INFOINFO
MAILMAIL

2019年 6月 8日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・186回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から空には雲が多め。ただ、天気は回復傾向で、雨の気配はなし。午後には短いながらも陽の射す時間もあったり。で、やや湿度が高かったものの、気温はあまり上がらず(最高気温25.3度)、北寄りの涼しめの風も吹いていて、一日過ごしやすい機構だったねぇ。

 そんな土曜日も午後からお出かけ。湿気が高いし、地下鉄で移動しようと思ってたんだけど、外に出てみたらいい風も吹いていて快適だったので歩いていくことに。いつもどおりに神泉苑にお詣りしてから、御池通りを真っ直ぐに河原町まで。で、河原町三条まで来てみたら、河原町通りに沿って長蛇の列が出来ていて何かと思ったら、新しくオープンしたタピオカドリンクのお店の開店に並んでいる人たち。世間ではタピオカ人気が凄いとは聞いてたけども、こんなに行列ができるほどだとは思わんかったわ(^^;)。


 そんな行列を眺めつつ、ブームとは無縁の場所でのんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。すでに店内はグループのお客さんが何組かいらしていて、さらに予約も入っているとのことで相変わらずの盛況ぶり。フリーのお客さんでは、ソガさんとオホさんがいらしていたので、まずはとりあえず「カロム」(CAROM)でもやろうかと準備。オホさんが初プレイだったのでインストしていたら、初来店の女性のお客さん(ハナさん)がおいでに。
 お友達からボドゲの話を聞かれて興味を持たれ、一度体験してみたいということでご来店されたんだとか。ということで「カロム」はお片付け(笑)。

 ということで、まずは初心者にもわかりやすい「ドメモ」(Domemo)を出してみることに。

「ドメモ」 「ドメモ」

 簡単にインストしてからゲームスタート。ハナさんは初プレイながら勘所の鋭い方のようで、すぐに要領を得てサクサクとプレイ。3順目までは全員正解。とくにオホさんが「2」「2」「1」と少ない数字をズバズバ言い当てられてびっくり。まぁ、もっとも、4順目くらいからがこのゲームの本番(笑)。私が最初に誤答したら、他のメンバーんも連鎖反応でミスをするという展開に。
 その後、全員が残り1枚という競った争いになるも、なんとか私が一抜けし、ついでソガさんが二抜け。残った2人がともに「7」だったこともあってなかなか正答が出なかったものの最後はハナさんが正答されて終了。


 次も同じメンバーで「コンプレット」(Completto)を。

「コンプレット」 「コンプレット」

 こちらも比較的ルールの簡単なゲームで、ますはインストしてからスタート。序盤からあまり差のつかない展開で、そのまま終盤まで僅差でもつれるも、上家のソガさんが誰も取れない数字を連続で捲ってくださって、下家の私がタイルを動かしていただくというオコボレだけで上がり(笑)。おかわりの2戦目は序盤からハナさんがリードされ、そのままの流れでハナさんが上がられて終了。結構楽しんでらしたようで一安心(^^)。


 ここで昨日もいらしていた男性のお客さん(キタジマさん)がおいでになったので入っていただいて、5人で「ヒトトイロ」(Match Me!)を。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 今度は協力ゲームを遊んでいただくことにして、簡単にインストしてからスタート。「家にあるもの」で「給湯器」、「野菜」で「トマト」、「哺乳類」で「クマ」、「つるつるなもの」で「氷」、「よく使う乗物に関するもの」で「タイヤ」というお題。いきなりの「給湯器」には驚きつつも全員「しろ」で正解。「トマト」も「あか」は鉄板だったんだけど、「クマ」は「くろ」だろと思ったら、半数以上の3人が「ちゃいろ」。さらに「氷」はお一人が「透明のイメージだから」と「はいいろ」を出され(その他は「あお」)、最後の「タイヤ」は「クマ」で「くろ」出した人が「はいいろ」「ちゃいろ」を出して正答ならず。
 おかわりのもう1戦。「スナック菓子」で「かりんとう」、「飲み物の名前」で「コーラ」、「星座」で「水瓶座」、「給食や弁当に関するもの」で「サラダ」、「海外の料理」で「イカスミのスパゲティ」とうお題だったんだけど、最初の「かりんとう」で「きいろ」と誤答したのが運の尽き(正答は「ちゃいろ」)、続く「コーラ」で迷って「ちゃいろ」を出すことに(正答は「くろ」)。そして「水瓶座」で全員「水」を思い浮かべるものの「あお」と「みずいろ」に分かれる。そして「コーラ」の時点ですでに「くろ」は使いつくされているために「イカスミのスパゲティ」では私以外から「はいいろ」が出てくるということに(^^;)。結局、正答は「サラダ」の「みどり」だけ。いやぁ、やっぱ、難しいわ~(^^;)。


 次も同じ5人で「ラマ」(L.A.M.A.)を。

「ラマ」 「ラマ」

 ハナさん以外にも初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイしたんだけど、カードの引きが悪く、最初から-15点も食らう展開。さらに2ラウンド目も-18点で一気に-33点と後のない状況に(^^;)。そして、3ラウンド目も手札が-7点となっていて降りることもできず、結局、そのままカードを引き続ける羽目になって、またしても-10点を超えてあという間にバーストして終了。
 さすがにあまりにもあっけなかったので泣きの再戦も、相変わらず手札が悪く負けが嵩み、2ラウンドを終わって-30点(^^;)。ただ、ここから怒涛の展開。3ラウンド目で奇跡的に上がって-10点を返し、4ラウンド目にはそれを帳消しにする-12点も、5ラウンド目でふたたび上がって-22点でトップに。6ラウンド目は早い時点で降りて高みの見物を決め込み、最後はオホさんがバーストされたので、なんとかトップに(^^)。


 次も同じメンバーで「たのめナイン」を。

「たのめナイン」 「たのめナイン」

 こちらは私以外が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤からハナさんの下家のオホさんが勘定を合わせて連続してハナさんにお勘定を払わせるという「ヒモ」プレイ(笑)。その後は支払いが分散し、結局、終わってみれば「私以外」の皆さんがお勘定を払ってくださっている状態に。いやぁ、「ゴチになります!」(笑)。


 ここでヨコカワさんがいらしたので入っていただいて6人で「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 まずはインストしてからスタート。初っ端で全員一致の6点が出たものの、その後はバラバラの展開になって意外と点数が伸びず。2ラウンド目は最初が5点、2つ目が6点と比較的意見が合って、最高で27点と高得点に。3ラウンド目は最初から意見が整わず低スコアになり、最高点でも11点、最低点は2点という酷いラウンドに。4ラウンド目は逆にまた意見の一致が見られ、軒並み20点台が出る高スコアに。
 結局、4ラウンドのトータルでは、ソガさんが85点でトップ、私が73点、ヨコカワさんが71点、ハナさんが67点だったんだけど、オホさんが57点、キタジマさんは49点と結構差が出たねぇ。


 ここでヤマモトさんとオムライスさんがいらして8人に。卓を分ける話も出たものの、せっかくなので多人数で遊べるゲームをやりましょうということになって、8人で「コヨーテ」(Coyote)を。

「コヨーテ」 「コヨーテ」

 ハナさんとキタジマさんが初プレイだったのはともかく、意外なことにヨコカワさんも初プレイとのことでインストしてからプレイ。最初は人数も多いし、どなたかの身代わり人形がなくなったら(2敗)終了にするかと思ってたんだけど、なんとなく負けが集中しそうだったので、急遽、通常通りに身代わり人形がなくなった後で負けたら終了ということに。
 で、4ラウンド回して、なぜか私の上と下の人たちに負けが集中しているという状況に(笑)。その後、下家のオムライスさんが2敗目を喫して身代わり人形を無くされ、さらに次もオムライスさんが負けられてドボン。いやいや、決して私のせいではありませんよ(^^;)。


 つぎも同じメンバーで「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 こちらもインストしてからプレイ。8人プレイは久しぶりだったんだけど、やはり展開はカオス。徐々に下部の列から固定化されて、終盤は1番上の1列での戦いに。さらに終盤の8ラウンド目には↑右の写真のように4列フルの状態になってさらにカオス度がアップ。もっとも、この時点で「88」を持っていた私は負けが確定だったんだけどね(T_T)。
 結局、パーフェクトは出ず、私がたっぷりとマイナス点をいただいて、ダントツのビリということに。ここ最近は6人くらいでのプレイが多かったんだけど、やはり人数が増えるとカオス度は増すねぇ。


 そろそろ卓分けするかと思ったんだけど、どなたかから「犯人は踊る」のリクエストが出たのでそちらで。

「犯人は踊る」 「犯人は踊る」

 初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。ちなみに8人プレイだとすべてのカードを使うことになるので「たくらみ」「いぬ」「少年」も入った状態。1ラウンド目、最初から「探偵」が2枚あったので、2巡目にサクッと当てずっぽうで「犯人」を指定するも空振り(^^;)。その後、3巡目に「たくらみ」が2枚出て、4巡目にその「たくらみ」を引いた方が「探偵」で見事に「犯人」を当ててしまって勝者なしに(笑)。
 おかわりの2戦目、個人的にはめぼしいカードを引けずに、ほぼモブ状態だったんだけど、またしても「たくらみ」「探偵」が「犯人」をヒットしてしまって勝者なし(^^;)。ということで、3戦目に突入。初手に「少年」があったので、1巡目にサクッと使用。このときの「犯人」はヤマモトさん。で、そのヤマモトさんが1順目、2順目に「たくらみ」を重ねるという状況で困惑することに。結局、「探偵」を持っていたものの使いきれず、下家のオムライスさんが「探偵」でヤマモトさんを指名して見事にヒットして終了。

 このゲーム、6人くらいで遊ぶことが多くて、フルの8人で遊んだのは久しぶり。っていうか、周りの人たちも同じ状況だったようなんだけど、思ったよりも面白かったわ。「少年」も8人プレイだったら十分にアリかもなぁ。


 ここでソガさんとハナさんがお帰りに。初めていらしたハナさんが楽しんでくださったのかが気になっていたんだんけど、帰宅したらtwitterのDMで「とっても楽しかったです!」というメッセージが届いていて一安心(^^)。若くてキレイなお嬢さんだったけど、ノリも良く、ゲーム勘もとてもいい方だったので、またご一緒できるといいなぁ(^^)。


 で、6人で何をやるか考えていたら、ヤマモトさんから「天才画家ボン」のリクエストが出たのでそちらで。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 初プレイの方がいらしたのでインストしてから、親は持ち回りでプレイ。初っ端にヤマモトさんが見事な「ホタル」を描かれて、それをヨコカワさんが即答されるという展開。その後、順に親を回すも皆さん、いい感じでお題を描きあげられる。ただ、オムライスさんが「ごきぶり」のお題で苦労されたのが印象的だったかな。結局、全員の正答を導き出せたものの、ヤマモトさんがダントツの回答率でトップ。


 グループのお客さんもお帰りになってテーブルも空いていたので、そろそろ卓を分けるかと一考。メンバーは6人なので店長か、ななさんに入っていただいて7人にして4+3人卓に。で、ヨコカワさんがいらっしゃるので片方は「ラミィキューブ」(Rummikub)でいいだろうと(笑)。その旨を伝えて希望者を募ったら、ヨコカワさん、オホさん、キタジマさんが挙手。じゃあ、私も入って4人で、、、と思ったら、店長が「じゃあ、ラミィキューブに入りますね」ということに。う~ん、昨日に引き続いて「ラミィキューブ」運がないな…

 ヤマモトさんが残り30分くらいとのことだったので、3人で「スティックスタック」(Stick Stack)を。

「スティックスタック」 「スティックスタック」

 バネの着いた棒の上の皿に、細長いスティックを置いていくバランスゲーム。これ、発売前から気になっていて、発売日に買ってお店に持って行ったら、すでにお店にもあったゲームだったり(笑)。
 手番では袋の中からスティックを1本抜き取り、それをお皿の上の載せてゆく。スティックは色分けされていて、お皿や他のスティックに触れる際には同じ色でないといけない。スティックを載せた際にバランスを崩してスティックを落とすと1本に付き-1点となる。また、タワーを倒すと-5点。誰かが-11点になったら終了。

 で、スティック自体はさほど重くないし、結構載るんだろうなと思ってたんだけど、意外とバランスが取りづらくて、7~8本くらいからかなり怪しい状況になり、かなりハラハラ、ドキドキできて面白かったわ。なお、落としたスティックは1本が-1点なんだけど、それを次の手番で載せていくことができる。
 おっさん3人で、わーわー言いながら3戦ほど遊んだけども、かなり楽しめたわ~。ちなみにプレイ人数は2人以上で、想定プレイ時間は約15分。


 ここでヤマモトさんがお帰りになって、残ったオムライスさんと2人で隣の卓の「ラミィキューブ」を見学してたんだけど、オムライスさんが「見てるとやりたくなりますね」とおっしゃったので、2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)をやることに。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 オムライスさんは初プレイだったんだけど、「ラミィキューブ」はよくご存知なのでとくに支障なくスタート。で、1ラウンド目は珍しく序盤からいい感じで目が揃い、3投目に私がパーフェクトを達成。2ラウンド目以降はパーフェクトは出ず、お互いに3投ずつ投げたんだけど、私のほうが出目が良かったようで、4連続で勝ち。5, 6ラウンド目は出目が揃わずに負けたものの、序盤の貯金が効いて、トータルでは+25点で勝ち(^^)。


 ここで隣の卓も空いたので撤収。今日も色んなゲームを楽しく遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/06/09 01:53:15
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿