INFOINFO
MAILMAIL

2020年 1月28日(火)

* ネットワークトラブルで四苦八苦    [  ネットワーク  ]

 今日は東京あたりでも雪が降っていたそうなんだけど、こちらは相変わらずの暖冬。今日なんか最低気温が9.2度で朝6時ですでに11度、日中の最高気温は14.9度だったとか。風もそこそこ吹いていたんだけども東寄りの生ぬるい風だったからねぇ。週間予報を眺めても、この先もさほど冷え込みそうな気配はなし。まぁ、このまま春になっちゃえばいいよね(笑)。


 そんな生暖かな冬の一日も、朝からテニスを楽しんでいたわけだけど、帰ってきたら自宅サーバからエラーメールが山のように届いてたりしてゲンナリ。ウチではMRTG(Multi Router Traffic Grapher)を使ってサーバの動作を定期チェックしてるんだけど、今日の10時過ぎくらいからネットワークに繋がらなくなっていたらしい。

 とりえずはサーバに繋がっているADSLモデムとルータをリセットして様子見。これまでも回線のメンテかなんかで瞬断したあとに再接続できない場合があって、だいたいはこれで復旧するんでね。ただ、2回ほどリセットしてみるも接続が復活せず(^^;)。
 メインPCも光とADSLの両回線に繋いでいるので、光回線を無効にしてADSL回線だけに接続してみたんだけど、物理的な接続は問題なし。ただし、ブラウザでの閲覧なんかは不可能。

 仕方ないのでサーバのログをチェックしてみたんだけども、エラーが起こり始めた時間あたりからDNSのQueryがdeniedされてることが判明。DNSの名前解決が失敗しているってことなんだけど、まったく思い当たるフシはなし。nslookupで名前解決してみても「そんなサーバねーよ」とか素気なくあしらわれて困惑することに。
 OCN側のセカンダリDNSが落ちてるのかもと思って調べてもそんなこともないし、ネットワーク上にはトラブルはないっぽい。

 それでもなんか連絡は来てないかと、OCNからのメールを確認してみたら、昨年の10月にOCNから【重要なお知らせ】が届いているのを発見。内容は「権威DNSにおける参照DNS機能停止のお知らせ」というものだったんだけど、これがそのものズバリでしたわ。いやぁ、ウチではDNSも立ち上げていて、OCNにセカンダリDNSしてもらっているんだけど、端末のIP設定でDNSを自サーバーとOCNのセカンダリサーバにしてたわけ。で、そのOCNのセカンダリサーバが「参照DNS機能停止」したおかげで名前解決ができなくなったと。お知らせだと2019年12月から順次機能を止める、と書かれていて、ウチのセカンダリサーバが対処されたのが今日だったというわけか。

 ってことで、まずはメインPCのDNS設定を変更して問題が解消されているのを確認してから、自宅サーバ上で nmcli connection modify で ipv4.dns を更新し、systemctl restart NetworkManager で設定を反映。これで無事に復旧、と。いやぁ、【重要なお知らせ】には自サーバの名前解決には影響がないと記載されていたので未対応だったんだけど、こういう事態に陥るとは思ってもいなかったわ(^^;)。
 まぁ、とりあえず解決したので良しってことで。

Posted by “Lupin” on 2020/01/28 18:32:31

2020年 1月23日(木)

* Steam版: Portal Knights    [  ゲーム  ]

 昨夜半から降り始めた雨は、朝方にはややまとまった雨になってたんだけど、お昼過ぎには一段落。で、その雨のせいなのか、今日も気温は高めで相変わらず冬っぽくないねぇ。週間予報では日曜日くらいからまた数日は雨になりそうなんだけど、気温は10度前後のようで、雪に変わることはなさそう。うーん、今年の冬はこのまま寒くならないまま終わっちゃうのかねぇ?


 さて、ここ最近は自宅で引き篭もってることが多くなっているわけだけど、暇な時間は小説を読んだり、アニメや映画を観たり。そしてときどきゲームも。ゲームは専用端末ではなくて、もっぱらPCで、昨年の夏前くらいにSteamをインストールして、ときどき遊んでいたり。
 これまでには謎解き系のThe Roomシリーズや、昔Flash版で遊んだことのあるPortalシリーズなどをプレイしてたんだけど、先月の頭からはPortal Knightsで遊んでいたり。

Portal Knights

 で、一応、アクションアドベンチャーゲームで、職業は標準だと戦士、弓使い、魔術師の3つ。戦士が近接戦闘で、弓使いと魔術師が遠隔戦闘が得意。武器や防具は宝箱から手に入れたり、素材から自分で生産も可能。あとはブロック系がかなり用意されていて、それらを使ってクラフトゲームとしても遊ぶことができるみたい。まぁ、個人的にはぜんぜん使ってないけど。
 アクションは単純で、基本的には攻撃するか避けるだけしかできないんだけど、ロートルゲーマーとしては丁度いいヌルさ(笑)。とはいえ、近接戦闘だとかなりしんどいので、初期キャラクタは弓使いでスタート。2日間のお試し版でスタートして無料期間中にレベル20まで育てたので、そのまま正規版にアップグレード。ジョブがレベル30でカンストなんだけど4日ほどで到達し、翌日にはラスボスの討伐まで達成。その後は、実績のアンロックを目指して。チマチマとイベントをこなしたりしてたんだけど、年明けには一通りの実績をクリア。

 この後はおまけのダンジョンとかで遊んでたんだけど、DLCで拡張が出てたのでそいつもインストール。拡張をインストールすると「リフト」と呼ばれる新たなワールドが遊べるようになったので、そちらで実績の解除を。ついでに、職業として「悪党」(Rogue)が追加されたので、新しくキャラを作ってみたりも。ちなみに「悪党」は近接戦闘系なので、最初はかなり苦戦したけども(^^;)。

 「リフト」はロー、ミドル、ハイの3種類用意されていて、ここ最近はずっとハイリフトにかかりっきり。ハイリフトは全12階層で、そのうちの6階層が5面のランダムマップ、3階層が固定マップ、3階層が鍛冶場という配置。ランダムマップは6階層5面なので30面が出てくるんだけど、全60面が用意されていてそれらがランダムで出てくると。
 んで、実績として残ってたのが「ハイリフトを死なずにクリア」と「ハイリフトの秘密の宝箱をすべて見つける」という2つが残ってたんだけど、これ、2つとも達成率が0.1%というなかなかの難関(^^;)。とくに宝箱は各マップ上に2つ(もしくは3つ)隠されていて、その場所を知ってないとクリアできないと。
 そんなわけで、ここ最近は各面の宝箱の場所を探し続けていたり。結構いやらしい隠し方してある面も多くて、プレイ画面を動画に撮って、それをリプレイして確認したりとか。結局、1週間くらいかけて60面中57面までは宝箱の場所を確定(笑)。
 ってことで、ようやくさっき「ハイリフトの秘密の宝箱をすべて見つける」をクリア。

Portal Knights

 その後、「ハイリフトを死なずにクリア」もクリアして、これでようやくすべての実績をクリア! いやぁ、達成感あるわ(笑)。

 ちなみにこのゲームはNintendo SwitchやPS4版、さらにiOSやAndroidなどのスマホ版もリリースされているそうで、結構幅広くサポートされてんだねぇ。

Posted by “Lupin” on 2020/01/23 22:17:58

2020年 1月18日(土)

* カロム食堂@アバンギルド・5回目    [  ボードゲーム  ]

 で、ミープルから撤収したあと、その足で木屋町のライブハウス「UrBANGUILD」へ。定例開催の『カロム食堂』には10月、11月は不参加、12月は未開催だったので、参加するのは4ヶ月ぶり。

カロム食堂@アバンギルド

 お店に到着したのは19時半ころ。とりあえず夕食をオーダーして腹ごなしを。ちなみに今回の『カロム食堂』はお正月スペシャルということでゲームの持ち込みがOKだったんだけど、メインステージではプロジェクターにNintendo Switchが接続されて、「マリオカート」やその他のゲームがプレイされて、かなり盛り上がっておりました(笑)。

 そんな中、とりあえず夕食を済ませたあと「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 メンバーはLINE OpenChatの「カロムやりたい!」の参加メンバーのいとうさん、過去に何度かご一緒したことのあるディフェンス力の高いヤマモトさん、それとお店のスタッフの男性の4人でダブルス戦。
 ペアはいとうさんとスタッフの男性、ヤマモトさんと私という組み合わせ。1戦目はかなりの劣勢だったものの終盤に相手のミスにも助けられて逆転勝ち、2戦目は終盤にお互いがジャックを落とすことになり計3回もタワーを構築することになるもギリギリで決めきって勝ち。3戦目はこちらのチームに優勢に回って、そのまま比較的大差で勝ち。
 その後、チーム替えとなり、ヤマモトさんとスタッフの男性vsいとうさんと私のペアに。こちらは終盤になって「いかにして格好良くジャックを落とすか選手権」になって拮抗(笑)。最後はいとうさんが普通にジャックを落とされて勝ちということに。

 ここで21時を回っていたので撤収。結局、1時間半ほどでダブルスを4戦したんだけど、どのゲームも接戦でめちゃくちゃ楽しかったわ~。やっぱ、「カロム」はダブルスが楽しいよねぇ♪

Posted by “Lupin” on 2020/01/19 00:12:37

* 今日のボドゲ@カフェミープル・498回目    [  ボードゲーム  ]

 関東方面では雪がちらついたところも多かったようだけど、こちらはときおり陽も射すまずまずのお天気。ただ、やや北寄りの風が吹いていて、体感温度はやや低かったけどね。

 そんななか、今日もお昼すぎからブラブラと繁華街へ。いつもどおりに御池通をまっすぐに行くと30分弱で到着しちゃうので、今日はいつもの散歩道を通って遠回り。ついでに、御池西洞院を上がったところにある御金神社にもお詣り。元来は「金属」を祀った神社だったんだけど、最近では「お金」に関係する神社として名高いところで、境内に納められている絵馬にも宝くじやギャンブルでなどでの一攫千金祈願ばかりだったり(笑)。
 お詣りのあとはそのまま河原町三条まで歩いて1時間弱だったのでほぼ想定通り。

 その後、河原町三条で昼メシを食ってから、まずは河原町蛸薬師の「イエローサブマリン京都店」へ。「アグリコラ リバイズドエディション」(Agricola revised edition)用の拡張カード「アグリコラ: ブーブルクスデッキ」(Agricola: Bubulcus Deck)を購入。最近はまったく「アグリコラ」では遊んでないんだけども、まぁコレクションアイテムとして(笑)。
 買い物のあとは「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 で、まずは購入した「アグリコラ: ブーブルクスデッキ」をお店においてある「アグリコラ リバイズドエディション」のパッケージに追加したんだけど、すでに前回「アグリコラ: アルティフェクスデッキ」(Agricola: Artifex Deck)を追加したときでカード類が別出しにしてあって今回の追加分を増やせる余地なし(^^;)。
 結局、新たにデッキケースを買ってきて整理し直し。

「アグリコラ: ブーブルクスデッキ」 「アグリコラ: ブーブルクスデッキ」

 一応、「標準: 職業」「標準: 小さい進歩」「5・6人用拡張: 職業」「アルティフェクスデッキ: 職業」「アルティフェクスデッキ: 小さい進歩」「ブーブルクスデッキ: 職業」「ブーブルクスデッキ: 小さい進歩」と分けておいたんだけど、まぁ、1回遊んだら混じっちゃうだろうねぇ(^^;)。


 ↑の作業中にウメさんとイナさんもいらしていて、マツダさんがいらっしゃるまで時間があるとのことだったのでご一緒することにして、3人で「空中庭園」(The Hanging Gardens)を。

「空中庭園」 「空中庭園」

 前回遊んだときにはいろいろ勘違いしていたものの、ゲーム自体は楽しかったので再プレイ。ウメさんが初プレイだったので、イナさんと2人でインストしてからプレイ。
 で、今回は屋敷の場所を熟考し、さらにボーナスタイルの色も間違えないように慎重にプレイした結果、序盤からわりといい感じで展開。一方、序盤はイナさんの回りが悪かったようで、ウメさんがタイル5枚のところ、イナさんはまだ2枚という出遅れ気味。ただ、中盤以降はイナさんが巻き返されて、最終的にはイナさんが67点でトップ、ウメさんが59点、私が54点という結果に。まぁ、前回は20点に満たない得点だったので上出来だろう(笑)。


 次も同じメンバーで「セイミ・イン・ザ・スーパークレイジーワールド」(Seimi in the Super Crazy World)を。

「セイミ・イン・ザ・スーパークレイジーワールド」 「セイミ・イン・ザ・スーパークレイジーワールド」

 モンスターの闊歩する「スーパークレイジーワールド」に迷い込んだ少女を助けるというゲーム。4種類の攻撃方法をもつ、4体の使い魔を駆使し、モンスターの弱点を攻撃してゆく。ただし協力ゲームではなく、攻撃力が高かった順に得点が加算される方式で、最終的にもっとも得点を稼いだプレイヤーの勝利。
 攻撃は手札からカードを出すことで行えるんだけど、手札の補充は基本的には各ラウンド1枚のみ。ただし、手札を1枚捨てることで2枚のカードを補充することもできる。攻撃の際に出したカードは、得点を稼ぐとそれぞれ1枚ずつ破棄する必要があり、破棄しなかったカードは次回の戦闘に利用することができる。ただし、1つの使い魔では1種類の攻撃しか選択できない。

 で、イシカワさんにインストしていただいてからプレイ。あと通常なら6体のモンスターを討伐しないといけないんだけど、今回はショートバージョンということで4体と戦うことに。序盤は様子見で1体目のモンスターには攻撃を行わずに手札を温存。2体目は2位で4点、3体目も2位で3点を稼いだものの状況的にはやや不利な感じ。
 それでもなんとかカードをかき集め、最後のモンスター相手には11ポイントを叩き込んで1位を確保。これで5点をゲットしてトータルで12点となり、11点だったイナさんを逆転してトップに(^^)。

 基本的にはセットコレクション的なゲームだけど、各モンスターの討伐で得られる得点がランダムなので点数をどこで稼ぐかを考えるのがキモなのかな? なお、プレイ人数は2~5人で、想定プレイ時間は約45分。


 ここで19時を回っていたので撤収。「アグリコラ: ブーブルクスデッキ」の収納でかなり時間を喰ったのでゲームはあんまりできなかったけど、それなりに楽しめたので満足いたしました♪
 ちなみに↑のプレイ中にマツダさんがいらしていて、この後にイナさん、ウメさん、マツダさんの3人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)がプレイされてましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2020/01/19 00:11:43