってところかな? またACL出場権をかけた3位争いは、レッズとサンフレッチェが脱落、代わりにエスパルスを破ったFC東京が浮上して、ガンバ、エスパルス、FC東京の争いってところか。
 また、降格争いではトリニータが降格決定、ジェフも敗れてほぼ確定(残り4節全勝して、アルディージャが全敗して勝ち点で並んでも、得失点差が現時点で14あるからね)、レイソルも敗れて残り4節で勝ち点差9はかなり厳しい状況かな。

Posted by “Lupin” on 2009/10/25 21:53:33

2009年10月19日(月)

* J1第29節: 混戦に拍車    [  スポーツ  ]

FC東京4—0 柏
山 形1—0神 戸
広 島2—2ガ大阪
川 崎3—2大 宮
浦 和1—0新 潟
横浜マ2—1名古屋
磐 田0—0鹿 島
大 分2—1清 水
千 葉1—1京 都

 日本代表の試合で1週あいたJ1は今節を含めて残り6節といよいよ終盤。今節はアルビレックス-レッズ戦のみテレビ観戦。

 で、J1休止中に行われた天皇杯2回戦で、地域リーグ所属の松本山雅にまさかの0-2での敗戦を喫したレッズだけど、今節は歩のいいアルビレックス戦。なんせここまで公式戦では5戦負けなしだからね。で、開始早々、相手DFのバックパスが短くなったのをエジミウソンがカットして、開始0分で先制点。その後もレッズが試合を支配して、楽勝かとも思われたんだけど、結局この1点が決勝点になるとはなぁ。
 まぁ、前半に鈴木、堀之内と2人が続けて負傷退場となったということはあったにしても、あんだけボールを支配していて追加点が奪えないってのはちょっとなぁ。勝つには勝ったけども、ちょっと不満とファンの残るゲームだったかなぁ。

 一方サンガはアウェイでジェフと対戦。相手はここ12試合勝ち星がなく、降格争いの2番手に沈んでいるジェフだし、いくらアウェイでも手堅く勝ち点3はいただけるだろうと思ってたのに、前半に先制点を奪ったのはジェフ。そのまま後半も決定機に決めきれない歯がゆい試合になったようでだけど、試合終了間近の後半40分にディエゴがゴール前のこぼれ球を決めて、なんとかドローに…。
 まぁ、アウェイで負けなかったを良しにするか、ってところだけども、下位相手に取りこぼしはいかんだろ、やっぱり(^^;)。

 で、その他上位陣では、前節トップに立ったエスパルスが最下位のトリニータにまさかの敗戦で4位に転落、ここにきて5連敗と泥沼だったアントラーズはジュビロと引き分けてなとか連敗は脱出も勝ち点51の2位、ガンバはサンフレッチェに2点を先行されるものの、なんとか追いついてのドローで勝ち点50で3位。で、アルディージャに競り勝ったフロンターレが勝ち点を52としてトップに。しかし、上位4チームの勝ち点差が2だけに、優勝の行方はまだまだわからんねぇ。
 さらに、ACL出場権のかかる3位には、上記の4チームと勝ち点46で5〜8位のアルビレックス、サンフレッチェ、FC東京、レッズまでが可能性を残していて終盤の争いも熾烈になりそう。

 一方下位では、トリニータが勝って、史上最速でのJ2陥落決定は逃れたものの、状況的にはかなり厳しいのは変わらず、次節にも陥落決定もありえると。さらにジェフも残り5節で9ポイント差は結構苦しくて、最後の1枠はレイソルが入ってしまうと、一気に千葉の2チームがJ2でダービーを行う羽目になるやも。あとは、アルディージャ、ヴィッセル、モンテディオあたりまでの争いってことになるか。ちなみにサンガもまだ数字的には安心できないんだけどね(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2009/10/19 09:00:13

2009年10月14日(水)

* サッカー日本代表: <親善試合> 日本5-0トーゴ    [  スポーツ  ]

日本は前半5分、遠藤からの左クロスを岡崎が押し込んで先制。同8分にも岡崎が2点目を決めた。同11分には森本が右足で代表初ゴール。後半20分には岡崎が頭で決めてハットトリックを達成した。同40分に本田が2戦連続のゴールを決めた。

 んー、まぁ、なんというか、士気もメンバーも揃わないトーゴ相手だっただけに、終始日本がゲームを支配しての快勝でしたなぁ。まぁ、相手の力量はともかく、2戦連続でハットトリックを決める岡崎は見事としか言いようがないねぇ。とくに今日は、ほとんどのメンバーが森本の得点をおぜん立てしようとしてたような状況だったわけだし(笑)。
 で、その森本もゴール前での強さを見せての代表初ゴールはお見事でしたなぁ。あと本田は、絶好のチャンスを外したものの、またしても最後にごっつあんゴールを決めるあたりは、さすがと言えるのかも(^^)。

 守備陣に関しては、今日の相手だけでは何とも言えないかなぁ。まぁ、サイドで先発した徳永はかなり良かったし、ボランチの長谷部もいい仕事してた感じだったかも。

 まぁ、相手はともかく、この3連戦で3勝というのはいい感じでしたなぁ。これで、あと年内は11月14日の南アフリカとの親善試合(@南アフリカ)と、11月18日のアジアカップ予選、アウェイでの香港戦を残すのみかな? いずれにせよ、次も今回のメンバーからさほど変わらないメンバーでの戦いとなりそうだね。

Posted by “Lupin” on 2009/10/15 01:01:30