INFOINFO
MAILMAIL

2017年 3月 1日(水)

* 日本人の平均寿命、過去最高を更新 G7でもトップ:朝日新聞デジタル

2015年の日本人の平均寿命は男性が80・75歳、女性は86・99歳となり、過去最高を更新した。厚生労働省が1日に発表した「完全生命表」で確定した。5年に1度行われる国勢調査に合わせた調査で、前回公表された10年の完全生命表に比べ、男性が1・20歳、女性が0・69歳上回った。

日本人の平均寿命がまた伸びたんだね。今回は2015年に行われた国勢調査に基づいた調査の結果だそうで、男性が80.75歳、女性が86.99歳になったんだとか。平均寿命通りだと、まだあと25年ほど生きられることになるのか。へぇ。

タグ : [  ニュース | 健康 | 生活  ]      Posted by “Lupin” on 2017/03/02 01:36:35

2016年10月29日(土)

* 手術中にやけど「腸内ガスで発火の可能性」 東京医大:朝日新聞デジタル

東京医科大学病院(東京都新宿区)で4月、レーザー手術中に出火し女性患者が大やけどをした事故で、同病院は28日、患者の腸内ガス(おなら)がレーザー照射で火がつき、手術用の布(ドレープ)に燃え移った可能性が高いとする外部の有識者の調査報告書を公表した。

うはー、腸内溜まったガスにレーザー照射で引火、それがもとで火災が発生してやけどしちゃったのか。怖いねぇ…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 事故  ]      Posted by “Lupin” on 2016/10/29 22:22:43

2016年 7月27日(水)

* 男性80.79歳、女性87.05歳 平均寿命過去最高:朝日新聞デジタル

2015年の日本人女性の平均寿命は87・05歳、男性は80・79歳で、いずれも過去最高を更新した。各国・地域と比較すると、女性は香港に抜かれて4年ぶりの世界2位、男性は3位から4位に下がった。厚生労働省が27日に発表した「簡易生命表」で分かった。

15年の平均寿命は前年と比べて女性が0・22歳、男性が0・29歳延びた。男女ともがん、心疾患、脳血管疾患の「3大疾患」による死亡が減ったことが大きいという。3大疾患で死亡する確率は女性が46・92%、男性が51・60%だった。

日本人の平均寿命が、また過去最高になったんだね。男性は80.79歳、、、あと35年ほど残ってる計算なのか(笑)。でも、男女ともにトップじゃないってのが凄いな。

タグ : [  ニュース | 健康 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2016/07/27 20:37:17

2016年 2月 5日(金)

* インフル患者、1週間で倍増 首都圏など警戒レベルに:朝日新聞デジタル

国立感染症研究所は5日、直近1週間(1月25~31日)で、全国約5千カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が1機関あたり22・57人で、前週より倍増したと発表した。初めて警報レベルに達したのが首都圏の埼玉、神奈川や福岡など5県、近畿も全6府県で注意報レベル入りした。
(中略)
都道府県別では1機関あたりの患者数が最も多いのは新潟の39・44人。埼玉、神奈川、福岡、沖縄を含めた計5県が警報レベルの30人を超えた。東京は25・98人。

今年は暖冬だったこともあって、インフルエンザの流行も例年に比べるとずいぶんと遅れているようだけど、そろそろあちこちで流行の兆しが見えてきているようだね。とりあえず、外出後は手洗いうがいを欠かさないようにして自衛しないとなぁ。

タグ : [  ニュース | 健康 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2016/02/05 21:00:15

2016年 1月15日(金)

* インフルエンザが流行入り 例年より遅く:朝日新聞デジタル

厚生労働省は15日、全国的にインフルエンザが流行期に入ったと発表した。全国約5千カ所ある定点医療機関から直近の1週間(1月4日~10日)に報告されたインフルエンザ患者数は、1医療機関あたり2・02人(患者数9964人)。流行開始の目安とされる「1人」を超えた。

12月末までに流行期入りしなかったのは2006年~07年シーズン以来で、例年よりは遅い。

都道府県別で患者数の報告が多いのは、沖縄8・19人、秋田7・85人、新潟5・73人、北海道4・84人、千葉2・49人など。この1週間に全国の医療機関を受診した患者は約13万人にのぼると推計されるという。

で、今年は暖冬でいろいろなものの周期がずれているけども、インフルエンザの流行も今年は遅く、今週になってようやく流行入りだとか。その分、ピークも遅れるようで、2月中旬ころになりそうだとか。これから注意が必要だねぇ。

タグ : [  ニュース | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2016/01/15 21:21:01

2016年 1月14日(木)

* アフリカのエボラ熱、終息宣言 WHO「再発あり得る」:朝日新聞デジタル

世界保健機関(WHO)は14日、西アフリカのリベリアで流行したエボラ出血熱の終息を宣言した。西アフリカ3カ国を中心に1万1315人の死者を出した大流行は、2013年12月の発生から2年あまりで事実上、終わった。ただWHOは「再発もあり得る」として監視を継続する。
(中略)
この大流行では、リベリア、ギニア、シエラレオネを中心に、ナイジェリア、マリ、セネガル、米国、英国、イタリア、スペインでも感染者が出た。

2013年の末に発生し、2014年には世界各地に飛び火して大騒ぎになっていたアフリカのエボラ禍だけども、WHOから終息宣言が出されたんだね。ただ、完全に封じ込めたというわけではなくて、今後も再発を監視していくことになるとか。まぁ、とりあえず一段落したようで何より。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2016/01/15 00:43:38

2015年12月19日(土)

* 中国、空気も爆買い? カナダ産の缶、高値でも予約殺到:朝日新聞デジタル

この企業はカナダ西部エドモントンの「バイタリティーエア」社。英紙デイリー・テレグラフ(電子版)や同社への取材によると、創業者2人は昨年、ロッキー山脈の空気をポリ袋に詰め、99セント(約120円)でネットオークションの米イーベイに出品。価格は瞬く間に跳ね上がり、1万9千円の値がついたという。

2人はビジネスチャンスとみて同社を設立し、空気を圧縮してスプレー缶に入れる方法を研究。今年11月、150回分の空気が吸える缶を100元(約1800円)で売り出したところ、10日ほどで500本を完売した。その後に出荷した4千本の多くも、中国到着を前に予約が埋まったという。中国のネット通販サイト「タオバオ」にも出品された。

大気汚染が酷い中国で、カナダの空気が飛ぶように売れているんだそうで。もともとはロッキー山脈の空気をポリ袋に詰めて売りだしたのが大当たりしたんだそうだけど、とりあえず商品な缶に圧縮して詰める努力はしてるんだなぁ(笑)。まぁ、日本でも似たようなボンベは売られているわけで、どこも似た様なものか…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 国際  ]      Posted by “Lupin” on 2015/12/20 02:43:11

2015年12月10日(木)

* イソジン販売、明治から塩野義製薬へ カバくんは残留:朝日新聞デジタル

「イソジン」の名前で知られる明治のうがい薬を来年4月から塩野義製薬が売ることになった。明治が国内でつくって売る権利を失うためだ。ただ、商品キャラクターの「カバくん」は明治に残り、4月に同社が出す新しいうがい薬でもキャラを務めるという。

 明治などが9日発表した。イソジンを引き継ぐ塩野義もカバを使ったキャラをつくる方向で検討しており、店頭で「カバ対決」が始まる可能性もある。

国内での「イソジン」の発売元が明治からシオノギに変わるそうなんだけど、明治の新しいうがい薬はキャラクターを引き継ぐ上にパッケージも現製品とほぼ同じでややこしいことになりそうだねぇ。しかも、シオノギもカバのキャラクターを新設するとかで、さらにわかりにくくなったりして(^^;)。消費者が戸惑わないようにしてほしいなぁ。

タグ : [  ニュース | 経済 | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2015/12/10 20:32:40

2015年 7月30日(木)

* 平均寿命が女性86歳、男性80歳に 過去最高を更新:朝日新聞デジタル

2014年の日本人女性の平均寿命は86・83歳、男性は80・50歳だった。いずれも過去最高を更新。女性は3年連続で世界一、男性は前年の世界4位から3位に上昇した。
(中略)
14年の平均寿命は前年と比べ、女性が0・22歳、男性が0・29歳延びた。女性は心疾患や脳血管疾患、男性はがんや肺炎の死亡状況が改善したことが大きいという。厚労省は、医療技術の進歩や健康意識の高まりが背景にあるとみている。

日本人の平均寿命がまた伸びたのか。まぁ、0歳時の平均余命だから、われわれはもうちょっと短いんだろうけども、それでも平均で80歳だからなぁ、すごいよなぁ。まぁ、元気で長生きできるってことはいいことだ、たぶん(笑)。

タグ : [  ニュース | 健康 | 生活 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2015/07/30 23:20:15

2015年 4月20日(月)

* デング熱、今年は流行させません 代々木公園で調査開始:朝日新聞デジタル

昨夏、約70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱の流行を防ごうと、東京都は20日、代々木公園(渋谷区)で蚊の採取を始めた。11月まで定期的に採取し、デングウイルスの保有の有無を把握する。日比谷公園や上野公園などでも順次、蚊の採取を始める。

昨年の夏に、代々木公園や新宿御苑などで感染者が出たデング熱禍は寒くなって蚊の活動が少なくなるともに沈静化してたわけだけど、今年もそろそろ蚊の活動時期に入るということもあって、臨戦態勢になっているようだね。とりあえず、撲滅されているといいんだけどねぇ。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2015/04/20 15:29:47

2015年 3月27日(金)

* はしかウイルス「排除状態」に 日本国内、WHOが認定:朝日新聞デジタル

厚生労働省は27日、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局が、はしか(麻疹)が日本国内で「排除状態」にあると認定したと発表した。2010年5月を最後に、長く流行の中心になっていた土着のウイルスは検出されていないという。ここ数年、年200~500人が海外から持ち込まれたウイルスに感染しており、厚労省は定期接種を呼びかけている。

いつだったか、大学あたりで「はしか」が流行して大人でも注意が必要なんて話が聞かれたことがあったけども、最近は罹患患者の数もめっきり減って、日本型の「D5株」による感染者は年間500人以下にまで減ってるんだねぇ。もっとも、海外から持ち込まれるウィルスによる感染もあるわけで、撲滅されたわけじゃないので注意が必要と。

タグ : [  ニュース | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2015/03/27 18:08:32

2015年 2月15日(日)

* 階段171段、駆け上がる 京都駅ビル : 京都新聞

京都市下京区のJR京都駅ビルで14日、恒例の「大階段駈(か)け上がり大会」が開かれた。参加者315人が高低差約30メートルの171段を勢いよく走り、健脚を競い合った。

KBS京都が主催し、18回目。18歳以上の女性1人と、45歳以上の男女いずれか1人を含む計4人でチームを組む。一般と新設されたパフォーマンスの2部門に京都のほか大阪、福岡、神奈川、広島など全国から計78チームが出場し、4人の合計、個人のタイムでそれぞれ順位を決めた。

毎年、JR京都駅ビルの大階段で行われる「駆け上がり大会」が昨日行われたんだねぇ。今年でもう18回目だそうだけど、あの高さを一気に駆け上がるってのはすごいよなぁ。今年は雨にならずに良かったねぇ。

タグ : [  スポーツ | ニュース | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2015/02/15 10:19:45

2015年 1月19日(月)

* 独身の1人暮らし “高血圧の危険性高まる” NHKニュース

厚生労働省の研究班で、滋賀医科大学の三浦克之教授などのグループは、厚生労働省が5年前に行った「国民健康・栄養調査」の結果を基に、全国の20歳以上のおよそ2800人の血圧のデータと、結婚しているかどうかの関連を分析しました。
その結果、上の血圧の値が140以上、または下の血圧が90以上の「高血圧」の人の割合は、結婚している人では48.2%だったのに対し、独身で1人暮らしをしている人は20ポイント高い68.4%でした。
さらに、年齢や性別、それに飲酒や喫煙などの生活習慣の要因を除外して分析したところ、独身で1人暮らしをしている人が高血圧になる危険性は、結婚している人の1.73倍だったということです。

あぁぁぁぁ、そうなのよねぇ。最近、私も上の血圧がちょっと高めになってるんで気になってるんだけども、「独身の一人暮らし」だから仕方ないのか。ちなみに、下の血圧もかなり低いんで上下差がかなり幅広かったりするので余計にやばいんだけども(^^;)。

タグ : [  ニュース | 健康 | 調査  ]      Posted by “Lupin” on 2015/01/19 15:33:21

2014年12月29日(月)

* エボラ出血熱:感染疑いの男性は陰性 厚労省発表 - 毎日新聞

厚労省によると、男性は今月14〜21日、シエラレオネに滞在し、23日に旅客機で成田空港に到着した。29日未明に38.2度の発熱があり、自ら保健所に連絡。指定医療機関の国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に搬送された。国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山市)で血液の遺伝子検査を行ったところ、同日夜に陰性と判明。急性副鼻腔炎(ふくびくうえん)と診断された。

今日の未明にエボラ熱への感染が疑われて入院していた男性だけど、その後の検査で陰性だと判明したんだそうだ。これまで国内で感染が疑われた人は4例目のだそうだけど、いずれも陰性と判明してるのか。しかし、今回のような迂闊な人を現地にやれないようにして欲しいもんだなぁ…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/12/29 23:50:41

* エボラ熱:西アフリカから帰国の邦人男性、感染疑いで検査 - 毎日新聞

厚生労働省は29日、エボラ出血熱が流行する西アフリカのシエラレオネから帰国した東京都内の30代の男性が、同日未明に発熱したため、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に搬送したと発表した。男性は現地でエボラ熱患者の埋葬に立ち会い、遺体を入れた袋に触れたことがあったため、健康監視に加えて外出自粛要請を受けていた。
(中略)
厚労省は男性について、国や国連などの機関に所属せず医療従事者でもないとした上で、「現地の支援をしたかったと言っている」と説明している。

依然として西アフリカで感染の広がりを見せるエボラ熱だけど、東京でエボラ熱への感染が疑われる人が発見されたんだそうで。で、医療関係者なのかと思ったら、そうじゃなく、単なるボランティア(?)くずれな感じの人のようで。こういう人がのこのこと現地を彷徨けるのはちょっとこわいねぇ…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/12/29 15:38:33

2014年12月26日(金)

* 来春の花粉、東日本「かなり多い」 今春の180%超も:朝日新聞デジタル

環境省は25日、来春のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測を発表した。総飛散量は今春と比べ、東北から東海、北陸地方でかなり多くなり、近畿と中国地方は同程度かやや多め、四国、九州地方で少なくなる見込みだという。

東北、関東、甲信、北陸、東海地方は、一部を除き今春の180%以上の飛散が見込まれ、県によっては数倍から10倍を超える。近畿と中国地方では一部の県を除き今春の80~150%、四国と九州地方のほとんどは50%未満と予測された。

来春の花粉の飛散予測が環境庁から発表になったけど、東日本でかなり増加する傾向にあるんだそうで、花粉症の人には辛いシーズンになりそうだねぇ(^^;)。

タグ : [  ニュース | 気象 | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2014/12/26 21:11:55

2014年12月 6日(土)

* 京都でインフルエンザ、今冬初検出  : 京都新聞

京都市は5日、北区の女児(0)からA香港型インフルエンザウイルスを検出したと発表した。京都府内でのウイルス検出は今冬初めて。

東京ではすでに先月末に流行が始まっているインフルエンザだけども、京都では昨日、今シーズン初めてのインフルエンザ患者が確認されたんだそうで。全国的に同じような傾向かと思ってたんだけど、こんなに違うものとはちょっとびっくり。

タグ : [  ニュース | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2014/12/06 11:20:19

2014年11月27日(木)

* 東京都内でインフルエンザの流行始まる NHKニュース

東京都によりますと、今月23日までの1週間に、都内419の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は1施設当たり1.9人になりました。
東京都は流行開始の目安となる「1」を超えたとして、27日、「インフルエンザの流行が始まった」と発表しました。
インフルエンザは例年、12月から3月にかけて流行しますが、11月から流行が始まるのは平成19年以来7年ぶりだということです。
都内では、今月23日までに学校や福祉施設など合わせて59の施設でインフルエンザとみられる集団感染が発生し、48の幼稚園や学校で学級閉鎖などが行われたということです。
また、これまで都の研究施設で検出したウイルスの型はすべてA香港型だということです。

今年も寒くなってきてそろそろインフルエンザに掛かる人が増え始めているようだねぇ。東京ではすでに学級閉鎖が行われているところもあるようで。インフルエンザの流行にかぎらず、外から帰ったら手洗い、うがいは必ずするようにしましょう(^^)。

タグ : [  ニュース | 健康  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/27 19:22:12

2014年10月31日(金)

* デング熱で閉鎖の代々木公園、2カ月ぶりに開放:朝日新聞デジタル

デング熱の国内感染で、大半が閉鎖されていた東京都立代々木公園(渋谷区)が31日朝、約2カ月ぶりに開放された。気温が下がって蚊が減ったうえ、蚊からウイルスも検出されなくなり、都が安全と判断した。ジョギングや散歩に多くの人が訪れる都心の憩いの場に日常の光景が戻った。
(中略)
厚生労働省によると、30日までに確認された国内感染者は159人。このうち128人は代々木公園とその周辺を訪れていた。15日を最後に新たな感染者は報告されていないという。

8月末に発生したデング熱禍で閉鎖されていた代々木公園が約2ヶ月ぶりに開放されたんだそうで。新宿御苑に遅れること2週間か。デング熱の患者も10月15日を最後に報告されていないそうで今年はこれで収束ということになりそうだけど、来年暖かくなったときがどうか気になるね。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/31 18:33:44

2014年10月17日(金)

* エボラ熱、3次感染の疑い 2次感染の女性を搬送:朝日新聞デジタル

アフリカ以外で初のエボラ出血熱感染が起きたスペインで16日、新たに4人に「疑い」が持ち上がった。「3次感染」が起きた可能性があるほか、リベリアから帰国して5日たった神父も含まれており、市民に不安が広がりつつある。

スペインでは9月までに、西アフリカで感染した神父2人が帰国してマドリードで治療を受けたものの死亡し、看護に携わった女性(44)が二次感染して入院している。地元メディアによると、10月初め、この女性の搬送にかかわった男性が「3次感染」した可能性がある。感染リスクは高くないと位置づけられて経過観察の対象だったが、発熱したため入院して検査を受けることになった。また、神父は、死亡した2人と同じ団体で活動しており、11日にリベリアから帰国していた。

さらに、ナイジェリアからマドリードに入った男性も入院した。経由地のパリからの機内で体調を崩した。150人余りの同乗客は、熱を毎日測るよう求められている。

西アフリカで広がるエボラ熱の流行だけど、ついにヨーロッパで3次感染が疑われる事例が発生したんだそうで、いよいよやばい感じになってきてるのかも(^^;)。WHOからもこの2ヶ月が勝負だというコメントが出ていたようだけど、世界レベルで対策を行わないとまずいことになりそうだ…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/17 17:42:39

2014年10月16日(木)

* デング熱で閉鎖の新宿御苑、17日に再開:朝日新聞デジタル

デング熱の国内感染で閉鎖していた新宿御苑(東京都新宿区、渋谷区)について、環境省は17日から全域で施設利用を再開することを決めた。殺虫剤の散布や幼虫駆除、気温の低下によって蚊が大幅に減り、採取された蚊からもウイルスが検出されなくなったため。

新宿御苑は、近くの代々木公園周辺でデング熱に感染した人が見つかったことを受け、9月7日から閉鎖していた。週1度、園内で蚊を採取してウイルス検査をしてきたが、9月26日を最後にウイルスは検出されていない。

8月末に発生したデング熱禍で、感染場所の一つとなり閉鎖されていた新宿御苑が明日から再開されることになったそうだね。っていうか、まだ閉鎖してたんだ、知らなかった。まぁ、ここんとこ急に気温が下がって蚊が行動しなくなったから大丈夫だと思うけども、しばらくは注意したほうがいいかもね。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/16 21:08:18

2014年10月15日(水)

* デング熱、10月以降の感染3人目 流行は下火に:朝日新聞デジタル

厚生労働省は15日、デング熱の国内感染が新たに1人で確認されたと発表した。東京都内に住む10代男性で、7日に発症した。感染場所は不明という。

新規患者の発表は5日ぶりで、これで18都道府県在住の計159人になった。10月1日以降に発症したのは3人で、流行は下火になっている。

しばらく聞かなかったデング熱禍のニュースだけど、今日久しぶりに感染者が確認されたんだそうで。発症したのは7日だそうで1週間前なんだけど、そうすると蚊に刺されたのは9月の末ということで、まだそんな時期でも汚染された蚊が残っていたってことだよねぇ。流行は下火とはいえ、まだ安心できる状況とは思えないんだけども…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/15 21:47:49

2014年10月13日(月)

* 米国内で初のエボラ熱2次感染か 死亡患者の医療従事者:朝日新聞デジタル

米テキサス州の保健当局は12日、同州の病院でエボラ出血熱で8日に亡くなったリベリア人男性の治療にあたっていた医療従事者が、2次感染した可能性があると発表した。確定すれば、米国内でエボラ患者から別の人に感染が広がった初めての例となる。

先日、スペイン国内で二次感染が確認されたエボラ熱だけど、今度はアメリカでも国内感染が発生したようだね。どちらも罹患者の治療にあたった医療従事者のようで、今後同様の事例が増えていかないかが心配なところ。

タグ : [  ニュース | 健康 | 国際  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/13 10:57:57

2014年10月 7日(火)

* エボラ熱、スペインで感染か 治療に携わった看護師女性:朝日新聞デジタル

スペイン政府は6日、マドリードの病院でエボラ出血熱の治療にかかわっていた看護師の女性が感染したと発表した。国内での感染だとすればアフリカ以外で初の事例とみられ、夫や近親者らに感染が広がっていないかどうか検査を進めるという。
(中略)
スペインでは8、9の両月、それぞれリベリア、シエラレオネで感染した神父が帰国して治療を受けたものの死亡している。この女性は両ケースとも看護に携わったとされる。感染の確認直前は休暇中だったという。保健当局は女性と接触した人物の特定を急いでいる。子どもはいないという。

一方、西アフリカを中心に拡大を見せつつあるエボラ熱の感染だけど、ついにヨーロッパはスペインで、国内での感染と思われる患者が見つかったんだそうだ。今回の感染者は、すでに死亡した感染者の治療にあたっていた女性だそうで医療現場での二次感染ということだね。うーん、こちらも心配な状況。

タグ : [  ニュース | 健康 | 国際  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/07 21:00:13

* デング熱、兵庫・西宮でも感染の疑い 首都圏以外で初:朝日新聞デジタル

厚生労働省は7日、デング熱の国内感染が新たに2人で確認されたと発表した。うち1人は兵庫県西宮市在住の女子学生(19)で、同市内で蚊にさされ感染した疑いがあるという。感染場所が首都圏以外とされるのは初めて。国内感染したのは18都道府県在住の計157人になった。
(中略)
女子学生は帰国後に東京周辺に行っておらず、22日に自宅で蚊に刺されたという。厚労省は、代々木公園周辺で感染した人が西宮を訪れて蚊にさされ、ウイルスを持ったその蚊に女子学生が刺されて感染した可能性が高いとみている。

ここしばらくは新しい患者も日に1人とかの状況で、そろそろ終息に向かいつつあるのかと思われていたデング熱禍だけど、なんと今日、西宮で新たに罹患者が見つかったんだそうだ。しかも、都心へは行っておらず、自宅周辺で蚊に刺されたそうで、関西でもウイルスを持った蚊が生息している可能性が高まったわけか。うーむ…。

タグ : [  ニュース | 健康 | 防災  ]      Posted by “Lupin” on 2014/10/07 20:56:57