INFOINFO
MAILMAIL

2018年 6月29日(金)

* 日本、2大会ぶり3度目の決勝T進出…ポーランドに敗戦も“フェアプレーポイント”で突破 | サッカーキング

【スコア】
日本代表 0-1 ポーランド代表

【得点者】
0-1 59分 ヤン・ベドナレク(ポーランド)

ワールドカップのグループリーグの第3戦はFIFAランク8位のポーランド代表。日本代表はこれまでからスタメン6人を替えて臨んだもののこれが不発。っていうか、武藤選手の我儘っぷりが酷かった。まぁ、FWなんで自分で点を取りたいって気持ちあるにせよ、ゴール前により有利な選手がいるのにパス出さないとかありえん。もう、君は出てこなくていいよ。一方、同じく初スタメンだった宇佐美選手はやや守備が緩慢だった部分もあったけど、枠内シュートも何本かあったし、左サイドからゴール前に何本もいい球を入れていたりして十分に及第点。GKの川島選手は、これまで2戦分のチョンボを帳消しにするスーパーセーブは見事。
試合はポーランドに先制を許し、自力でのグループリーグ突破がなくなったあと、ラスト15分を他会場の結果待ちで逃げにかかるというびっくりな「戦術」を披露。結果的にそれが功を奏してグループリーグ突破となったものの、セネガルが得点を取っていたら、どんだけ批判されたかとか考えると、あの決断はすごいな。リスペクトはできんけど。
決勝トーナメントの対戦相手はグループGを首位で勝ち上がった世界ランク3位のベルギー。この試合で温存した主力メンバーがどんなパフォーマンスを見せてくれるか。日本時間2日の27時キックオフの試合に注目。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2018/06/29 09:26:16
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。