INFOINFO
MAILMAIL

2015年 7月 8日(水)

* 首位大宮は2点差から逆転勝利…2位磐田は終了間際の失点でドロー/J2第22節 | サッカーキング

■J2第22節結果
コンサドーレ札幌 2-3 大宮アルディージャ
ザスパクサツ群馬 1-1 ロアッソ熊本
横浜FC 0-0 セレッソ大阪
ツエーゲン金沢 0-0 ジェフユナイテッド千葉
ジュビロ磐田 1-1 カマタマーレ讃岐
FC岐阜 0-2 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 0-1 徳島ヴォルティス
ファジアーノ岡山 1-1 V・ファーレン長崎
愛媛FC 0-0 栃木SC
大分トリニータ 1-1 水戸ホーリーホック
アビスパ福岡 4-2 ギラヴァンツ北九州

J2は中3日で第22節。首位のアルディージャは6位のコンサドーレに2点を先行されるも、その後3点を奪って逆転勝利。一方、2位ジュビロ、3位ツエーゲン、4位ジェフ、5位セレッソはすべてドロー。7位のアビスパが勝ったため上位陣はアルディージャ(勝ち点49)、ジュビロ(同41)、ツエーゲン(同38)、ジェフ(同37)、アビスパ(同36)、セレッソ(同35)という順になり、アルディージャが独走態勢に。
17位のサンガはホームに19位のヴォルティスを迎えるも、前半の失点を挽回できずに0-1で敗退。勝ち点で並んだヴォルティスに得失点差で逆転され18位に順位を下げた。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2015/07/09 01:06:44

* シャラポワ4強 ジョコビッチ8強 ウィンブルドン - テニス : 日刊スポーツ

女子シングルス準々決勝で第4シードのマリア・シャラポワ(ロシア)がココ・バンダウェイ(米国)に6-3、6-7、6-2で競り勝ち、4年ぶりに準決勝に進んだ。

ガルビネ・ムグルサ(スペイン)は7-5、6-3でティメア・バシンスキー(スイス)に勝ち、4大大会で初めてベスト4に入った。

日没で前日から持ち越しとなった男子シングルス4回戦では、2連覇に挑む第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、再開された最終セットを奪って第14シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-7、6-7、6-1、6-4、7-5で退け、7年連続で準々決勝に進出した。

テニスのウィンブルドン選手権は9日目。前日、サスペンデッドとなった第1シードのジョコビッチ選手と第14シードのアンダーソン選手の男子シングルス4回戦は、第5セットを7-5でジョコビッチ選手が取り、大逆転のセットカウント3-2でジョコビッチ選手がベスト8入り。
一方、女子では準々決勝が行われ、第1シードのセリーナ選手が第23シードのアザレンカ選手を2-1で、第4シードのシャラポワ選手はノーシードのバンデウェイェ選手を2-1、第13シードのラドワンスカ選手は第21シードのキーズ選手に2-1、そして第20シードのムグルザ選手は第15シードのバシンスキー選手を2-0で下し、ベスト4入り。準決勝ではセリーナ選手とシャラポワ選手、ムグルザ選手とラドワンスカ選手の対戦に。

タグ : [  スポーツ | ニュース  ]      Posted by “Lupin” on 2015/07/08 10:56:51