INFOINFO
MAILMAIL

2018年 7月 2日(月)

* 落語家の桂歌丸さん死去 81歳 「笑点」の司会役:朝日新聞デジタル

テレビ番組「笑点」の顔として長く親しまれた落語家で、長編怪談噺(ばなし)の復活を手掛けた落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌〈しいな・いわお〉)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳だった。
(中略)
1936年、横浜市生まれ。51年に五代目古今亭今輔に入門、今児を名乗った。兄弟子の四代目桂米丸の門下に移り、米坊を経て歌丸。68年、真打ちに昇進した。

「笑点」は66年の放送開始から大喜利の回答者として出演。三遊亭小円遊との「ハゲ」「キザ」といった激しい掛け合いや、社会風刺を利かせた回答で幅広い人気を得た。五代目三遊亭円楽の降板後、司会者を務めた。

歌丸師匠がお亡くなりになったのか。最近はいろいろな症状で入退院を繰り返されていたようで、今日のお昼に亡くなられたとか。日テレの「笑点」で、先代の円楽師匠とのやり取りが印象に残っているなぁ。享年81歳。長い間お疲れ様でした、ゆっくりとお休みください。合掌。

タグ : [  ニュース | 芸能 | 訃報  ]      Posted by “Lupin” on 2018/07/03 01:58:04
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。