INFOINFO
MAILMAIL

2019年 7月30日(火)

* 火曜のボドゲ@BRESPI・223回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も午前中はやや雲が多くて、陽が照ったり陰ったりしていたんだけども、午後からは雲も少なくなり、強い陽の射す時間が多くなったねぇ。気温は朝からうなぎのぼりで、8時前には優に30度を超えて、日中の最高気温は36.8度に。お昼に外に出たら、蒸し暑くて参りましたわ。


 そんな火曜日も午後からお出かけ。真夏の太陽の勢いに負けて、今日も地下鉄に逃げ込み、河原町三条で昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは13時半頃。お一人、フリーの男性のお客さんがいらしていたんだけど、なんでも「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)にご興味があるとのことで、お店の「テラフォーミングマーズの日」を目当てにいらしたんだとか。とりあえず、ななさんがインストされるということだったので暫く待つことに。

 で、店長と2人で「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 店長とのシングルス戦。先攻後攻を入れ替えての最初の2戦は1勝1敗のタイだったんだけど、その後の2戦を連勝して3勝1敗に。続く1戦を落として3勝2敗となるも、なんとか次戦は勝って、結局6戦で4勝2敗と勝ち越し。やれやれ。


 1時間弱で、ななさんのインストが終わったので、早速4人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 盤面は「ヘラス」で、惑星は「カリスト/CALLISTO」(電力)、「エンケラドウス/ENCELADUS」(微生物)、「エウロパ/EUROPA」(生産力)、「ガニメデ/GANYMEDE」(植物)、「月/LUNA」(クレジット)、「ミランダ/MIRANDA」(動物)の6つ。席順は、店長、男性、私、ななさんの順で、初プレイの男性はTR25スタートのハンデ付き。

 で、コーポレートカードは「採掘ギルド/MINING GUILD」(初期資金30金、建材産出+1、初期資源: 5建材)と「マニュテク/MANUTECH」(初期資金35金、建材算出+1、資源の算出量を増やした際、その資源を獲得する。この企業で最初に増やした建材も含む)の2択で、プレリュードカードは「帯水層タービン(AQUIFER TURBINES)」(海洋1枚配置。電力算出+2、3メガクレジット除去)、「イオ研究基地(IO RESEARCH OUTPOST)」(チタン産出+1。カードを1枚引く)、「富金属小惑星(METAL-RICH ASTEROID)」(気温+1、建材とチタンをそれぞれ4個ずつ獲得)、「モホール計画(MOHOLE)」(発熱産出+3、発熱3個獲得)の4枚。
 プロジェクトカードには「モホール掘削エリア」があったので、プレリュードカードの「モホール計画(MOHOLE)」と「富金属小惑星(METAL-RICH ASTEROID)」で発熱産出を上げることにして、コーポレートカードは「マニュテク/MANUTECH」をチョイス。プロジェクトカードからは「モホール掘削エリア」、「鉱山採掘権」と「小惑星採掘組合」のセット、「先駆者の開拓地(PIONEER SETTLEMENT)」、「部分遮光」の5枚をピックアップ。
 1番手の店長が「ヴァイロン/VIRON」(初期資金48金、この世代でアクションが使用されたアクティブ(青)カード1枚のアクションを、再使用する)、2番手の男性が「アリドール/ARIDOR」(初期資金40金、最初のアクションでコロニーを追加、新しいタグのカードをプレイするたびにクレジット産出+1)、4番手のななさんが「アークライト/ARKLIGHT」(初期資金45金、クレジット産出+2、動物タグか植物タグをプレイ時、このカード上に動物1個配置/この企業カード上の動物2個ごとに1VP)というラインアップでゲームスタート。なお、「アリドール/ARIDOR」の効果で、惑星に「ケレス/CERES」(建材)が追加された。あと、4人戦なので「政府介入」によるグローバルパラメータの増加はなしで。

 で、初手で「モホール掘削エリア」を出し、すぐに発熱8個で温度を上げて、発熱産出+1ボーナスを獲得して、これで発熱産出が+8となって、これ以降、毎ラウンド温度を上げ、さらに「エウロパより水の輸入」で海洋を置いていく流れ。その後、「小惑星採掘組合」「タイタンよりのメタン」と揃えて「外縁入植者」の称号を獲得。あと、「先駆者の開拓地(PIONEER SETTLEMENT)」で「月/LUNA」にコロニーを建設しておこぼれをいただく体制(笑)。
 中盤には「移民都市」を出し、「樹木」で植物産出力を上げて緑地を置いて酸素も供給して、グローバルパラメータの上昇に貢献。男性も発熱からの温度を、ななさんが植物産出からの緑地配置で酸素を供給されたこともあって、結局、R8に全グローバルパラメーターがクリアされて終了。プレイ時間は約3時間。

 終了時のTRは、店長が24点、男性が46点、私が37点、ななさんが40点。ここから「外縁入植者」5点、「耕作王」2点、「オートマ王」2点、「宇宙王」5点、緑地4点、都市9点、VPは「魚類」の3点だけで、カード点18点(「エウロパより水の輸入」5点を含む)を加えてトータルで85点。店長が64点、男性が73点、ななさんが79点だったのでトップ。トップを取ったのはこのとき以来なので約3ヶ月ぶり、4人戦だとこのとき以来なので実に5ヶ月半ぶりのトップだったり。いやぁ、最近は皆さんのお強いからねぇ。
 ちなみに勝因は、一つも自分で確保していない報奨で9点も取れたことだろうなぁ(笑)。

 そういえば、R1が終わったところで、当たり前のように「4人戦なので政府介入はなし」ということになったんだけど、以前は4人戦でも政府介入ありだったんで面食らったわ。まぁ、最近はそれが当たり前なのかもしれんけど、できればそういうのは最初に説明しといてほしかったかな。

 それから、毎週火曜日はお店の「テラフォーミングマーズの日」で、ツイートなどでは「店長に勝てば~」と喧伝されているけども、この特典は3人戦だけなんだとか。終わってからそれを聞いたんで、ちょっとビックリ。
 で、帰ってからお店のツイートを調べてみても『3人戦のみ』という記述は見つからなかったんだけど(画像のコメントにもなし)、店長の個人ツイートで1度だけ「三人戦で店長に勝てば」と言及されてたわ。もっとも、2週間前には3人戦で店長には勝ってるんだけど、トップじゃなかったためかとくになにも言われなかったので、特典の条件は『店長に勝ってトップを取ったら』なのかな。個人的には別に特典をもらおうとは思わんけども、そういうのはちゃんと明記しといたほうがいいんじゃないかねぇ。


 ここで男性がお帰りになり、代わって新たにフリーの男性がおいでに。たしか、いつも火曜日の夕方から「テラフォーミング・マーズ」をやりにいらしている方だったと思うんだけど、タイミング的に少し早いとのことで別ゲームをやられることに。男性のご希望で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)をやられることになり、店長も未プレイとのことだったので、店長に入っていただいて、私がインストしてからプレイ。


 で、私はななさんと2人で「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 先攻後攻を入れ替えてのシングルス戦で、相変わらずシビアな闘いとなるもなんとか終盤に逃げ切って連勝。3戦目はラストにミスが出て負け。4戦目は終盤にお互いにミスが出る展開となるも、なんとかギリギリで落としきって勝ち、結局、4戦して3勝1敗。
 今日はシングルス戦で10戦して7勝3敗だったけど、勝った試合はいずれもギリギリの紙一重で、ミスをしたほうが負けというかなりシビアな闘いで楽しめましたよ(^^)。


 別卓の「ラミィキューブ・エクスプレス」が終わり、「テラフォーミング・マーズ」の準備ができるまでのタイミングでご一緒することになり、ななさんに入っていただいて3人で「ザ・ゲーム」(The Game)を。

「ザ・ゲーム」 「ザ・ゲーム」

 ななさんと男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤は上り下りとも1本だけを使ってわりといい感じで進むも、中盤になって徐々に苦しい展開に。それでも終盤にはいいタイミングで「10戻り」が出てきて息を吹き返し、山札をなくし、そのままうまくカードを出し切って勝利。声がけもなかなかいい感じでできていたし、初プレイでクリアとはお見事~!


 ここで19時半になっていたので撤収。久しぶりに「テラフォーミング・マーズ」でも勝てたし、「カロム」もいい感じで遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/07/31 00:04:07
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿