INFOINFO
MAILMAIL

2019年 6月12日(水)

* 水曜もボドゲ@カフェミープル・484回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝からやや雲も出ていたものの、陽射しもそれなりにあって明るい一日。午前中は爽やかな風も吹いていてかなり過ごしやすかったね。まぁ、午後からは陽射しのおかげで最高気温は27.0度まで上がったんだけど、湿気が思ったほど高くなかったのでまずまずだったし。

 で、今日はお昼に実家へ行って昼メシを食ってから、国保の「特定健康診査」へ。場所は近所の朱雀中学校じゃなく、姉小路東洞院の洛風中学校へ。受付開始の14時に受付を済ませたんだけど、まだ混んでなかったので検尿、身体測定、血圧、問診、採血、心電図、胸部レントゲンまで回って40分で終了。いやぁ、サクサク終わって楽ちんだったわ(^^)。


 その後、ぶらぶら歩いて新京極まで行き、お茶飲んで一服してから、久しぶりに「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは17時過ぎだったんだけど、女性2人組のお客さんが1組いらっしゃるだけでのんびりした感じ。で、久しぶりだったのでイシカワさんに新しく入ったゲームを教えてもらったり、最近のゲーム事情を話したりしてたんだけど、女性2人組のお客さんが混ざってゲームをしてもいいということで、ご一緒させていただくことに。

 お二人ともあまりゲーム慣れされていない感じだったので、まずは簡単な「スティックスタック」(Stick Stack)を、イシカワさんにも入っていただいて4人で。

「スティックスタック」 「スティックスタック」

 細長いスティックを、揺れる盤面上に置いていくバランスゲーム。だいたい10本くらい載せると、バランスが傾き始めるんだけども、今回は廻りが悪くて、バランスが微妙なところで私の番が回ってくるという流れで、2戦して2戦とも私が大量に落下させて負け(^^;)。
 でも、まぁ、コンポーネントも良くできていて、わかりやすくて面白いので、初心者の方にも出しやすいゲームだよね。


 ここでオテモトさんがいらしたので、イシカワさんの代わりに入っていただいて、4人で「くるりんパニック」(Looping Louie)を。

「くるりんパニック」 「くるりんパニック」

 タワーのアームに設えられた飛行機が、ぐるぐると回ってくるので、その飛行機をうまく弾いて自分のコインを守るという子供向けのアクションゲーム。ずいぶん昔に日本でも販売されていたのを覚えているんだけども、オリジナルはドイツだったそうで1994年のドイツ年間ゲーム大賞(“Spiel des Jahres”)の子供特別賞(“Sonderpreis Kinderspiel”、現在の年間キッズゲーム大賞(“Kinderspiel des Jahres”))を受賞した作品なんだとか。
 で、電動で塔がクルクルと周り、塔に繋がれたアームの先の飛行機を、手元のフリップでうまく弾いて、自分のエリアのコインを守るだけ。強く弾くとアームが完全に上がりきったりして、なかなか予測のつかない動きをするのが楽しい。飛行機がコインに当たることで、コインが落ちていくんだけど、フラップを操作した振動で落ちていくのはご愛嬌(笑)。なお、フラップの部分を回転させて縦方向にすることで難易度を上げることも可能。
 結局、4~5回繰り返して遊んだような気がするんだけども、こういう童心にかえって遊べるゲームは延々と遊べちゃうよねぇ(笑)。なお、プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約5分。


 続いてはイシカワさんにも入っていただいて5人で「かたろーぐ」(Catalogue)を。

「かたろーぐ」 「かたろーぐ」

 カタログなど、いろいろなアイテムが表示されているシートから、7つのアイテムを選んでお題に沿った順位をつけて、それを当てるというゲーム。シート上の7つのアイテムにマークの付いたペーパーウェイトを起き、親がカードで1~7位を決めたあと、4位のカードをオープンしてスタート。1位から順に予想して、正解なら1ポイントが得られる。
 で、このゲーム用に高島屋のギフトからログが置いてあったんだけど(笑)、とりあえずゲームに付属のサンプルシートを使ってプレイ。イシカワさんはサンプル用のシートが入っているのを知らなかったとおっしゃってたけど、外部のカタログなしでも遊べるんですよ(笑)。
 途中からセキさんにも入っていただいて6人でプレイしたんだけども、流石に初見の人ばかりなので、まったく志向がわからず苦戦。もっとも、ワチャワチャと遊ぶパーティーゲームなのので、わからないほうが面白いんだけどね(笑)。なお、プレイ人数は2~8人で想定プレイ時間は約10分。


 ここで女性2人組がお帰りになったので、残った4人で「なつめも」を。

「なつめも」 「なつめも」

 子どもたちの夏休みを題材にしたゲームで、4週間の夏休みのスケジュールを埋めてゆく。イベントには「秘密基地ごっこ」「街中探検」「ムシとり」「プール」「花火大会」などの一日単位のイベントや、「家族旅行」「里帰り」「海水浴」などの複数日に渡るイベントがある。イベントには参加する人数によって得点が変わったり、一人だけで参加した場合に『称号』を得ることができるものある。
 また夏休みの宿題もあって、4週間で規定の宿題をこなせないと大きなマイナス点を食らうことになる。さらに、一緒に行動することで親密度を上げることもでき、それで得点を稼ぐことも可能。4週間終了後にもっとも得点の多いプレイヤーの勝ち。

 『秘密基地は絶対に作らなきゃダメだよな』とか『花火大会は〇〇ちゃんと一緒に行きたいよな』とか、ちょっとノスタルジックな感慨に浸りつつプレイ(笑)。基本的に宿題30ページをクリアするのは大前提(達成できないときのマイナス点がでかい)で、あとはちょっと格好いい『称号』も集めたいなとか思いつつプレイしてたんだけど、女子の行動はなかなか読めなくて苦戦(笑)。
 一応、宿題3ページはなんとかクリアしたものの、ダイスの出目が悪くてイベントポイントを稼げず。ハートマーク(親密度)ではセキさんとはトップだったんだけど、それ以外では取れずで、結局、トータル138点で3位だったかな。

 いやでも、これはなかなか面白かったわ。プレイ人数は3~6人で、想定プレイ時間は約45分だけど、かなり気に入ったのでamazonでオーダーしてしまった。届いたらBRESPIに持っていこう(笑)。


 ここで19時を回っていたので撤収。ちなみに、前回ミープルに行ったのが先月8日だったので1ヶ月以上ぶりだったんだよねぇ(^^;)。でも、新しいゲームもいろいろ遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/06/13 01:16:22
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿