INFOINFO
MAILMAIL

2015年 4月15日(水)

* グリコのリズム、プラレールの青…音や色の商標出願続々:朝日新聞デジタル

商品特有のイメージカラーや、テレビCMで使う効果音などが、4月から商標登録できるようになった。特許庁は14日、こうした「新商標」の10日までの出願が、計515件に達したと発表した。

新たに登録できるのは、「音」「色彩」「位置」「動き」に、角度によって模様が浮かび上がる「ホログラム」を加えた5種類。これまでは文字やマークなどしか登録できなかったが、欧米ではすでに商標として認められている分野で、企業からの要望も受け、昨年の法改正で日本も追随した。

10日時点で、出願が一番多かったのは「色彩」の203件だ。トンボ鉛筆は「MONO」ブランドの消しゴムのカバーなどに使う青、白、黒の3色の組み合わせを出願。タカラトミーはおもちゃの「プラレール」の線路に使うやや淡めの青色を、イオンは企業ロゴなどに使っているマゼンタ(明るい赤紫)を出願した。

2番目が「音」で、166件。江崎グリコはテレビCMでおなじみの「♪グ・リ・コ」を、湿布薬の「サロンパス」で知られる久光製薬も「♪ヒ・サ・ミ・ツ」を出願した。

今月から商標として登録できる案件に「音」「色彩」「位置」「動き」「ホログラム」の5種類が追加されたんだそうで、各メーカーとも躍起になって新商標を登録しているようだねぇ。しかし、音はともかく色が登録されちゃうとバッティングする例が出てきそうな気がしなくもないけども、これもまぁ早い者勝ちの世界だからなぁ(^^;)。

タグ : [  ニュース | 規則  ]      Posted by “Lupin” on 2015/04/15 09:51:52
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。