INFOINFO
MAILMAIL

2019年 5月 1日(水)

* 令和初のボドゲ@BRESPI・163回目    [  ボードゲーム  ]

 昨日の午前中に上がっていた雨は、深夜になってふたたび降り始め、あまり強くはならないものの今日の朝方まで断続的に降り続く。お昼前には小康状態にはなっていたものの、お昼すぎの時点ではまだときおり細かな雨がぱらつく時間もあったり。ただ、午後になって雨域からは抜けたようで、どんよりした曇り空だったものの、雨にはならず。
 ちなみに、連休の前半は今ひとつのお天気が続いていたけれど、明日からは回復して、後半はずっといい天気が続きそうだとか。

 で、今日から元号が代わって『令和』に。個人的にはとくになにかが変わるわけでもないんだけども、めったにない改元だし、気分だけでも新たにして過ごしたいもんだねぇ。


 とか言いつつ、今日もいつもと変わらず、お昼すぎにお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半頃だったんだけど、すでにテーブル席はすべて埋まっていて、カウンター席が2席空いているだけ。テーブル席の一つはフリーのお客さんの席だったんだけど、モリモさんとイナさんの姿も。なんでも、今日は「Cafe MEEPLE」も満席だったそうで、こちらに流れてこられたんだとか(^^;)。

 フリー卓では4人でゲームをされていたので、まずは「BRESPI ラミィキュー部」の4月の活動報告を掲示してから、月間表彰トロフィーに4月の表彰者のリボンを追加。

「BRESPI ラミィキュー部」 「BRESPI ラミィキュー部」

 トロフィーのリボンも本数が増えてきて、それなりに立派に見えるようになってきたな(笑)。


 リボンを飾り付け終わったタイミングでフリー卓が空いたので混ぜていただくことに。5人でワチャワチャと盛り上がりそうなゲームをということで、「ランスロット」(Lanzeloth)を出してみることに。

「ランスロット」 「ランスロット」

 モリモさんやイナさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤は比較的早めに手仕舞う展開となって、得点が伸びなかったもののテンポよく進む。序盤はオカモトさんと私がポイントを重ね、逆にイナさんはなかなかぽいんとが奪えない展開。終盤にようやくイナさんがポイントを獲得されたものの、最後はオカモトさんが規定の7点を超えられて終了。割とサクサクと遊べて面白かったわ(^^)。


 ここでオカモトさんがお帰りになり、4人になったので「ギズモ」(Gizmos)を。

「ギズモ」 「ギズモ」

 イナさんと男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤からピック系のギミックが取れずに苦しい展開。プレイ経験のあるモリモさんが序盤はリードされていたんだけど、中盤以降は初プレイのイナさんがうまくコンボを組まれて逆転。最後は男性が3枚目のレベル3を建てられて終了したんだけど、最終得点ではイナさんがダントツのトップ。うーん、さすがだ。


 ここで男性がお帰りになったので、モリモさん、イナさんと3人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 盤面は「エリシウム」で、惑星は「エンケラドス/ENCELADUS」(微生物)、「エウロパ/EUROPA」(生産力)、「月/LUNA」(クレジット)、「プルート/PLUTO」(カード)、「タイタン/TITAN」(浮遊体)の5つ。席順はモリモさん、イナさん、私の順。

 引いたコーポレートカードは「採掘ギルド/MINING GUILD」(初期資金30金、建材産出+1、初期資源: 5建材)、「サターン・システムズ/SATURN SYSTEMS」(初期資金42金、チタン産出力+1、木星タグカードでクレジット産出量+1)、「ROBINSON INDUSTRIES」(初期資金47金、毎ラウンド一番少ない生産力を+1)、「STORMCRAFT」(初期資金48金、好きなカードに浮遊体1個配置/この企業カード上の浮遊体1個を発熱2個として扱える)の4枚で、プロジェクトカードは「AQUIFER TURBINES」(海洋1枚配置。電力算出+2、3メガクレジット除去)、「MOHOLE EXCAVATION」(建材産出+1、発熱産出+2、発熱2個獲得)、「POWER GENERATION」(電力産出+3)、「ACQUIRED SPACE AGENCY」(チタン6個獲得。宇宙タグのあるカードを2枚引き手札に加える)の4枚。
 プロジェクトカードにも宇宙タグカードが数枚あったので、そちら方面に伸びることを期待して、「サターン・システムズ/SATURN SYSTEMS」と「POWER GENERATION」+「ACQUIRED SPACE AGENCY」の組み合わせで。プロジェクトカードからは「テクノロジーのデモンストレーション」「フォボス宇宙港」「人工衛星」「WARP DRIVE」の4枚をピックアップ。
 1番手のモリモさんが「POINT LUNA」(初期資金38金、地球タグカードプレイ時、カード1枚ドロー)、2番手のイナさんが「テラクター/TERACTOR」(初期資金60金、地球タグカードコスト-3)というラインナップでゲームスタート。

 で、プレリュードカードの「ACQUIRED SPACE AGENCY」の効果で引いた2枚の宇宙タグカードが「EARTH ELEVATOR」と「窒素の輸入」だったので、R1でサクッと「EARTH ELEVATOR」を出してチタン産出力を上げる。さらにR2で「プルート/PLUTO」との交易で「イオ採掘産業」を引き、その後も「MINING COLONY」、「フォボス宇宙港」、「軌道エレベーター」、「チタン鉱山」とどんどんチタン産出力を上げ、「人工衛星」や「税関ステーション」などでクレジット産出力を増加。
 また、「地球カタパルト」「前哨研究基地」「SKY DOCKS」でカードコストを-4減らすとともに、科学タグを4つ並べた後、「量子抽出器」「WARP DRIVE」「質量変換機」と並べて、宇宙タグカードのコストは-12にまで下げる。これで、+11まで増えていたチタン産出力を合わせて、得点付きの宇宙タグカードをバンバン出す流れとなり「浪費王」の報奨を確保。
 序盤は盤面に手が回らず、称号も一つも取れなかったんだけど、中盤すぎくらいから収入が増え始め、盤面に手を出して「絶景王」の報奨も確保。また、中盤までは伸びなかったTRも終盤には伸ばす方向でプレイし、結局、R12に全グローバルパラメーターがクリアされて終了。プレイ時間は約3時間弱。

 終了時のTRはモリモさんが38点、イナさんが45点、私が38点。ここから「浪費王」5点、「絶景王」5点、緑地6点、都市17点、VPは「愛玩動物」9点、「JOVIAN LANTERNS」8点の17点。これにカード点57点(「移民都市」4点、「イオ採掘産業」5点、「エウロパより水の輸入」5点を含む)を加えて、トータルで145点。モリモさんが102点、イナさんが140点だったので、5点差でトップ(^^)。ちなみに、145点は3人戦以上での個人最多得点(^^)。
 いやぁ、イナさんが動物系のカードでVPだけで50点以上を稼がれていて、かなり引き離されていたので追いつけないかと思ったんだけど、高コストの宇宙タグカードをコスト削減とチタンでガシガシと出せていたのが強かったわ。カードの供給元は毎ラウンドの購入と「プルート/PLUTO」の交易だけだったんだけど、こういう展開もあるんだなぁ、と(^^)。


 ここで21時近くになっていたので撤収。久しぶりにイナさんと「テラフォーミング・マーズ」ができて満足でございました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/02 00:26:08
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿