INFOINFO
MAILMAIL

2019年 7月 8日(月)

* 月曜にボドゲ@カフェミープル・489回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は午前中はそこそこいい天気だったんだけど、午後からは雲が広がって陽は陰りがちになり、夜になって小雨が降り出していたり。まぁ、さほど強く葬っていなかったものの、今夜は降ったり止んだりしそうだねぇ。


 で、今日も午後からお出かけ。出かけた時間にはすでに雲が広がっていたんだけども、まだ雨の気配はなかったので、のんびりと歩いて行き、新京極でのんびりと昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは15時過ぎで、タケガワさんとミハラさんがいらしていたものの、その他のお客さんの姿は見えずのんびりムード。

 で、4人で何をやろうかという話になったので、久しぶりに「ベガス」(LAS VEGAS)を。

「ベガス」 「ベガス」

 プレイヤーがそれぞれの色のダイス9個+白ダイス2個を振り、出目のうち1つの数字を選んでタイル上に配置し、1~6の出目でもっとも多くのダイスを置いたプレイヤーが、その数字に賭けられた賞金を獲得できるというゲーム。各ダイス目に割り振られる賞金は最低$50,000で、複数の賞金が賭けられる場合もある。白ダイスは第三者ダイスとなり、他者の妨害も可能。これを4ラウンド繰り返し、獲得した賞金の多いプレイヤーの勝利。

 ミハラさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。1ラウンド目、2ラウンド目はダイスの出目がよく、とくに2ラウンド目は残り3個がすべて同じ出目となって逆転トップで賞金を得るというミラクル。もっとも、3ラウンド目では出目が揃わず、唯一賞金を獲得できない憂き目に。
 4ラウンド目はなんとか1つ賞金を獲得するも、トータルでは$360,000となって、トップのタケガワさんに追いつけず。やはり3ラウンド目に空振ったのが響いたなぁ(T_T)。

 ちなみに、このゲームはかなり好きなんだけどなかなか遊ぶ機会がなくて、前回遊んだのはこのときなので、実に3年以上ぶりだったという(^^;)。


 次も同じメンバーで「ごいた」を。

「ごいた」 「ごいた」

 ミハラさんが久しぶりのプレイということだったので、おさらいで簡単にインストしてから、抽選でイシカワさん&ミハラさんvsタケガワさん&私というチームに分かれてプレイ。
 1ラウンド目はミハラさんが、2ラウンド目はタケガワさんがそれぞれ上がられてのスタートとなるも、ここからイシカワさんチームが連続で上がられて、一気に140点まで加算されて崖っぷち(^^;)。ただ、ここから形勢が逆転し、我々チームが連勝して、なんとか120点vs140点と僅差に詰め寄る。最終ゲームでは、タケガワさんが無双状態となって、うまく上がりきられて40点を獲得して見事に差し切っての逆転勝ち(^^)。


 続いても4人で「イヌイット」(Iglu Pop)を。

「イヌイット」 「イヌイット」

 タケガワさんとミハラさんが初プレイということでインストしてからプレイ。イヌイット(カナダとグリーンランドに住むエスキモー民族の呼び名)の住む「イグルー」という住居を模したコマに入っているガラス玉の数を、その音を聞き分けて推理して当てるというゲーム。「イグルー」を振って音を聞き、周囲にある個数の書かれたカード上に、正しいと思う「イグルー」を置いていく。正解するとカードを獲得でき、カードに描かれたイヌイットの人数が得点となる。ただし、外した場合には投票チップが没収となり、誰かのチップがなくなったら終了。

 ガラス玉の数は2~13個なんだけど、音だけ聞いて判断するのはかなり難しくて、とりあえず得点1の3連数字を狙いに行くんだけども、それでも大きく外してしまうことも多め。それでも、なんとかカードは獲得したものの、4ラウンド目くらいでチップをすべて使い切って終了。ちなみに同じタイミングで、タケガワさんとミハラさんもチップ切れに。
 カードは6枚ほど獲得してそれなりに得点を稼いでいたものの、チップを温存して7枚も残されていたイシカワさんがダントツのトップ(残りチップも1枚1点になる)。ちなみに、このゲームも前回遊んだのが4年半前も前だったりして(^^;)。


 次も同じ4人で「パッチワーク: ドゥードゥル」(Patchwork Doodle)を。

「パッチワーク: ドゥードゥル」 「パッチワーク: ドゥードゥル」

 ミハラさんが初プレイだったのでインストしてたんだけど、その際にルルブを確認してみたらハサミオプション(パーツを切って2つに分割できる)では、切ったパーツのどちらかしか置けないのが正しいルールなんだねぇ(^^;)。ということで、この部分の認識を新たにしてからプレイ。
 初期パーツが結構凸凹だったんだけど、穴空き部分をうまく埋められるパーツが取れたことで、1ラウンド目は5×5のエリアを埋められて25点。さらに2ラウンド目もうまい具合に埋めてゆくことができ、最後に1埋めオプションを使って7×7のエリアを埋めて49点。
 3ラウンド目は2手目に前後オプションを使い、さらに4手目でハサミオプション、5手目で2度めの前後オプションを使って、最後も望みのパーツをゲットできて、見事にすべての盤面を埋めることができて9×9で81点。マイナス点は0点なので、トータルでは155点まで伸びてダントツのトップ(^^)。前回の148点も上回って、過去最高記録だったわ!


 続いても4人で「メン・アット・ワーク」(Men at Work)を。

「メン・アット・ワーク」 「メン・アット・ワーク」

 高層ビルの建設現場で、労働者や鉄骨などを指示に従って配置してゆくゲーム。初期は足場が3箇所と4本の色違いの鉄骨が配置されている。カードには労働者か鉄骨のどちらかを配置する指示が書かれていて、そのオーダーに従っていくんだけど、その際にすでに配置されている労働者や鉄骨を落としてしまうと減点1となり、減点3で脱落。
 カードを捲ったとき『現場監督』が出ると、それ以降、もっとも高い位置に労働者や鉄骨を配置できると「優秀賞」が与えられ、4つの「優秀賞」を早く獲得すると勝利となる。

 労働者への指示は、単純に鉄骨の上に配置するだけのもの以外に、レンガや角材を一緒に配置するものもある。また、鉄骨では載せる色や場所を指定される場合があるんだけど、最凶なのは「屈強な労働者」というカードで、これが出るとすでに配置されている労働者の肩に鉄骨を配置する必要があったり(笑)。
 前評判では『今ひとつ』って話も聞いていたんだけども、実際にプレイしてみるとかなり面白かったわ。実際、おかわりの2戦目まで遊んじゃったしね(笑)。同様の乗せゲーだと「ミープルサーカス」(Meeple Circus)や「ジャンクアート」(Junk Art)などがあるけども、インタラクションがある分、面白さが増してる気がするね。
 なお、プレイ人数は2~5人で、想定プレイ時間は約30分。ヘルメットをかぶった労働者ミープルもなかなかキュートだと思うぞ(笑)。


 イシカワさんが接客で忙しくなったので、3人で「ブロックス トライゴン」(Blokus Trigon)を。

「ブロックス トライゴン」 「ブロックス トライゴン」

 久しぶりとのことだったミハラさんがノーマルモードで、タケガワさんと私がエキスパートモードでプレイ。序盤から比較的遠い位置での盤面争いが激しくなり、そちらでの先陣争いをしつつも比較的ラクな展開。中盤、ミハラさんが手痛いミスを侵されて、盤面の左半分に入れなくなったことで、さらに展開は楽になり、結局、そのまま余裕のある配置で、すべてのパーツを置ききってパーフェクト・ウィン。タケガワさんが3パーツで-8点、ミハラさんは5パーツほど残して-16点だったかな。


 ここでミハラさんがお帰りになったので、タケガワさんと2人で「すずめ雀」(Suzume-Jong)を。

「すずめ雀」 「すずめ雀」

 最近、お店では2人専用の拡張ルールを考案中とのことで、それを採用して遊んでみることに。通常ルールだと5個持ちの6個和了となるんだけども、拡張ルールでは8個持ちの9個和了として、和了縛りを5点から8点に変更。あと、新たな役として「一盃口」「一気通貫」(各2点)、「発」「槓」「嶺上開花」「河底撈月」「河底撈魚」(各1点)を追加し、役満のオールグリーンとオールレッドを倍付けに。また、ツモ和了の場合は得点を半減(切り上げ)、振り聴は現物以外でも和了れないというルール。

 とりあえず、↑のルールで遊んでみたんだけども、持ち牌8枚だと、ぐっと麻雀っぽさが上がって、「サンマ」ならぬ「リャンマ」をやってる感じ。追加役では「一気通貫」はかなり難しいけど、「一盃口」は結構作りやすいかな。あと8点縛りがなかなかいい切れ目になっていて、微妙に8点に届かずに苦労することも(^^;)。それからツモ和了り半減なので、捨て牌にも注意を払わないとイケなかったりと、麻雀っぽさがアップ。
 北場までの8戦で、序盤はリードを許すも、中盤から巻き返して逆転、オーラスでツモ和了られるも、なんとか逃げ切って+11点で勝ち。

 初めて拡張ルールで遊んでみたけども、いやぁ、これはいいわ。これ以外にも流局の際に供託点2点を積むとか、ドラなし手に点数を与えるとかも考慮中とかだそうだけど、現状ルールでも十分に楽しめる感じなので、きちんと明文化したルール表を作って起きたいかもね(^^)。


 ここで19時半を回っていたので撤収。メンバー固定だったけど、いろいろと久しぶりなゲームも遊べたし、どれもかなり楽しめたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/07/09 00:57:28
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿