INFOINFO
MAILMAIL

2019年 7月11日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・208回目    [  ボードゲーム  ]

 明け方から降り出した雨は、ときおり止む時間もあるものの、夕方くらいまでは淡々と降り続く。夕方には一度は上がったものの、夜になってまた降り始めていて、夜半くらいまでは降り続きそう。で、気温も上がらず、今日の日中の最高気温は24.4度と「夏日」にも届かず。まぁ、梅雨の真っ只中だし、こういう天気も仕方ないねぇ。


 で、今日も午後からお出かけ。雨が降っていたので地下鉄で京都市役所前まで行き、新京極でのんびりと昼メシを食った後、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは13時半過ぎ。初見の男性のお客さん(サカモトさん)が一人いらっしゃってるだけで、店内はのんびりムード。

 で、サカモトさん、店長とななさんでゲームをされていたので、私はカウンターでのんびりと「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート43aの問題493からスタート。このシートはずいぶん時間がかかったけども、なんとかようやくクリア。その後、シート43bに入り、問題494が解けたところで終了。


 ここで別卓が空いたので混ぜていただいて、4人で「ラマ」(L.A.M.A.)を。

「ラマ」 「ラマ」

 サカモトさんが初プレイだったので、店長にインストしていただいてからプレイ。序盤から店長が引きが弱く、4ラウンドで-40点を越えてしまって終了(^^;)。わりとあっけなかったので、おかわりの2戦目。2ラウンド目の手札が「1」1枚+「ラマ」5枚で場のカードも「2」だったので初手で降りざるを得ないという状況に(^^;)。それでもその後、上がりを引いたりしてやや挽回。今回も序盤に苦戦された店長が-39点までいかれるも、そこから上がりなどで挽回されて粘られる。結局、最後はサカモトさんが-40点を越えられて終了。


 続いて、サカモトさんのリクエストで「シャドウズ・アムステルダム」(SHADOWS AMSTERDAM)を。

「シャドウズ・アムステルダム」 「シャドウズ・アムステルダム」

 サカモトさんが初プレイだったのでインストしてから、ななさん&サカモトさんチームvs店長&私のチームで対戦。初戦はサカモトさんと店長が連絡員役で、ななさんと私が諜報員役。序盤、店長がマップの向きを間違えてらして、3手ほど無駄にしたものの、なんとかそこから挽回し、一気に3つの情報をゲット。その後、ななさんチームも3つ目の情報をゲットされたものの、我々が一歩先にゴールに辿り着いて先勝。
 2戦目はななさんと私が連絡員役で、サカモトさんと店長が諜報員役。初手にいきなり2枚出ししたら、見事に思惑とは逆の方向に動かれたものの、なんとかそちら方面にシフトして1つ目の情報をゲット。その後はやや遠回りしつつも残り2つの情報をゲットしてリードし、最後はななさんチームが3つ目のミスをされたので連勝!


 ここでタケガワさんがいらしたので入っていただいて、5人で「キューバード」(CuBirds)を。

「キューバード」 「キューバード」

 サカモトさんが初プレイだったのでななさんにインストしていただいてからスタート。手札が今ひとつだった上に、序盤から展開にも恵まれず、なかなか有用なカードを集められず苦戦しつつ、なんとか7種類を目指してカードを集める。2度ほどカードの入れ替えが発生するも、ほぼ状況は変わらず、5種類まで集めたものの、最後は店長が2種類を3枚ずつ集められて終了。う~ん、このゲーム、嫌いじゃないけど苦手だわ~(^^;)。


 次も同じメンバーで「ファブフィブ」(FABFIB)を。

「ファブフィブ」 「ファブフィブ」

 0~9のカードを3枚使い、それを降順に並べて3桁の数字を作っていくゲーム。次の手番のプレイヤーは前の手番のプレイヤーの宣言が正しいかどうかを判断し、間違っていた場合には指摘し、正しいと思った場合にはカードを引き取る。カードを引き取った場合、0~3枚のカードを捨て、同数のカードを山から引き、同様に降順に並べて3桁の数字を作り、数字を宣言する。ただし、このとき、宣言できる数字は前のプレイヤーの宣言よりも大きくしなければいけない。間違いの指摘が正しければ前のプレイヤーが、数字が正しければ間違いを指摘したプレイヤーがダメージを受ける。標準ルールでは勝ち残り1人を決めるんだけど、今回は負けぬけ1人が出るまでプレイ。

 で、私とサカモトさん以外が初プレイということでインストしてからプレイ。とは言っても、私も遊んだのはこのとき以来だったので4年以上ぶりだったんだけどね(笑)。数字を降順に並べて3桁の数字を作るというのがなかなか鬼門のようで、何回かありえない数字が宣言されたり(^^;)。わりと早めに決着がつくパターンとなり、ほぼ1周回った時点でサカモトさんが負け抜けとなる。
 おかわりの2戦目、今度は店長が3枚総入れ替えという荒業で下家のタケガワさんを困惑させ、案の定タケガワさんがその罠にハマってHPを減らす流れとなり、結局、タケガワさんが負け抜けになったんだったかな。

 久しぶりに遊んだけど、やっぱり面白いわ、このゲーム。一応、10人までできるんだけど、たぶん5~6人がベストかな。もしかすると最少人数の3人のほうがブラフを効かせるには面白いのかもしれんねぇ。


 次も同じメンバーで「なつのたからもの」(Zirkus Flohcati)を。

「なつのたからもの」 「なつのたからもの」

 私以外が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤から4枚目くらいで絵柄がかぶる展開が続き、各自なかなか手札が増えない流れ。初プレイの方が多かったこともあり、高得点カードばかりを狙ってたのも影響していたのかな。そんななか、ななさんが比較的点数の少ないカードも集めて、10種コンプ狙いへ。私も8枚まで揃えたものの、最後に「おねだり」されて7種類に。結局、山札が尽きて終了。ななさんが9種類を揃えられたものの、タケガワさんが高得点カードを揃えられたこともあって、得点差でタケガワさんの勝利。


 続いては「スライドクエスト」(Slide Quest)を、サカモトさん、タケガワさんと3人で。

「スライドクエスト」

 簡単にインストしてからプレイ。3人だったので、タケガワさんに2人分を処理してもらって1面からスタート。2面のダイナマイトはギリギリでクリアしたので、ちょっと飛ばしてボーナス面の5面目へ。この面は、敵キャラ2体を穴に落とすという面で、ここはタケガワさんとサカモトさんのお二人に任せることに。序盤は息が合っていたものの、終盤にやや連携にミスが出て、そのままキャラが穴に落ちて終了(^^;)。


 続いては、ななさんに入っていただいて4人で「あざらしアタック」を。

「あざらしアタック」 「あざらしアタック」

 サカモトさんとタケガワさんが初プレイだったので、ななさんにインストしていただいてからプレイ。4番手という不利もあって序盤はやや苦戦するも、中盤にサカモトさんから2連続で「へそくり」を奪う展開。一方、ななさんとサカモトさんにアタックを掛けられて「へそくり」を2個失くすも、獲物も3枚ほど穫って良い展開。結局、終わってみれば17点を稼いでのダントツのトップ(^^)。
 初プレイのときには「もう遊ぶこともないだろうな」とか言ってたけども、その後、なんだかんだで結構遊んでるよなぁ、このゲーム(笑)。


 ここでサカモトさんのリクエストで「スペースベース」(Space Base)が立つことになったので、私は遠慮することに。で、のんびりと「ウボンゴ ソロ」でもやってようかと思ったら、店長も抜けられて2人で「カロム」(CAROM)をやることに。

「カロム」

 で、シングル戦。エンジンの掛かりの遅い店長を尻目に、序盤からいい感じであたりも出てリードする展開。かなりの差を付けて、最後のジャックを落としきれば勝ちという状況になったんだけど、ここでなんとジャックと共にストライカーまでポケットインして、6つのタワーを積む羽目に(^^;)。
 これで形勢逆転となり、店長が打ち切れば勝ちという状況になるも、店長がジャックの狙いで痛恨のミス。結局、そのまま残りパックをすべて沈め、やや難しい角度のジャックも決めきっての勝ち。いやぁ、ラッキーだったなぁ。


 ここでHaMaさんがいらして、店長と3人で、HaMaさんが持っていらした「サンドキャッスル」(Fine Sand)を。

「サンドキャッスル」 「サンドキャッスル」

 自分のデッキのカードを早く使い切ることを目指すゲーム。まずデッキの山札から2枚のカードを引く。その後、コストを払ってカードを場に出すか、さらにデッキからカードを引くかを選択。その後、規定数まで手札を減らしてラウンド終了。カードを場に出すと、その効果が上乗せされるようになり、カードドロー枚数が増えたり、持ち越しできる枚数が増えたり、1回に出せるカードの枚数が増えたりする。なお、山札が尽きた場合、捨て札をシャフルして新たな山札を作る。
 また、1枚だけ特殊カードが含まれていて、このカードを場に出すと、毎ラウンド、カード1枚を下家のプレイヤーに押し付けることができる。これを繰り返し、誰かの山札と捨て札すべてがなくなったら終了。終了時、手札と山札と捨て札に残った枚数が少ないプレイヤーの勝ち。

 HaMaさんにインストしていただいてからプレイ。最初はよくわからず、デッキ圧縮できる「砂の城」カードを出していたんだけども、その後、持ち越せるカードを増やしたり、初期ドローカードを増やすことでカードが回ることがわかったので、そのあたりを強化する方向でプレイ。持ち越しカードを3枚から5枚にし、初期カードドローを4枚にしたあたりからどんどん回るようになり、さらに強化して、最終的にはカードドロー9枚、持ち越し7枚にまで拡大し、その御蔭でなんとかトップでデッキをすべて使い切ることに成功。
 もっとも、カード構築系の拡張をしていなかったため、デッキ圧縮がまったくできておらず、最終的にはHaMaさんが残り7枚でトップ、店長が12枚、私が14枚で最下位。もっとも、このゲーム、初期デッキは全員同じ種類のカードが同じ順に並んだ状態でスタートするんだけど、初プレイの店長と私はカードの種類を知らず。一方、HaMaさんはデッキ内容をご存知だったので、当然、プレイ方法が異なっていて、HaMaさんが勝たれたのは必然ってところかな。
 なお、プレイ人数は1~4人で、想定プレイ時間は約30分。デッキ構築系のカードゲームが好きなら楽しめるんじゃないかな。


 ここでサカモトさんがお帰りに。時間的にも流れ的にも、そろそろ「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)が始まりそうだったので、19時前だったけど撤収の方向。もっとも、ここで店長とななさんが気を利かせてくれたのか、「カロム」を1戦やりましょうということになって3人で変則ダブルスを。終盤までも釣れるも、最後に私にミスが出て負け。
 次はタケガワさんに入っていただいて4人でダブルス戦。じゃんけんで、ななさん&タケガワさんチームvs店長&私のチームの対戦に。こちらも序盤から競った戦いになり、そのまま終盤まで縺れるも、なんとか最後はジャックを落とし切って勝ち。


 ここで19時を回っていたので撤収。まぁ、イロイロなゲームで遊べたので良しってことで。

 ちなみに今日は木曜日で「ラミィキュー部」の部活動の日だったんだけど、残念ながら1戦もプレイできず。部活が金曜日の頃には「ラミィキューブ」目当ての方もいらっしゃってたんだけど、木曜日に変わってからは人がほとんど集まらないのよねぇ。
 もっとも、今月はすでに1/3が終わったのに部活としてプレイされたラウンド数はわずかに4ラウンド(つまり1戦だけ)なので、木曜日に限らずなんだけどね(^^;)。まぁ、人の興味は移ろいやすいものなので致し方なしかな。

Posted by “Lupin” on 2019/07/11 22:26:49
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿