INFOINFO
MAILMAIL

2019年 3月13日(水)

* 水曜もボドゲ@カフェミープル・475回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から雲の多い空模様で、お昼前くらいにはほんの弱い雨がパラついたりもしていたんだけども、本格的な雨にはならず。ただ、西寄りの冷たい風が少し強めに吹いていたこともあって、気温は上がらず最高気温は11.7度止まり。陽が沈んでからはぐっと気温が下がっていて、久しぶりに防寒具がないと寒さが身にしみる夜になってるねぇ(^^;)。


 で、今日はお昼に実家へ行ったので、そのついでにいつもの天神さんへお詣り。境内の梅の花はそろそろ散り始めていて、代わりにサンシュユ(山茱萸)やミツマタ(三叉)、ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)などの木々が花を咲かせ始めていたし、道端の畦などにはオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)やゲンゲ(紫雲英)の花も見られて、春を感じてみたり(^^)。

 その後、実家で昼メシを食ってから、阪急で河原町まで行き、「イエローサブマリン京都店」を覗いたり、お茶を飲んだりしてから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時前くらいだったんだけど常連さんの姿はなし。とりあえず、新しく増えていたゲームをイシカワさんに紹介してもらったり。


 その後1卓が空いて、そこにいらしたカップルさんとご一緒することに。ちょうど「シンク ストレート!」(THINK STR8!)をチェックしていたところだったんだけど、カップルの男性さんが興味を示されたので、一緒にプレイすることに。

「シンク ストレート!」 「シンク ストレート!」

 「ドメモ」(Domemo)と「たぎる論理」(Boiling Logic)を足した感じのゲームで、自分にだけ見えない6つの数字を推理していくゲーム。
 0~7の数字カードは6スートあって、それぞれが6つのスートのカードを持っており、それが自分以外には見えている。で、毎ラウンドダイス3個を振って、その出目の色のカードの合計を推理し、ボード上にその合計数字がどの範囲にあるかを推理する。推理した数字が指定した範囲に入っていれば得点が得られ、ハズレた場合にはその範囲の上か下かを教えてもらえる。ただし、ハズレた場合には、手持ちのカードのうちの1枚を捨てて、同色の新しいカードと入れ替える必要がある。これを規定ラウンド数(2/3/4人の場合、10/9/8ラウンド)繰り返し、最終的に6枚のカードの数字を推理して得点を得る。

 イシカワさんにインストしていただいてからプレイ。個人的は大好きで、そして得意な分野のゲームのはずなんだけど、なぜか判定の方法を勘違いしまくっていて序盤から推理を外しまくり。ちなみに、ダイスはもっとも得点の低いプレイヤーが振るんだけども、序盤からずっとダイスを振る係で、9ラウンド中、ダイスを振らなかったのはわずかに1ラウンドだけという体たらく(^^;)。
 当然、カードも何枚も入れ替える羽目になり、他のプレイヤーにどんどんヒントを与えていくことに。そして、自分の手の内はますますわからなくなるという…。結局、9ラウンド終了後にも2つを完全に外してしまい、最終得点ではわずかに13点。女性が36点、男性が38点だったので、ダントツのビリに(T_T)。情けなや~。

 プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約60分。かなりよくできたゲームなんだけど、コンポーネントがしょぼいが残念なところ。でも、めっちゃ欲しい!


 次も同じ3人で。男性はボドゲ慣れされた方だったんだけど、女性は初心者ということだったので、いくつか易しめのゲームを出してみて、その中から「ブロックス トライゴン」(Blokus Trigon)を。

「ブロックス トライゴン」 「ブロックス トライゴン」

 簡単にインストしてから、カップルさんはノーマルモードで、私はエキスパートモードでプレイ。で、序盤、男性と私がスペースを無駄にしないように配置していたんだけど、女性は初プレイとは思えないほどアグレッシブに攻めてこられる展開。中盤からは三者入り乱れる展開となり、スペースが~、とか考えてる余裕なし(笑)。そのまま終盤に突入し、結局、女性が残りタイル1個で-4点、私が残り2個で-8点、男性が残り3個で-12点となって、初プレイの女性の勝ち。いやぁ、お見事~。


  ここでカップルさんがお帰りになって一人になったので、ふたたび新しく入ったゲームをイシカワさんに紹介してもらうことに。いくつか紹介してもらった中ではバッティングゲームの「ミラリス」(MIRARIS)が面白そうだったかな。


 しばらくして、別卓で遊んでらした女性がお一人になられたのでご一緒することになり、2人で「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」(The Game: Face to Face)を。

「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」 「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」

 女性が初プレイだったので、インストしてからプレイ。序盤は比較的カードの引きが良く、そこそこ悪くない展開。一方、女性はかなり大胆なプレイをされていて、あという間に上昇列(1→60)が50台に突入するという展開に。いやぁ、ここまでアグレッシブに攻められる方は初めてかも。
 で、中盤にこちらの手札の引きが死に始め、苦しい展開に。一方、女性の方はかなり危ない橋を渡りつつも破綻せずにギリギリでうまく回されている流れ。そのまま終盤に突入し、女性が先に山札を引き切られて万事休す。こちらはまだ山札が5枚ほど残っているにもかかわらず、女性の手札が残り2枚となったので負けを覚悟したんだけど、なんとここで女性がバースト! いやぁ、まさかこんな展開になるとはビックリでしたわ。


 ここでスズキさんがおいでになったんだけど、すでに19時を回っていたので撤収することに。いろいろと新しいゲームの情報なども仕入れられたけど、やっぱり水曜日はなかなかガッツリとは遊べないねぇ(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2019/03/14 01:14:37
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。