INFOINFO
MAILMAIL

2021年 3月21日(日)

* 暖かな春の雨    [  日記  ]

 3月になって暖かな日が続き、先週の半ばに観測史上最速で桜の開花宣言が出た。例年なら「寒の戻り」があったりするんだけども今年はそれもなくて、今日も朝から雨のわりには気温は下がらずに、すっかり春になった感が強めだわ。まぁ、暖かくなったほうが過ごしやすいので大歓迎だけど(^^)。

ソメイヨシノ(染井吉野)

 さて、そんな春の日曜日、また一つ歳を重ねてしまったわけで、ついに50代ラストということに。来年は『還暦』かぁ、信じられないねぇ(笑)。もっとも、最近は身体のあちこちに不調が見受けられたりして、やっぱ歳食ったなぁ、と実感することも多いわけだけどね(^^;)。
 それでもまぁ、とりあえず日々ぐうたらに恙無く過ごせているわけなので、贅沢言っちゃいかんよね(笑)。

 で、今年もfacebookやらmixiやらでいろいろとお祝いのメッセージをいただいてありがとうございました。そろそろ人生も終盤に向かいつつあるので、ぼちぼち『終活』なんてものも気にしつつ、この一年もぐうたらにわがままに過ごしてゆく所存でございます(^^)。

Posted by “Lupin” on 2021/03/21 16:26:51

2021年 1月20日(水)

* 瞳、開いて    [  日記  ]

 朝方は昨日よりも冷え込んでいたものの、お昼過ぎから陽射しが戻って、気温も回復。明るい陽が射しているせいもあってか、気温以上に暖かく感じるねぇ。これからしばらくは平年より暖かな日が続くようで、明後日の予想最高気温は15度だとか。流石にこのまま暖かくなっちゃうことないにしても、とりあえず寒いよりもぜんぜんマシかな(^^)。


 さて、相変わらずスッキリしない体調が続いているわけだけど、ここ最近は視力もスッキリせずで、遠くも近くもなんだかぼやけた感じ。そういえば今掛けてる眼鏡を誂えたのは6年前なので、そろそろ度数もずれてるのかもしれんなぁ、と思って眼科で検査してもらうことに。

 診察してもらったのは、前回メガネを作ったときにも受診した近所の嶋元眼科。以前はわりと古びた感じの医院だったんだけど、この間にビルが建て変わっていて、えらくきれいな外観に。もちろん中も最新式(?)の機材が並んでいて、視力や眼圧、視野などの検査もPCと連動した専用の機器でサクサクと進んで快適。5種類くらいの機器で検査したあと問診では眼球の傷などの検査。

 その後、さらに瞳孔を開く目薬を挿して眼底と水晶体の検査を受け、やや血行不良気味ではあるものの、視野には問題はないとのこと。ただ、左右ともに水晶体の表面に白内障の徴候が見られるとのことで、まだ手術が必要というような状況ではないものの定期的に検査はしておいたほうがいいとか。胃カメラに続いて、こちらも年1回の検査は受けておくべきか。

 で、肝心の視力検査の結果なんだけど、裸眼は左右ともに0.03だったんだけど、メガネを掛けた矯正視力が右1.2、左1.0、両目1.5だったんだとかで、先生曰く「眼鏡はこのままでも問題ないでしょう」とのこと。あ、あれ~? この目が霞むような状況は眼鏡のせいじゃないってことなのか…。
 ってことで、とくに問題もなかったので処方箋もなしで、まぁ、良かったといえば良かったのかな(^^;)。

 検査が終わって外に出たら、明るい陽射しが照りつけていて、眩しくて仕方なかったのはご愛嬌(笑)。

Posted by “Lupin” on 2021/01/20 14:43:10

2021年 1月18日(月)

* 人生三度目の胃カメラ    [  日記  ]

 今年の冬は温かい日と寒い日とが交互にやってきていて、今日からまた寒い期間に入った模様。とはいえ、陽射しは明るいので部屋にいるとさほど寒さは感じないんだけども。まぁ、まだ1月も中旬だから、春までは遠いねぇ…。

 さて、年末からの調子の悪さは相変わらず。睡眠時無呼吸症候群(SAS)でCPAP療法を行うことになり、毎晩鼻マスクを装着して就寝するようになってから10日以上経っているものの、なかなか馴染めず、未だに夜中に何度も目覚める状態(^^;)。
 まぁ、それでも睡眠の質は改善されているようで、以前のように日中に意識が飛びそうになるったり、抗えないほどの眠気に苛まれることはなくなったのは良い兆候かな。

 一方で、CPAP治療を始めた頃から顕著になったのが胃の不調。空腹時にやたらとゲップが出たりお腹が張ったり、食後に酷くもたれたり不快感があったりで気持ち悪い状態が続いたので、胃カメラで検査してもらうことに。場所は一昨年に胃カメラを飲んだのと同じ烏丸丸太町の「今井内科胃腸科医院」で、先週の木曜日に相談に行って、今日の朝に胃カメラを飲むことに。
 前回同様に、鼻腔を広げる薬を鼻の穴へ散布し、胃を洗浄する薬をコップ一杯飲んでから、鼻と喉の麻酔用にゼリー状の薬を鼻から入れられ、その後診察ベッドの上へ。心拍数と血圧のモニターをつけられて、左腕に鎮静剤の注射をされたあと、気がついたら別のベッドで横になっていた(笑)。いやぁ、胃カメラが入るどころか、ベッドを移動したことすら覚えてないとか(^^;)。

 気がついたのは検査後30分後くらいで、その後先生に検査結果を聞いたところ、胃の内部には腫瘍や潰瘍もなくてとくに異常はないとのこと。ピロリ菌も前回の検査後に洗浄しているので影響はないはずで、もしかするとCPAP治療のストレスなのかも、とか(^^;)。
 とりあえず2週間分の薬を出してもらって様子を見ることに。これでなんとか改善するといいんだけどねぇ…。

Posted by “Lupin” on 2021/01/18 14:35:08