INFOINFO
MAILMAIL

2014年11月18日(火)

* 「バンド・エイド」を新メンバーで再結成 エボラ救済:朝日新聞デジタル

エボラ出血熱と闘う西アフリカの人々を支援しようと、英国のトップ歌手らが30年前の1984年に結成したチャリティー・バンド「バンド・エイド」を新たな顔ぶれで再結成した。

ロイター通信などによると、呼びかけたのはアイルランド人歌手ボブ・ゲルドフさんら。今回は、30年前にも参加した「U2」のボノさんのほか、「コールドプレイ」のクリス・マーティンさんや男性グループ「ワン・ダイレクション」など、30人あまりの人気歌手やグループが集まった。

30年前に約800万ポンド(約14億6千万円)を売り上げたという楽曲「Do They Know It’s Christmas?」のメロディーはそのままだが、歌詞は一部が「愛のキスもあなたの命を奪う」などとエボラ出血熱を連想させるものに書き換えられている。

30年前にエチオピアで起こった飢餓を救済するために結成されたチャリティーバンド「バンド・エイド」が、今度はエボラ出血熱の支援を目的に再結成されたんだそうだ。楽曲は30年前と同じ“Do They Know It's Christmas?”を歌うんだそうだ。ちなみに「バンド・エイド」はこれまでに1984年、1989年、2004年の3回結成されていて、これが4回め。

タグ : [  ニュース | 音楽 | 国際  ]      Posted by “Lupin” on 2014/11/19 01:08:55
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。